ルノー、3代目となる「クリオ」やデザインスタディ「エジェウス」【フランクフルトショー05】

2005.09.15 自動車ニュース
【フランクフルトショー2005】ルノー、3代目となる「クリオ」やデザインスタディ「エジェウス」

【フランクフルトショー05】ルノー、3代目となる「クリオ」やデザインスタディ「エジェウス」

2005年9月12日のプレスデイから開幕した「第61回フランクフルトモーターショー」(一般開催日9月15〜25日)。ルノーはCセグメントハッチバック「クリオ(ルーテシア)」の新型や、デザインスタディ、コンセプトカーなどを出展。要人も顔を見せた。


インタビューに応じるカルロス・ゴーン氏。

【フランクフルトショー2005】ルノー、3代目となる「クリオ」やデザインスタディ「エジェウス」

■目玉は3代目クリオ。クルマ以外も見どころ

インタビュー中のカルロス・ゴーン氏の側にあるのが、今回のルノーの目玉、3代目クリオ(日本名はルーテシア)である。全長は一気に3.99mまで伸びて、いままでのコンパクト感は薄れてきたが、「みんなデカけりゃ怖くない」というのが、最近のトレンドなのか?


パトリック・ルケモン氏(左)と、コンセプトカー「Zoé(ゾエ)」。

【フランクフルトショー2005】ルノー、3代目となる「クリオ」やデザインスタディ「エジェウス」

ラインナップされるエンジンは1.2リッター(75ps)と1.4リッター(100ps)、そして1.6リッター(110ps)のガソリンエンジンと、1.5リッターのディーゼル。最高出力は70ps、85ps、105psのなかから選ぶことができるというのはユニークだ。

もっとパワーがほしい、という人のために、ルノーは2リッターエンジン搭載のクリオ ルノースポールをデザインスタディとして展示している。どうしてもこちらが気になってしまうのは私だけじゃないだろう。

ルノーのデザインスタディ「Egeus(エジェウス)」もこのフランクフルトがワールドプレミアだ。ラクシュリーなSUV、あるいは背の高いクーペを目指したものだという。それにしても、ドアが観音開きというコンセプトカーの多いこと。

会場にはチーフデザイナーであるパトリック・ルケモンの姿もあり、クルマ以外にも見どころの多いルノーブースだった。

(文と写真=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る