専用ブースを設営! メルセデス・ベンツの新「Sクラス」【フランクフルトショー05】

2005.09.14 自動車ニュース
【フランクフルトショー2005】専用ブースを設営! メルセデス・ベンツの新「Sクラス」

【フランクフルトショー05】専用ブースを設営! メルセデス・ベンツの新「Sクラス」

2005年9月12日のプレスデイから開幕した「第61回フランクフルトモーターショー」(一般開催日9月15〜25日)。メルセデス・ベンツは、定番ラージサルーンの新型「Sクラス」に、専用スペースを設けた。




【フランクフルトショー2005】専用ブースを設営! メルセデス・ベンツの新「Sクラス」

■ベンツは気合いが違う!

新型Sクラスのお披露目となったメルセデス・ベンツは、「Sクラスギャラリー」と銘打ったスペースに実車を持ち込み、さらに技術展示などを行っていたが、そのスペースは下手なメーカーのブースよりも広いほど。気合いが違う!

すでにSクラスの情報は公開されているのが、目の当たりにした実車は、スポーティなデザインが印象的だ。とくにフェンダーアーチのデザインは流行のスタイルとはいえ、より年齢の若い層にアピールするには効果的かも。BMWの7シリーズとアウディA6を足して2で割ったようなデザインのリアまわりも全体のフォルムに上手く溶け込んでいる。標準で5076mm、ロングホイールベース版が5206mmのボディは絶対的には大きいものの、旧型に比べてさほど大きくなったとは感じなかった。




【フランクフルトショー2005】専用ブースを設営! メルセデス・ベンツの新「Sクラス」

Rクラスもこのフランクフルトショーで公開されている。コンセプトモデルの「グランドスポーツツアラー」よりも235mm短い4922mmの全長に、3列シートを配置。ワゴンともSUVともミニバンとも違うデザインというが、日本のホンダ・ストリームやトヨタ・ウィッシュを長く、高級にしたといえばおわかりいただけるだろう。

(文と写真=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • 「メルセデス・ベンツVクラス」にスポーティーな装いの新グレード登場 2016.6.1 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Vクラス」に一部改良を実施。排出ガスの後処理に用いる尿素水溶液のタンクを拡大することで、約2万kmの距離を補充なしで走ることが可能となった。同時にスポーティーな内外装が特徴の新グレード「V220dスポーツ ロング」を追加した。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)/V220dアバンギャルド エクストラロング(FR/7AT)【レビュー】 2016.2.5 試乗記 メルセデスの3列シートミニバン「Vクラス」がフルモデルチェンジ。キャビンとラゲッジルームの使い勝手や、2.1リッター直4ディーゼルエンジンがかなえる走りなど、本国から2年遅れで日本に導入された新型の実力を、さまざまな角度から確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
ホームへ戻る