オンロードでも速い“泥のロールスロイス”「レンジローバースポーツ」発表

2005.09.15 自動車ニュース

オンロードでも速い“泥のロールスロイス”「レンジローバースポーツ」発表

ランドローバージャパンは、高級SUV「レンジローバー」に、ハイパワーエンジンやスポーティな足まわりを与えた“スポーツツアラーSUV”「レンジローバースポーツ」を、2005年9月14日に発表した。まずは05年11月15日から、特別仕様の「ファーストエディション」を70台限定で先行発売、9月15日から予約受付を開始する。全モデルが発売されるのは、06年1月14日から。

レンジローバースポーツは、同社の伝統であるオフロード性能に加え、速く、快適な長距離ドライブを楽しめるダイナミック性能を与えたモデルだという。
エンジンは、ジャガー製の4.2リッターV8をスーパーチャージャーで過給した、最高出力390psを発するユニットと、4.4リッターV8自然吸気ユニットの2種類。トランスミッションは6段ATが組み合わされる。グレードは、スーパーチャージャーモデルが、限定車「ファーストエディション」(1130万円)と「スーパーチャージド」(1090万円)。ファーストエディションは限定車のプレミアムとして、「ストーマー」アルミホイールやステンレスドアシルプレート、プレミアムカーペットマットなどを標準装備する。NAモデルは「HSE」(920万円)だ。

足まわりには、スーパーチャージャー付きモデルに新開発の「ダイナミック・レスポンス・システム」を初採用。コーナリングフォースを察知して、ボディコントロールとハンドリング性能を最適化すると謳われる。同社が誇る、電子制御でサスペンションやギア比などを路面状況に合わせてくれる「テレイン・レスポンス」も備え、オフロード性能も確保した。

(webCGオオサワ)

ランドローバージャパン:
http://www.landrover.co.jp/


オンロードでも速い“泥のロールスロイス”「レンジローバースポーツ」発表の画像

関連キーワード:
レンジローバー スポーツランドローバー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8NEW 2018.1.17 画像・写真 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。同車の詳細を写真で紹介する。
  • ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売NEW 2018.1.17 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8エンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。英国での車両価格は15万ポンド(約2280万円)から。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • 第7回:「XC60」で行く吉田由美の爽快ドライブ 2018.1.9 徹底検証! ボルボXC60 カーライフエッセイストの吉田由美が新型「ボルボXC60」で、東京近郊の渓谷までドライブ。9年ぶりにフルモデルチェンジしたボルボの売れ筋SUVはどんなクルマに仕上がっているのか、その走りや使い勝手について詳しく報告する。
ホームへ戻る