「ベントレー・コンチネンタルGT」にドロップヘッドクーペ登場

2005.09.28 自動車ニュース

「ベントレー・コンチネンタルGT」にドロップヘッドクーペ登場

2005年9月26日、ベントレーはコンチネンタルGTのドロップヘッドクーペ「コンチネンタルGTC」の写真を公開した。2006年末に発売される予定。




2+2クーペのコンチネンタルGT、4ドアモデル「コンチネンタルフライングスパー」に続く、第3のモデルが「GTC」。クーペをベースにつくられた、オープン版のドロップヘッドクーペである。ベントレーは2006年春に「アズール」をリリースする予定で、ベントレーのオープンモデルが充実することになる。

エンジンは6リッターW12気筒ツインターボ、トランスミッションは6ATと搭載し、仕様はGTと変わらない。全長が3mm長いほかは、ディメンションも同じ。価格などは不明である。

(webCGオオサワ)

関連キーワード:
コンチネンタルGTベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGT 2018.3.5 画像・写真 英国の高性能グランドツアラー「ベントレー・コンチネンタルGT」がフルモデルチェンジ。従来モデルよりさらなるパフォーマンス向上を果たすとともに、「ベントレーダイナミックライド」によって快適な乗り心地も実現している。3代目となる新型を写真で紹介する。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.7 試乗記 ハイパワーなW12エンジンを搭載する、「ベントレー・コンチネンタルGT」の高性能バージョン「コンチネンタルGTスピード」に試乗。その走りっぷりや、クルマとしての使い勝手を報告する。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】 2018.4.30 試乗記 押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。
ホームへ戻る