「クルマの“裏側”見てきました」VWパサートワゴン国際試乗会日記(前編)

2005.09.26 自動車ニュース

「クルマの“裏側”見てきました」VWパサートワゴン国際試乗会日記(前編)

『webCG』読者の質問にズバリと答える「クルマ生活Q&A」でお馴染み、テクノロジーライターの松本英雄“先生”が、「フォルクスワーゲン・パサートワゴン」国際試乗会に参加するため、ドイツへと飛んだ。そこで見たもの、感じたこととは……。


「カーナビがあったから知らない国でもドライブを楽しめました。ただし、当たり前ですがドイツ語でした」

■空港でいきなり

webCG(以下w):松本先生、ドイツに行かれたようですね?
松本(以下松):行ってきましたよー。天候もいいし景色はキレイだし、非常によかったです。ご飯はマズかったですけど。

w:旅の目的は?
松:フォルクスワーゲンの新しい「パサートワゴン」(現地名「パサートバリアント」)の国際試乗会に参加させていただきました。
成田からフランクフルト空港まで飛んで、着いたその場でカギを渡されていきなり試乗がスタート。まったく知らない道をカーナビにまかせて、一般道とアウトバーンを通って、ハイデルベルグまでドライブしました。




w:乗った感想は?
松:2005年春のセダンに続き、本国ではこの夏よりリリースされる新型は、先代の「アウディA4」ベースから、「VWゴルフ」をもとにつくられたと聞きます。したがってエンジンも縦から横置きへと変わっています。
特にアウトバーンの高速走行に適していて、150〜200km/hでも不安を感じさせないのはさすがです。それに静粛性。とかくワゴンは、セダンと比べ剛性が落ちるものですが、パサートワゴンはその点しっかりしたつくりで、剛性不足からくる音も抑えられていました。


フラットなフロアで整流効果を高めつつ、ディンプル(くぼみ)で音消し。アウトバーンでの高速走行に適した工夫が凝らされている。

■エッ、工場で撮影OK!?

w:で、何ですか、この写真?
松:これはパサートワゴンのボディ下のフロアです。フラットにして整流効果をあげるとともに、流れる風で発生する音を消すため、ディンプル加工(くぼみ)を施しているんですね。見えないところでこういう工夫、さすがはVWとまた唸ってしまいました。


カッセルの工場。評判の高い「DSG」(ダイレクト・シフト・ギアボックス)はここでつくられている。

w:……といいますか、ボディ下を見逃さないその視点もサスガですよ。ところで、ハイデルベルグからカッセルのVW工場に行かれたようですね。
松:VWとしては、ウォルフスブルグに次ぐ2番目に大きい工場です。ここでは主に「DSG」と新型パサートのボディの一部をつくっているそうです。そこで、DSGの生産ラインを覗かせてもらいました。


工場内の従業員のアシは実用自転車。VWの質実剛健の源はここにあるのか?

w:エッ、工場の写真撮ってよかったんですか!? 普通はイヤがられそうですけど。
松:もちろんOKはもらいました。トランスミッションの工場としてはキレイで、油臭さとは縁遠い場所でした。
ここでは年間20万基のDSGを生産できるそうです。ギアの設定を変えやすいよう、モジュール化されていました。よくできていますよ。
あ、それからこの自転車。工場で働く従業員のアシとして、きわめて飾り気のない実用車が使われてるんです。工場が近代的なので、そのギャップが面白かった。


キレイな工場内に整然と並ぶ「SKF」の箱。

w:ところで、DSGのラインの横にあるこの箱、何ですか?
松:いい質問です。この箱を見てオオッとくるのは、かなりの自動車通かもしれません。この「SKF」という会社、実はボールベアリングの先駆者的なメーカーで、非常に精度が高いことで知られています。ゆえに他のベアリングメーカーもネーミングにあやかって3文字社名を採用しているところがあるくらいです。

w:「SKFはスウェーデンに本社を置き、ベアリングやベアリングユニットを中心に、シール、潤滑システム、メカトロニクス、サービスを5つのプラットフォームとし……(SKFジャパンのサイトから)」。すみません、自動車メディアにいながら知りませんでした。(つづく)

(語り&写真=松本英雄/まとめ=webCG)


記事中にもあったDSGについての詳しい記事が、9月26日発売の『NAVI』2005年11月号「エンスーのための先端メカニズム講座」として掲載されています。貴重な図解をまじえた、マニア必読の企画。お近くの書店か、自動車書籍の販売サイト『二玄社書店』(http://www.nigensha.co.jp/auto/)でお買い求めください。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.22 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」に、2リッターターボエンジンを搭載した「2.0TSI Rライン」が登場。「ゴルフGTI」ゆずりのエンジンとパワートレイン、そしてRラインならではのシャシー制御システムが織り成す走りを試す。
  • フォルクスワーゲン・パサートTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2015.8.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」が8代目にモデルチェンジ。セダンの「TSI Rライン」を借り出し、新プラットフォームと1.4リッター直噴ターボエンジンがかなえる走りや、内外装の質感、運転支援システムの出来栄えなど、その実力を多角的にチェックした。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
ホームへ戻る