【スペック】全長×全幅×全高=3430×1615×1205mm/ホイールベース=2360mm/車重=850kg/駆動方式=RR/0.7リッター直3SOHC6バルブターボインタークーラー付き(82ps/5250rpm、11.2kgm/2250-4500rpm)/車両本体価格=291.9万円(テスト車=同じ)

スマート・ロードスタークーペ(2ペダル6MT)【ブリーフテスト】

スマート・ロードスタークーペ(2ペダル6MT) 2004.06.05 試乗記 ……291.9万円総合評価……★★★★タマゴ型から一変、ペタンと低い姿勢を採る新種のスマート、「ロードスター」と「ロードスタークーペ」。ロードスタークーペとは、ドーム付き露天風呂か、というツッコミはさておいて、『webCG』コンテンツエディターのアオキが乗った。個人的な感想は……。


スマートな贅沢

「スマート」ブランド・フルラインナップ化の尖兵。タマゴ型「クーペ」改め「フォーツー」より長くなったホイールベースに、強化した3気筒ターボをリアに積む。
バックヤードビルダーの現代語訳というか、1950、60年代のフレンチスポーツを思わせるスタイルは、エンスージアスティックな魅力にあふれる。が、「RX-8」も「ランエボ」も「インプレッサ」にも匹敵するプライスタグに、赤貧エンスーは涙あふれる(ちょっと大袈裟)。
タイトな室内。低い視点。運転楽しく、コーナリングではRR(リアエンジン・リアドライブ)らしいオシリの重さがドライバーをドキドキさせるものの、破綻をきたすほどの爆発力はない動力性能。ESPも付いている。念のため。
一方、いまひとつシャキっとしないステアリングフィール、街乗りでは硬すぎるストローク感ないサスペンション、俊敏とはいいかねる2ペダルMT「ソフタッチ」、が不満点。
「もうちょっとパワーを!」とか「普通のマニュアルギアボックスはないのか?」なんて言わない、リッチなジェントルマンのためのスポーツカー。スマートなオトナのオモチャ。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1999年のフランクフルトショーで「スマート・ロードスター」のプロトタイプが発表され、2002年に「ロードスター」と「ロードスタークーペ」の市販型が登場した。頑強なトリディオン・セーフティセルというボディ構造や、リアに直列3気筒ターボエンジンを積んで後輪を駆動するというパワートレインは、従来のスマートと同じ。しかしホイールベースと全長は伸ばされ、逆に全高を思いきり低くすることで、スポーツカーらしいフォルムをものにした。
ロードスターとロードスタークーペのボディは、トリディオン・セーフティセルとフロントまわり、ドアは共通。リアは、ロードスターがノッチバックスタイル、ロードスタークーペがガラスハッチを備えたファストバックとなる。
エンジンは両車共通。リアに積まれる直列3気筒ターボは、ニューバージョンの「フォーツー・クーペ/カブリオ」と同様、排気量が598ccから698ccに拡大された。ただしチューニングは専用で、最高出力は61psから82ps、最大トルクは9.7kgmから11.2kgmに、それぞれアップした。シーケンシャルタイプの6段MTは、クーペよりクロース化され、ファイナルが低められたスペシャルなギアレシオをもつ。
(グレード概要)
日本仕様はロードスターとロードスタークーペの2車種。いずれも1グレード。ボディは、リアまわりのほか、ルーフも違う。ロードスタークーペは2分割のデタッチャブルトップ、ロードスターは電動キャンバストップ付きで、ルーフ両脇のフレームも脱着可能だ。
ホイールとタイヤも違う。ホイールはデザインのみならず、サイズもロードスターが15インチなのに対し、ロードスタークーペは16インチにアップ。タイヤはロードスターが185/55R15、ロードスタークーペが205/45R16と、よりスポーティな設定だ。
インテリアでは、ロードスタークーペのメーターがブラック、ロードスターがホワイトとなる。車重は、ガラスを多用するロードスタークーペの方が、ロードスターより20kg重い。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
スマート・シティクーペのようなポップな魅力はだいぶ薄れたが、それでも楽しげなインパネまわり。インストゥルメントパネルから生えた丸いメーター類は、ファニーなだけでなく、見やすい。センター上部の「水温計」「過給圧計」は、ドライバーに向けて頭を回すことができる(セットオプション)。ミラーは手動だが、手を伸ばせば助手席側にもすぐ届く。かつての“質実剛健”の名残か? 灰皿の下には、「カップホルダー」「CD差し」などの用途に使える板状の薄いパネルが4枚用意される。
ロードスタークーペに、エアコン、デフロスターはもちろん、シートヒーターまで備わるのは、ルーフを2分割して外せば、このクルマがタルガトップ調のオープンモデルになるから。
(前席)……★★★★
ごく低い位置にペタッと座り、脚を前に投げ出す“レーシィ”なドライビングポジション。シートはしんなり沈むクッションを備え、座り心地はいい。網状になった背もたれも楽しい。見た目で、スパルタンなホールド性を追求していないのが、このクルマらしい。そのうえ、いざとなれば、ちゃんと上体を支えてくれる。
助手席は、シティクーペ同様、前に倒せばテーブルになり、また、荷室の奥行きを増やすこともできる。
(荷室)……★★
オモチャのような(存在の)クルマゆえ、荷室は申し訳程度かと思いきや、フロントに、意外と大きなラゲッジルームをもつ。バッテリーにけられてはいるが、ほどほどの使い勝手はありそう。深さ30-37cm、奥行き57cm、幅45-65cm。ふたりの小旅行くらいなら……。
リアのハッチは、センターコンソール、またはキーのボタンを押せば、キャッチがはずれて、ダンパーの力で自動的に開く。荷室の高さは25-40cm、床面の幅106cm、奥行き80cm。キャビンとの仕切りがないので、こちらはあくまでオケージョナル。手持ちのカバンを放り込むくらいか。ラゲッジネット、ラゲッジストッパーなどがオプションリストに載る。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
スマートの3気筒は、わずか60kgほどの軽合金製ツインスパークユニット。82psと11.2kgmと、立派なアウトプットを発生。フィールの面では、メルセデスの手がける(ほぼ)軽ターボ・インタークーラー付き。加速時には、スロットルペダルを抜くたび、タービンのプレッシャーを抜くエアの音が響くのが、ちょっとウレシイ。街なかでは、十二分に機敏な動きができる。
電制クラッチをもつ2ペダル式6MTは、シティクーペよりクロースしたギア比が与えられ、スポーツカーらしい加速に貢献する。ただしギアチェンジの間が大きく、たとえば「AUTO」モードにしても、乗員の上体が前後に揺れる。シフトアップする(であろう)直前にスロットルペダルを踏む力を抜くか、いっそのことマニュアルモードにしてしまえば、ギアを変えるタイミングを予想でき、“主観的には”多少なりともスムーズな運転が期待できるが……。パドルシフトも備えるが、もちろん、根本的な解決には至らない。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
「205/45R16」のスポーティなタイヤに、ストローク感のない足まわり。乗り心地は、総じて硬い。特にリアからの突き上げが厳しいので、長時間の悪路はツラい。
一方、ハイスピードクルージングでの安定性はオドロクばかり。RRながら、フロントのリフトも気になるほどではない。さすが、最高速度180km/hを豪語するだけはある!?
ステアリングフィールにいまひとつ隔靴掻痒感(?)がある。つまりダイレクトな感覚に欠けるうえ、ステアリングギアがキャラクターに似合わず、遅め。リアエンジンのクルマを、あまり過激に振りまわしてくれるな、というメルセデスの親心か。
それでも、ことさら峠に行かずとも、街なかでもドライブは楽しい。低い視線がスポーティ。コンパクトでスタイリッシュなクルマを運転している興奮もある。タイトコーナーを行くときなどに、リアが振りまわされる感あり。まったく個人的な、感傷的な感想だが、ちょっと「アルピーヌA110」に似てるかも。

(写真=高橋信宏/2004年6月)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2004年1月21-22日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:5894km
タイヤ:(前)205/45R16 83H/(後)同じ(いずれもブリヂストンB340)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行形態:市街地(4):高速道路(6)
テスト距離:227.0km
使用燃料:16.4リッター
参考燃費:13.8km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「スマート・フォーツー/フォーフォー」ターボモデルの発表会場から 2016.8.3 画像・写真 コンパクトカー「スマート・フォーツー/フォーフォー」のターボエンジン搭載モデルが、3車種そろってデビュー。2016年8月3日から、順次販売が開始される。「Mercedes me Tokyo HANEDA」で開催された、発表会の様子を写真で紹介する。
  • 「スマート・フォーツー ターボ」がカタログモデルにNEW 2016.12.7 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのモデルラインナップに「スマート・フォーツー ターボ」を追加設定し、販売を開始した。現行モデルのスマート・フォーツーがカタログモデルとして導入されるのは今回が初めて。
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場NEW 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
ホームへ戻る