アピール度も注目度も高い! 「アウディQ7」【フランクフルトショー05】

2005.09.14 自動車ニュース
 
【フランクフルトショー2005】アピール度も注目度も高い! 「アウディQ7」

【フランクフルトショー05】アピール度も注目度も高い! 「アウディQ7」

2005年9月12日のプレスデイから開幕した「第61回フランクフルトモーターショー」(一般開催日9月15〜25日)。アウディは新型SUV「Q7」のプロモーションに、ブースの半分を割いたという。



 
【フランクフルトショー2005】アピール度も注目度も高い! 「アウディQ7」

■「Q7」一色

VWグループのブランドが一堂に会するホール3に、アウディのブースがある。そのエリアのほぼ半分ほどが、このフランクフルトショーでデビューしたQ7の展示に割かれていた。

満を持して登場したアウディのラクシュリーSUVは、VWトゥアレグやポルシェ・カイエンとの差別化を図るべく、3列シートを備えており、また、フルタイム4WDは、他のアウディのモデル同様、トルセンのセンターデフを持つタイプで、あくまでオンロードをスポーティに走るための設定である。



 
【フランクフルトショー2005】アピール度も注目度も高い! 「アウディQ7」

アウディは同時に、Q7ハイブリッドのコンセプトモデルも展示した。こちらは4.2リッターのV8 FSIエンジンに200Nmを発揮するモーターを組み合わせ、必要に応じてモーターがエンジンをアシストする。モーターを駆動するエネルギーは、制動時に回収されたエネルギー(回生エネルギー)と、エンジンで発生した電気で、荷室下に設けられたニッケル水素バッテリーに貯蔵される。

ほかのエリアに目をやると、シングルフレームのフロントマスクを手に入れたA4カブリオレが展示されていたが、人影はまばら。Q7一色のアウディブースである。

(文と写真=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q7の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る