アピール度も注目度も高い! 「アウディQ7」【フランクフルトショー05】

2005.09.14 自動車ニュース
 
【フランクフルトショー2005】アピール度も注目度も高い! 「アウディQ7」

【フランクフルトショー05】アピール度も注目度も高い! 「アウディQ7」

2005年9月12日のプレスデイから開幕した「第61回フランクフルトモーターショー」(一般開催日9月15〜25日)。アウディは新型SUV「Q7」のプロモーションに、ブースの半分を割いたという。



 
【フランクフルトショー2005】アピール度も注目度も高い! 「アウディQ7」

■「Q7」一色

VWグループのブランドが一堂に会するホール3に、アウディのブースがある。そのエリアのほぼ半分ほどが、このフランクフルトショーでデビューしたQ7の展示に割かれていた。

満を持して登場したアウディのラクシュリーSUVは、VWトゥアレグやポルシェ・カイエンとの差別化を図るべく、3列シートを備えており、また、フルタイム4WDは、他のアウディのモデル同様、トルセンのセンターデフを持つタイプで、あくまでオンロードをスポーティに走るための設定である。



 
【フランクフルトショー2005】アピール度も注目度も高い! 「アウディQ7」

アウディは同時に、Q7ハイブリッドのコンセプトモデルも展示した。こちらは4.2リッターのV8 FSIエンジンに200Nmを発揮するモーターを組み合わせ、必要に応じてモーターがエンジンをアシストする。モーターを駆動するエネルギーは、制動時に回収されたエネルギー(回生エネルギー)と、エンジンで発生した電気で、荷室下に設けられたニッケル水素バッテリーに貯蔵される。

ほかのエリアに目をやると、シングルフレームのフロントマスクを手に入れたA4カブリオレが展示されていたが、人影はまばら。Q7一色のアウディブースである。

(文と写真=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q7の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • アウディRS Q3パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.5 試乗記 オンロードでの動力性能に特化した高性能SUV「アウディRS Q3」が、さらにパフォーマンスを高めた「RS Q3パフォーマンス」に進化。レーシングマシンも手がけるアウディの“特殊部隊”クワトロGmbHが鍛えた、公道マシンの出来栄えを確かめた。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売NEW 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
ホームへ戻る