アピール度も注目度も高い! 「アウディQ7」【フランクフルトショー05】

2005.09.14 自動車ニュース
 
【フランクフルトショー2005】アピール度も注目度も高い! 「アウディQ7」

【フランクフルトショー05】アピール度も注目度も高い! 「アウディQ7」

2005年9月12日のプレスデイから開幕した「第61回フランクフルトモーターショー」(一般開催日9月15〜25日)。アウディは新型SUV「Q7」のプロモーションに、ブースの半分を割いたという。



 
【フランクフルトショー2005】アピール度も注目度も高い! 「アウディQ7」

■「Q7」一色

VWグループのブランドが一堂に会するホール3に、アウディのブースがある。そのエリアのほぼ半分ほどが、このフランクフルトショーでデビューしたQ7の展示に割かれていた。

満を持して登場したアウディのラクシュリーSUVは、VWトゥアレグやポルシェ・カイエンとの差別化を図るべく、3列シートを備えており、また、フルタイム4WDは、他のアウディのモデル同様、トルセンのセンターデフを持つタイプで、あくまでオンロードをスポーティに走るための設定である。



 
【フランクフルトショー2005】アピール度も注目度も高い! 「アウディQ7」

アウディは同時に、Q7ハイブリッドのコンセプトモデルも展示した。こちらは4.2リッターのV8 FSIエンジンに200Nmを発揮するモーターを組み合わせ、必要に応じてモーターがエンジンをアシストする。モーターを駆動するエネルギーは、制動時に回収されたエネルギー(回生エネルギー)と、エンジンで発生した電気で、荷室下に設けられたニッケル水素バッテリーに貯蔵される。

ほかのエリアに目をやると、シングルフレームのフロントマスクを手に入れたA4カブリオレが展示されていたが、人影はまばら。Q7一色のアウディブースである。

(文と写真=生方聡)

関連キーワード:
Q7アウディフランクフルトモーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • アウディR8クーペ V10プラス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.12 試乗記 アウディスポーツのレーシングマインドを具現したスーパースポーツカー「R8」。いまや貴重ともいえる自然吸気のV10ユニットを搭載する4WDスポーツの実力を、あらためて富士スピードウェイで解き放った。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る