【スペック】ロードスター:全長×全幅×全高=3995×1720×1245mm/ホイールベース=2330mm/車重=1090kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6700rpm、19.3kgm/5000rpm)/価格=220万円(テスト車=244万6750円)

マツダ・ロードスター(5MT)/RS(6MT)/VS(6AT)【短評(後編)】

“素性”の良さを感じる(後編) 2005.09.20 試乗記 マツダ・ロードスター(5MT)/RS(6MT)/VS(6AT)……244万6750円/261万5500円/268万600円原点を見直したという3代目ロードスター。走り始めて感じたのは、歴代モデルから受け継いだ……。

変わらないトコロ

“素”のグレードに乗ってエンジンをかける。開発陣が自慢をするそのサウンドは――う〜ん、まぁこんなものかナ……というのが率直な感想。確かに悪くはないけれど、“本体”が発するものよりも排気系への依存度が高く、その点では初代モデルからあまり進化をしていないようにも感じられるその音色は、「心地良いサウンド」と表現するのはちょっと苦しいかも……。

スタート時の力強さはまずまず。際立って強力という印象ではないものの、クラッチワークに気をつかったりはしない。手首の動きで操作が決まるシフトフィールも秀逸だ。「そうそう、ロードスターはこの感じ」と、ここでも初代モデルと暮らした時の感覚が蘇ってくる。
ボディの剛性感は「ホンダS2000」や「ポルシェ・ボクスター」「BMW Z4」などに比べると高くはない。ロードスターのコンセプト的にはこの程度でOKかも知れないが、スポーツ派ドライバーの中にはやや不満に感じる人がでる可能性も大。もっとも、ルーフを閉じても路面凹凸を拾ってステアリングに微震が伝わるこの感覚も、やはり初代モデルをも髣髴とさせる重要なポイントなのだが。

MTと比較すると……

と、そんなわけで良きにつけ悪しきにつけ、最も“ロードスターらしい”と感じさせるのこのグレードから、AT仕様のVSグレードにスイッチ。6MT仕様だとRSグレードと同価格になるこのグレードの売り物は、タンカラーの本革シート。
「AT仕様は“雰囲気のクルマ”ですから」という貴島主査のコメントにも従い、こちらは最初からオープン状態でスタート。ちなみに、センターロック方式になって、開け方向の操作は楽々なこのクルマのルーフ、「こっちも座ったままで何とかできます」という閉じ方向の操作にトライをしたら、最初の数十cm分の動きが超重くて腕がつりそうになりましたヨ……。

広いレンジと小さなステップ比を両立させる6段仕様ゆえ、確かに加速の連続感は悪くないもの。が、それでもMT仕様に比べるとやはり力強さは1ランクダウンとなる感否めず。というよりも新しいロードスターのこのエンジン、「ハイオク仕様の2リッター」であるのならば全般にもう少しのトルク感が欲しい、と思うのは自分だけか!?

ちなみに、Dレンジ走行中はパドル入力は受け付けず、アップ側パドルの操作ストロークがダウン側に比べて妙に長いという操作性は今イチ。加えれば、ダウンシフトの入力をした際にエンジンの回転合わせ(プリッピング)をしてくれないのも“最新のスポーツAT”としてはもはや不満。
貴島さんも認めるように「やはり本来はMTで乗ってもらいたいクルマ」という精神が、実際のクルマづくりにも現れているという事だろうか。

限界の8割がちょうどいい

というわけで、クルマ好きならやっぱり一番気になるはずなのが、唯一17インチのシューズを与えられ、さらにビルシュタイン製ダンパーやLSDで武装をするRSグレード。トランスミッションは当然6MTのみで、アルミペダルも標準装備。現在のところ、最もスポーティな仕様がこのグレードという事になるのがこのモデルだが、メーカーオプションとしてVSグレード同様のタンカラーのレザーシートも用意されている。

走り出してまず感じさせられるのは、「実はこのモデルが最も乗り味がしなやか」という事実。前述の足まわりのスペックの違いに加え、フロントサスにタワーバーが加えられる事なども、そうした印象を生み出す要因になっていると考えられる。

ハンドリングの全般的な軽快感は、他グレード同様「ロードスターならでは」という印象が強い。が、実は最もスポーティなこのグレードであっても、微舵操作に対する初期の応答性は必ずしも際立ってシャープという感覚ではない。2速フルパワーのタイトターン、というシーンでもリアを簡単には振り出したりしない事も含め、今回のロードスターはやはりトラクション性能、スタビリティ性能にかなり力を入れているのをイメージさせられる。
とはいえ、漫然とコーナーを追い込んでいくと、新型は意外と明確なアンダーステア傾向の持ち主であったりもする。それもあり、“限界の8割ペース”で走るのが最も心地よいと思えるのがこのモデルでもあるのだ。

デビューしたての現段階でも、こうしてその“素性”の良さは十分に感じられる走りの実力の持ち主が新型ロードスター。歴代モデル同様の進化のプロセスが、その走りにさらに磨きをかけてくれるのが楽しみだ。

(文=河村康彦/写真=峰昌宏/2005年9月)

・マツダ・ロードスター(5MT)/RS(6MT)/VS(6AT)(前編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017159.html

エンジンは3グレード共に共通。最高出力170ps(ATは166ps)と、最大トルク19.3kgmを発生する。

【テスト車(ロードスター)のオプション内容】
SRSサイドエアバッグ=3万1500円/アドバンストキーレスエントリー&スタートシステム=3万1500円/撥水機能=(フロントガラス/ドアガラス/ドアミラー)=1万500円/フルオートエアコン=2万1000円/ディスチャージヘッドランプ=5万2500円/BOSEサウンドシステム+7スピーカー+AM/FMラジオ6連奏CDチェンジャー+本革巻きステアリング(オーディオリモートコントロールスイッチ付)=9万9750円

【スペック】
VS:全長×全幅×全高=3995×1720×1245mm/ホイールベース=2330mm/車重=1100kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブ(166ps/6700rpm、19.3kgm/5000rpm)/価格=260万円(テスト車=268万600円/SRSサイドエアバッグ=3万1500円/アドバンストキーレスエントリー&スタートシステム=3万1500円/撥水機能=(フロントガラス/ドアガラス/ドアミラー)=1万500円/BOSEサウンドシステム+7スピーカー+AM/FMラジオ+6連奏CDチェンジャー=4万2000円/DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム:横滑り防止機能)=6万5100円)



【スペック】
RS:全長×全幅×全高=3995×1720×1245mm/ホイールベース=2330mm/車重=1100kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6700rpm、19.3kgm/5000rpm)/価格=250万円(テスト車=261万5500円/SRSサイドエアバッグ=3万1500円/アドバンストキーレスエントリー&スタートシステム=3万1500円/撥水機能=(フロントガラス/ドアガラス/ドアミラー)=1万500円/BOSEサウンドシステム+7スピーカー+AM/FMラジオ+6連奏CDチェンジャー=4万2000円)



この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る