【スペック】全長×全幅×全高=4370×1775×1405mm/ホイールベース=2520mm/車重=1520kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(133ps/5500rpm、19.5kgm/3750rpm)/価格=388万5000円(テスト車=同じ)(A)

ルノー・メガーヌグラスルーフカブリオレ(FF/4AT)【試乗記】

水族館に行きたくなる 2005.09.27 試乗記 ルノー・メガーヌグラスルーフカブリオレ(FF/4AT)……388万5000円ルノー主力モデル「メガーヌ」のオープン版である「グラスルーフカブリオレ」。クローズドでも開放感があると謳う、そのクルマの楽しみ方とは?


ルノー・メガーヌグラスルーフカブリオレ(FF/4AT)【試乗記】の画像
リアシートはハッチバックモデルと違い2人がけ。乗車定員は4名となる。

リアシートはハッチバックモデルと違い2人がけ。乗車定員は4名となる。
(A)

(A)

ラインナップを強化

雨の中を「ルノー・メガーヌグラスルーフカブリオレ」でドライブし、信号待ちで頭上を見上げると、正面から雨が向かってきた。もちろん車内にいるので濡れはしない。
行けないところに行きたい願望というのは、少なからず皆が持っているものではないだろうか。宇宙に憧れる者、深海にもぐりたがる者……。雨の中をクルマで走るのはそれに似ていると思う。騒がしく、不快な外界と壁を一枚隔てて、気持ちいい空間にいる快感が私にはたまらない。

ルノーは、1998年から7年連続で欧州販売台数ナンバーワンを取るブランドだが、日本ではイマイチふるわず。しかしここにきて、2004年1月から導入したハッチバック「メガーヌ」と、ライバルが少ない個性派「カングー」を軸に、2004年は前年比で43%の台数増となった。
この軸をさらに太くするため、欧州でカーオブザイヤーを受賞したメガーヌを日本市場での販売の柱と決め、ラインナップを強化。ハッチバックに続けて、ツーリングワゴン、ターボエンジン搭載のルノースポール、そしてツーリングワゴングラスルーフが次々と上陸し、さらに、このグラスルーフカブリオレが導入された。

メガーヌグラスルーフカブリオレをおおまかに説明すると、2リッターエンジン+4段のオートマチックトランスミッション搭載モデルをベースに、クーペボディとし、電動格納式のグラスルーフを被せたもの。エアプレーンタイプと呼ばれるサイドブレーキレバーの形やインパネはシリーズ共通。レザーインテリアが標準となり、シートに加えてドアトリムとステアリングホイール上下部分に革が用いられる。

写真をクリックすると、ルーフ開閉シーンが見られます。

写真をクリックすると、ルーフ開閉シーンが見られます。


ルノー・メガーヌグラスルーフカブリオレ(FF/4AT)【試乗記】の画像

気になるAT

アピールポイントのグラスルーフは、その名の通り屋根全体をガラスにしたもの。紫外線、赤外線の侵入も抑えられる。屋根全体から差し込む太陽の光が心地よい。
リアスタイルがでっぷりしたお尻になりがちなCC(クーペカブリオレ)モデルだが、このメガーヌはハイデッキではあるもののすっきりとした印象。テールランプもハッチバックなどとは共通項がなく、なかなかシャレたリアビューだ。

前後に長いパネルの、前方に位置する少々使いづらいドアハンドルを持ち、ドアを閉めて走り出す。
4段のオートマチックトランスミッションは、変速のマナーが少々気になる。キックダウンがあまり上手ではないらしく、山道を登っているときに意識的にギアチェンジを重ねる必要があった。さらに変速時のシフトショックも少なくない。ゼロからの全開加速時には、1速から2速でかなりの衝撃を伴った。

エンジンブレーキの効きも気になる。普通に減速していくと自動的にギアが落ちるのはあたりまえだが、その際にエンブレが急激に効き、踏力一定でもガクッとなってしまう。さらにブレーキフィールも、ある程度の速度だと気にならないのだが、タウンスピードでは踏み始めに案外効かず、ちょっと踏み込むと一気に効く感じもする。







乗り心地と居心地の良さを楽しむ

動力性能に不満は残るものの、足まわりのフィールは好ましかった。大きなストロークを持つサスペンションによって、しなやかにコーナーを抜けるのは心地よい。
足まわりがいいだけに、もう少しパワーがあると運転も楽しめるのだが。グラスルーフと、カブリオレでの安全対策によって得た1520kgを引っ張るには、133psのパワーは不足気味。ここ一番の加速には弱い。

クーペのスタイリングとグラスルーフが気に入って、ずーっと閉めたまま走っていたが、オープンカーとしての素性も正統派。シートヒーターはもちろん、横転時に飛び出るロールオーバーバーをも備え、カブリオレ状態でもユーロNCAP衝突安全試験で5つ星を獲得するほどの安全性能を持つ。ボディ剛性確保のために、ホイールベースを短縮する工夫もされた。
リアシートに乗員がいない場合、ウィンドディフレクターも装着可能。これは簡単に折り畳むことができ、普段はトランクに収納される。装着も簡単で、なおかつ効果は絶大。高速道路の巡航でも、頭上をほんの少し風がかすめる程度の巻き込みだ。

ということで、ビュンビュン飛ばしてコーナーを駆け抜ける性質のクルマではなさそうである。
快適な乗り心地で雨のドライブを楽しんでいると、ふと水族館に行きたくなった。そう、最近できた水族館には、海底を歩いているかのようなトンネル型式をとるものがある。それを思い出した。
冬の澄んだ空の下では、満天の星空を眺められる居心地のいいプラネタリウムにもなりそうだ。走る以外の楽しみをいろいろもたらしてくれる。メガーヌグラスルーフカブリオレは、そんな夢がある人のクルマらしい。

(文=webCG本諏訪裕幸/写真=峰昌宏、荒川正幸(A)/2005年9月)

関連記事
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2016.3.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。
ホームへ戻る