「ベントレー・コンチネンタルGT」にドロップヘッドクーペ登場

2005.09.28 自動車ニュース

「ベントレー・コンチネンタルGT」にドロップヘッドクーペ登場

2005年9月26日、ベントレーはコンチネンタルGTのドロップヘッドクーペ「コンチネンタルGTC」の写真を公開した。2006年末に発売される予定。




2+2クーペのコンチネンタルGT、4ドアモデル「コンチネンタルフライングスパー」に続く、第3のモデルが「GTC」。クーペをベースにつくられた、オープン版のドロップヘッドクーペである。ベントレーは2006年春に「アズール」をリリースする予定で、ベントレーのオープンモデルが充実することになる。

エンジンは6リッターW12気筒ツインターボ、トランスミッションは6ATと搭載し、仕様はGTと変わらない。全長が3mm長いほかは、ディメンションも同じ。価格などは不明である。

(webCGオオサワ)

関連キーワード:
コンチネンタルGTベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(ベントレー/ブガッティ) 2017.9.15 画像・写真 2017年のフランクフルトショーに、ベントレーは新型「コンチネンタルGT」を出展した。ブラッシュアップされたW12エンジンは、最高出力が635ps、最大トルクは900Nmに達している。1500psを誇るブガッティの「シロン」とともに写真で紹介する。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.7 試乗記 ハイパワーなW12エンジンを搭載する、「ベントレー・コンチネンタルGT」の高性能バージョン「コンチネンタルGTスピード」に試乗。その走りっぷりや、クルマとしての使い勝手を報告する。
  • 【フランクフルトショー2017】ベントレーが新型「コンチネンタルGT」を発表 2017.8.30 自動車ニュース 通算で3代目となる新型「ベントレー・コンチネンタルGT」が、ラグジュアリーさと美しさを追求された新たな内外装と、先進装備を携えて登場した。デザイン、開発、そして手作業による製造にいたるまで、すべてイギリス国内で行われる。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記