ルノー、3代目となる「クリオ」やデザインスタディ「エジェウス」【フランクフルトショー05】

2005.09.15 自動車ニュース
【フランクフルトショー2005】ルノー、3代目となる「クリオ」やデザインスタディ「エジェウス」

【フランクフルトショー05】ルノー、3代目となる「クリオ」やデザインスタディ「エジェウス」

2005年9月12日のプレスデイから開幕した「第61回フランクフルトモーターショー」(一般開催日9月15〜25日)。ルノーはCセグメントハッチバック「クリオ(ルーテシア)」の新型や、デザインスタディ、コンセプトカーなどを出展。要人も顔を見せた。


インタビューに応じるカルロス・ゴーン氏。

【フランクフルトショー2005】ルノー、3代目となる「クリオ」やデザインスタディ「エジェウス」

■目玉は3代目クリオ。クルマ以外も見どころ

インタビュー中のカルロス・ゴーン氏の側にあるのが、今回のルノーの目玉、3代目クリオ(日本名はルーテシア)である。全長は一気に3.99mまで伸びて、いままでのコンパクト感は薄れてきたが、「みんなデカけりゃ怖くない」というのが、最近のトレンドなのか?


パトリック・ルケモン氏(左)と、コンセプトカー「Zoé(ゾエ)」。

【フランクフルトショー2005】ルノー、3代目となる「クリオ」やデザインスタディ「エジェウス」

ラインナップされるエンジンは1.2リッター(75ps)と1.4リッター(100ps)、そして1.6リッター(110ps)のガソリンエンジンと、1.5リッターのディーゼル。最高出力は70ps、85ps、105psのなかから選ぶことができるというのはユニークだ。

もっとパワーがほしい、という人のために、ルノーは2リッターエンジン搭載のクリオ ルノースポールをデザインスタディとして展示している。どうしてもこちらが気になってしまうのは私だけじゃないだろう。

ルノーのデザインスタディ「Egeus(エジェウス)」もこのフランクフルトがワールドプレミアだ。ラクシュリーなSUV、あるいは背の高いクーペを目指したものだという。それにしても、ドアが観音開きというコンセプトカーの多いこと。

会場にはチーフデザイナーであるパトリック・ルケモンの姿もあり、クルマ以外にも見どころの多いルノーブースだった。

(文と写真=生方聡)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ルノーが「ルーテシアR.S.」をマイナーチェンジ 2017.7.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」にマイナーチェンジを実施した。外装のブラッシュアップに加えて、新たに「シャシーカップ」グレードが設定された。
  • 100台限定、5段MTの「フィアット500」が登場 2017.6.28 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット500」に特別仕様車「500S Plus」を設定。2気筒の「ツインエア」エンジンに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた限定モデルで、100台が限定販売される。価格は236万5200円。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る