【スペック】全長×全幅×全高=3790×1685×1460mm/ホイールベース=2500mm/車重=1060kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、14.8kgm/4000rpm)/価格=228.9万円(テスト車=同じ)

スマート・フォーフォー1.5(2ペダル6MT)【ブリーフテスト】

スマート・フォーフォー1.5(2ペダル6MT) 2004.11.16 試乗記 ……228.9万円総合評価……★★★2人乗りのマイクロカーで有名なスマート初の5人乗りモデル「フォーフォー」。トリディオンセーフティセルにポップな外観など、スマートファミリーであることを強調するも、自動車ジャーナリスト金子浩久は……。


異端児の弟にしては……

革新的な2人乗りコミューター、「スマート・フォーツー」の5人乗りバージョンである。すくなくとも、名前やエクステリア&インテリアデザインの上ではそういうことになっている。
プラットフォームをはじめ多くの部分を、「三菱コルト」と共用すると伝えられていたが、乗ってみると、“双子車感”はほとんど感じなかった。
かといって、フォーツーに後席を足したクルマかというと、それとも異なる。フォーツーのボディとシートに感じる異様なまでに高い剛性感は、このクルマにはない。
フォーフォーはつまり、いわゆるBセグメントに属する、“普通の”小型車なのである。フォーツーが普通ではないものを目指したのに対し、あくまでフォーフォーが普通の成り立ちをしているところが、本質的な違いだろう。
“普通の”Bセグメントの小型車といえば、ライバルはたくさん存在する。それらに立ち向かうフォーフォーのアドバンテージはなにか? ユニークな造形で、選択肢の多いボディカラー、軽快な走りっぷりなどだろうか。反対に、ライバルたちと較べて見劣りするのは、シートのでき、車内の狭さ、感覚的な慣れが必要なトランスミッションなどだ。
フォーツーは、まったく新しい2人乗り超小型車を生み出すことによって、年々深刻化する都市部の渋滞をはじめとする交通問題を解決しようという、真摯な思想が込められていた。その思想に共鳴するしないにかかわらず、フォーツーは一定の評価を獲得してきた。ミニマムなシティコミューターとしての存在感と能力が抜群に高いからだろう。だが、フォーフォーにそれはない。“普通の”小型車だから、である。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2人乗り“超”コンパクトカーを手がける、スマート初の5人乗りコンパクトハッチとして、2004年9月6日に販売開始。ダイムラークライスラー提携下の三菱自動車が開発した「コルト」とプラットフォームを共用するが、スマートの特徴をうまく活かした内外装により、スマート兄弟であることを演出する。ボディは一部が金属パネル「トリディオンセーフティセル」、カラード部分は樹脂製である。
エンジンは、1.3リッターと1.5リッターの直列4気筒DOHC16バルブ。ダイムラークライスラーが出資する独MDCパワーエンジン社でつくられた、オールアルミの新開発ユニットである。1.3リッターが95ps/6000rpmと12.8kgm/4000rpm、1.5リッターは109ps/6000rpmと14.8kgm/4000rpmを発生。2ペダル式6段MT「ソフタッチプラス」を介して、前輪を駆動する。トランスミッションは、アイドリング時にギアが入っていると、ゆっくり動き出す「クロール機構」を備え、車庫入れなど、低速時の操作性を高めたという。
(グレード概要)
フォーフォーは、エンジン排気量がグレードになる。すなわち、「フォーフォー1.3」と「フォーフォー1.5」の2グレード構成だ。装備品として、いずれにもAM/FMラジオ付きCDプレーヤー、セミオートエアコン、リモートコントロールセントラルロックなどが標準。4つのエアバッグやESPなどの安全装備も全車標準で備える。
1.5は、シルバーカラーのトリディオンセーフティセルとラジエターグリル&ドアミラーカバー、本革巻きステアリングホイールなどで、1.3と内外装を差別化。「パノラミックグラスルーフ」を装備するのは1.5のみ。



スマート・フォーフォー1.5(2ペダル6MT)【ブリーフテスト】の画像


スマート・フォーフォー1.5(2ペダル6MT)【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
シンプルでカジュアルな、基本的にはフォーツーの流儀を引き継ぐインテリアデザイン。だが、センターコントロール部分に集中させたオーディオとエアコンのスイッチ類が小さ過ぎて、使いにくいところもある。
装備で魅力的なのは、1.5リッターモデルに標準装備される「パノラミックガラスルーフ」。車内が明るく、さらに軽快な印象になる。オプショナルで、スライディングルーフも選べる。
(前席)……★★★
見た目は頼もしそうなシートだが、座面、背面ともにホールド感が心許ない。街乗り中心の使い方ならば不満を感じないだろうが、長距離走行でも大丈夫、とは言い切れない。
フォーツーのシートは見た目こそスリム。だが、剛性感は高く、いくら長距離を走ってもしっかりと身体を支えてくれるのと対照的だ。
(後席)……★★
見た目も平板で、座ってみると明らかにクッション不足。前席以上に、長距離走行は苦手だろう。150mmの前後スライド機構に加え、分割式ダブルフォールディング式を採用するなど、機能はととのっている。
(荷室)……★★
容積はリアシートを起こした状態で268リッターと、クラス平均を下まわる。たたんでも910リッターにとどまるが、助手席を前に倒せば長尺物が積める。
分割ダブルフォールディングは、まずシート背面を前に倒し、次に座面と一緒に前へ持ち上げる。シートが荷室と前席を仕切ってくれるのは安心だが、リアフェンダーとサイドシル部分の車内への出っ張りが大きく、荷室の使い勝手を削いでいる。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
1.5リッター、1.3リッターとも、従来の三菱コルトが積むユニットとは別物の新開発直列4気筒オールアルミエンジン。低中回転域でのトルク感に乏しく、まわすとやや騒がしい。トランスミッションは、フォーツーでお馴染みのオートマチックモード付き2ペダル式6段MT「ソフタッチプラス」。オートマチックモードで走ると、特有の糸を引くような変速感覚は残っているが、変速ショックはだいぶ小さくなった。もちろんフォーツーと同様、オートマチックモードで乗るよりも、マニュアルシフトした方が小気味よく走れる。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
動き出した瞬間から降りるまで、終始、フォーフォーの運転感覚を支配しているのは身軽さだ。1030kgと車重は実際軽いうえ、運転してもヒラリヒラリ、フワリフワリと軽快に走る。フォーツーが、「ガッシリ、ビチッ!」と走るのと、これまた対照的。それはそれで悪くないが、電動パワーステアリングのせいか、タイヤのトレッドが路面を掴む接地感に乏しい。

(写真=高橋信宏/2004年11月)

【テストデータ】

報告者:金子浩久
テスト日:2004年10月4日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2004年型
テスト車の走行距離:--
タイヤ:(前)195/50R15(後)同じ(いずれもコンチネンタル コンチエココンタクト2)
オプション装備:
テスト形態:ロードインプレッション
走行形態:市街地(4):山岳路(6)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーフォーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(後編)【試乗記】 2016.10.11 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。後編はトゥインゴとフォーフォーを乗り比べ、それぞれの特徴を明らかにする。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る