ホンダ、欧州仕様シビックはハッチバック!【フランクフルトショー05】

2005.09.15 自動車ニュース

【フランクフルトショー05】ホンダ、欧州仕様シビックはハッチバック!

2005年9月12日のプレスデイから開幕した「第61回フランクフルトモーターショー」(一般開催日9月15〜25日)。ホンダは、日本では発売されない「シビック」を大量に出展した。

■ワイド&ローな欧州仕様「シビック」が並ぶ

ホンダブースには、ヨーロッパ向けの新型シビックが所狭しと並べられていた。ジュネーブショーで披露されたデザインスタディとほぼ同じスタイルのままのエクステリアは、5ドアハッチバックながら、3ドアのような処理が施され、ワイドでエッジの効いたフォルムがとても新鮮でスポーティだ。

室内もまた意欲的なデザインに仕上げられている。とくにメーターパネルまわりはなかなかインパクトがある。上下2段式のメーターには、上には運転時に必要な最小限の情報が、下にはそれ以外の情報が表示されるのだが、下のディスプレイに配置された大型のレブカウンターとその中央の情報表示用の窓のコンビネーションが目を引く。

リアシートのアレンジもユニークで、もちろんシートバックを倒せばフラットな荷室が現れるのだが、シートクッションを跳ね上げれば第2のラゲッジスペースを作り出すことも可能なのだ。

2階には往年のシビックが展示され、その歴史を感じさせられたが、やはりシビックといえばハッチバック! 日本にもぜひ導入してほしい。魅力的なハッチバックなら、日本でも生き残れる、はずである。

(文と写真=生方聡)

ホンダ、欧州仕様シビックはハッチバック!【フランクフルトショー05】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る