ルノー、3代目となる「クリオ」やデザインスタディ「エジェウス」【フランクフルトショー05】

2005.09.15 自動車ニュース
【フランクフルトショー2005】ルノー、3代目となる「クリオ」やデザインスタディ「エジェウス」

【フランクフルトショー05】ルノー、3代目となる「クリオ」やデザインスタディ「エジェウス」

2005年9月12日のプレスデイから開幕した「第61回フランクフルトモーターショー」(一般開催日9月15〜25日)。ルノーはCセグメントハッチバック「クリオ(ルーテシア)」の新型や、デザインスタディ、コンセプトカーなどを出展。要人も顔を見せた。


インタビューに応じるカルロス・ゴーン氏。

【フランクフルトショー2005】ルノー、3代目となる「クリオ」やデザインスタディ「エジェウス」

■目玉は3代目クリオ。クルマ以外も見どころ

インタビュー中のカルロス・ゴーン氏の側にあるのが、今回のルノーの目玉、3代目クリオ(日本名はルーテシア)である。全長は一気に3.99mまで伸びて、いままでのコンパクト感は薄れてきたが、「みんなデカけりゃ怖くない」というのが、最近のトレンドなのか?


パトリック・ルケモン氏(左)と、コンセプトカー「Zoé(ゾエ)」。

【フランクフルトショー2005】ルノー、3代目となる「クリオ」やデザインスタディ「エジェウス」

ラインナップされるエンジンは1.2リッター(75ps)と1.4リッター(100ps)、そして1.6リッター(110ps)のガソリンエンジンと、1.5リッターのディーゼル。最高出力は70ps、85ps、105psのなかから選ぶことができるというのはユニークだ。

もっとパワーがほしい、という人のために、ルノーは2リッターエンジン搭載のクリオ ルノースポールをデザインスタディとして展示している。どうしてもこちらが気になってしまうのは私だけじゃないだろう。

ルノーのデザインスタディ「Egeus(エジェウス)」もこのフランクフルトがワールドプレミアだ。ラクシュリーなSUV、あるいは背の高いクーペを目指したものだという。それにしても、ドアが観音開きというコンセプトカーの多いこと。

会場にはチーフデザイナーであるパトリック・ルケモンの姿もあり、クルマ以外にも見どころの多いルノーブースだった。

(文と写真=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る