第67回:花粉症はナゼ発症するのか〜答えは日光に〜(その4)(矢貫隆)

2005.09.21 エッセイ

第67回:花粉症はナゼ発症するのか〜答えは日光に〜(その4)(矢貫隆)

「戦場ヶ原自然研究路」、スター地点からしばらくは、右に小川を見ながらのコース。
「戦場ヶ原自然研究路」、スター地点からしばらくは、右に小川を見ながらのコース。
樹木が生い茂った森のなかを歩く。
樹木が生い茂った森のなかを歩く。
やがて、湿原の入り口が見えてくる。湿原地帯は金網で保護される。
やがて、湿原の入り口が見えてくる。湿原地帯は金網で保護される。

■花粉アレルギーの出現頻度に地域差

日光市内にある「小泉内科クリニック」を訪ねたことがある。
「前回で登場した、例の小泉院長ですね」
アレルギー専門医として知られる彼は、東大の内科医局員時代に派遣医師として日光市に赴いて以来、ずっと日光市に留まって医療活動を続けている。スギ花粉症アレルギーの調査に携わっているうちに30年が経ってしまったのだと言って彼は笑った。

小泉医師が初めてスギ花粉アレルギーに関する実態調査を実施したのは74年のこと。
「『その2』に書いた『日光地区における問診調査』ですね」
小泉先生は、調査結果のデータを示しながら僕にこう言った。
「疫学調査をしてみると、同じようにスギ花粉の飛散量があっても、交通量が少ない地域では花粉症に罹患している人が少ないという事実がわかってきた」

『メディカルトリビューン』に寄稿した彼の論文には次のような記述がある。
「84年の調査の際、花粉アレルギーの出現頻度に地域差があり、重要国道である日光杉並木周辺の住民に多発している傾向が認められ、日光地区のスギ花粉アレルギーの発生率は環境による差があり、花粉飛散以外に自動車排出物による影響を考えざるをえない結果を得た」

日本で最初の花粉症(ブタクサ花粉症)が発見される前年の60年(昭和35年)、日本の自動車保有台数は、バス、乗用車、貨物車を合わせて約120万台でしかなかったが、花粉症が激増傾向を示し始めていた70年(昭和45年)には10倍の1200万台にまで増え、80年には3000万台にまで達していたのである(現在は7500万台)。花粉症が急増しはじめた時期は、とりもなおさず“モータリゼーション”の時代だった。

という事実を踏まえたうえで、小泉先生が続ける。
「確かに自動車の数は増えていましたが、厳しい排ガス規制があったのも事実で、では、なぜなんだろうと考えた末に辿り着いたのがディーゼル排ガスでした。活性炭には『アジュバント作用』があるのは昔から知られていたし、だから『もしかしたら』と考えた」

A君、起きてるか?
「すいません、寝てました。ボクに構わず先を進めて下さい」(つづく)

(文=矢貫隆/2005年9月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、 多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。 自動車専門誌「NAVI」(二玄社)に「交通事件シリーズ」(終了)、 同「CAR GRAPHIC」(二玄社)に「自動車の罪」「ノンフィクションファイル」などを手がける。 「自殺-生き残りの証言」(文春文庫)、「通信簿はオール1」(洋泉社)など、著書多数。