「クルマの“裏側”見てきました」VWパサートワゴン国際試乗会日記(前編)

2005.09.26 自動車ニュース
 

「クルマの“裏側”見てきました」VWパサートワゴン国際試乗会日記(前編)

『webCG』読者の質問にズバリと答える「クルマ生活Q&A」でお馴染み、テクノロジーライターの松本英雄“先生”が、「フォルクスワーゲン・パサートワゴン」国際試乗会に参加するため、ドイツへと飛んだ。そこで見たもの、感じたこととは……。


「カーナビがあったから知らない国でもドライブを楽しめました。ただし、当たり前ですがドイツ語でした」
 

■空港でいきなり

webCG(以下w):松本先生、ドイツに行かれたようですね?
松本(以下松):行ってきましたよー。天候もいいし景色はキレイだし、非常によかったです。ご飯はマズかったですけど。

w:旅の目的は?
松:フォルクスワーゲンの新しい「パサートワゴン」(現地名「パサートバリアント」)の国際試乗会に参加させていただきました。
成田からフランクフルト空港まで飛んで、着いたその場でカギを渡されていきなり試乗がスタート。まったく知らない道をカーナビにまかせて、一般道とアウトバーンを通って、ハイデルベルグまでドライブしました。



 

w:乗った感想は?
松:2005年春のセダンに続き、本国ではこの夏よりリリースされる新型は、先代の「アウディA4」ベースから、「VWゴルフ」をもとにつくられたと聞きます。したがってエンジンも縦から横置きへと変わっています。
特にアウトバーンの高速走行に適していて、150〜200km/hでも不安を感じさせないのはさすがです。それに静粛性。とかくワゴンは、セダンと比べ剛性が落ちるものですが、パサートワゴンはその点しっかりしたつくりで、剛性不足からくる音も抑えられていました。


フラットなフロアで整流効果を高めつつ、ディンプル(くぼみ)で音消し。アウトバーンでの高速走行に適した工夫が凝らされている。
 

■エッ、工場で撮影OK!?

w:で、何ですか、この写真?
松:これはパサートワゴンのボディ下のフロアです。フラットにして整流効果をあげるとともに、流れる風で発生する音を消すため、ディンプル加工(くぼみ)を施しているんですね。見えないところでこういう工夫、さすがはVWとまた唸ってしまいました。


カッセルの工場。評判の高い「DSG」(ダイレクト・シフト・ギアボックス)はここでつくられている。
 

w:……といいますか、ボディ下を見逃さないその視点もサスガですよ。ところで、ハイデルベルグからカッセルのVW工場に行かれたようですね。
松:VWとしては、ウォルフスブルグに次ぐ2番目に大きい工場です。ここでは主に「DSG」と新型パサートのボディの一部をつくっているそうです。そこで、DSGの生産ラインを覗かせてもらいました。


工場内の従業員のアシは実用自転車。VWの質実剛健の源はここにあるのか?
 

w:エッ、工場の写真撮ってよかったんですか!? 普通はイヤがられそうですけど。
松:もちろんOKはもらいました。トランスミッションの工場としてはキレイで、油臭さとは縁遠い場所でした。
ここでは年間20万基のDSGを生産できるそうです。ギアの設定を変えやすいよう、モジュール化されていました。よくできていますよ。
あ、それからこの自転車。工場で働く従業員のアシとして、きわめて飾り気のない実用車が使われてるんです。工場が近代的なので、そのギャップが面白かった。


キレイな工場内に整然と並ぶ「SKF」の箱。
 

w:ところで、DSGのラインの横にあるこの箱、何ですか?
松:いい質問です。この箱を見てオオッとくるのは、かなりの自動車通かもしれません。この「SKF」という会社、実はボールベアリングの先駆者的なメーカーで、非常に精度が高いことで知られています。ゆえに他のベアリングメーカーもネーミングにあやかって3文字社名を採用しているところがあるくらいです。

w:「SKFはスウェーデンに本社を置き、ベアリングやベアリングユニットを中心に、シール、潤滑システム、メカトロニクス、サービスを5つのプラットフォームとし……(SKFジャパンのサイトから)」。すみません、自動車メディアにいながら知りませんでした。(つづく)

(語り&写真=松本英雄/まとめ=webCG)


記事中にもあったDSGについての詳しい記事が、9月26日発売の『NAVI』2005年11月号「エンスーのための先端メカニズム講座」として掲載されています。貴重な図解をまじえた、マニア必読の企画。お近くの書店か、自動車書籍の販売サイト『二玄社書店』(http://www.nigensha.co.jp/auto/)でお買い求めください。
 

関連キーワード:
パサートフォルクスワーゲンイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回 新グレード「TSIエレガンスライン」を試す 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 装備が見直されるとともに、ラインナップが改められたフォルクスワーゲンのセダン「パサート」に試乗。新グレード「TSIエレガンスライン」をメインに、その仕上がりを詳しく報告する。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.4 試乗記 フォルクスワーゲン(VW)が「パサート」のディーゼルモデルをリリースした。パサートといえば“質実剛健”を地でいく上質な実用車。そこに同じく実用エンジンのディーゼルを組み合わせると、仕上がりはどんな感じ? ワゴンのヴァリアントでテストした。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.3.5 試乗記 クリーンディーゼルエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・パサート」が、いよいよ日本上陸。その乗り味にはどんな特徴があるのか、ワゴンの上級モデル「パサートヴァリアントTDIハイライン」に試乗して確かめた。
  • マツダが「アテンザ」を大幅改良 2018.5.24 自動車ニュース マツダがフラッグシップモデル「アテンザセダン/ワゴン」に大幅改良を実施。内外装のデザインを一新したほか、ゆとりある走りと快適な乗り心地、高い静粛性を実現するため、エンジンや足まわり、ボディーにも手を加えている。
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.5.21 試乗記 次世代のモビリティーを提案するプラグインハイブリッド車であり、BMWのスポーツカーのなかでも最も高額なモデルである「BMW i8」。マイナーチェンジとともに追加されたオープントップの「ロードスター」に、風光明媚なスペイン・マヨルカ島で試乗した。
ホームへ戻る