【フランクフルトショー05】BMW、「Z4クーペ」やハイブリッドSUVを発表

2005.09.14 自動車ニュース
 
【フランクフルトショー2005】BMW、「Z4クーペ」やハイブリッドSUVを発表

【フランクフルトショー05】BMW、「Z4クーペ」やハイブリッドSUVを発表

2005年9月12日のプレスデイから開幕した「第61回フランクフルトモーターショー」(一般開催日9月15〜25日)。ポルシェ・ケイマンSに負けじ(?)と、Z4のクーペを登場させた。



 
【フランクフルトショー2005】BMW、「Z4クーペ」やハイブリッドSUVを発表

■Z4クーペ&ハイブリッドSUV

オープンカーのクーペモデルはポルシェ・ケイマンだけではない。BMWはZ4ロードスターがベースのコンセプトカー「Z4クーペ」を展示している。キャンバストップの代わりに、固定式のトップと大型のテールゲートが与えられたZ4クーペは、Z4ロードスターよりもショートオーバーハングが強調され、古典的なスポーツクーペのデザインを身にまとうことになった。

別のステージに展示されていたのが、X3ベースの「Efficient Dynamics」。ハイブリッドカーの分野で後れを取っている印象のBMWだが、まずはSUVの燃費向上を狙って、ハイブリッドカーを提案してきたのだ。システムは、これまでブレーキ時に捨てられていたエネルギーを回収(回生)し、そのエネルギーを加速時に再利用するというもの。一時的にエネルギーを蓄えるために、スーパーキャパシターを利用している。比較的簡易な構成とはいえ、ヨーロッパの交通環境では最大20%ほどの燃費改善が見込まれるという。

このほか、3シリーズのトゥーリングが展示されていたが、他のドイツ勢に比べると全体的に地味な感じのBMWパビリオンだった。

(文と写真=生方聡)

関連キーワード:
Z4クーペX3BMWフランクフルトモーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティション 2018.4.19 画像・写真 「M3」「M4」ゆずりの3リッター直6ターボエンジン(最高出力410ps、最大トルク550Nm)を搭載。BMWのコンパクトなハイパフォーマンスモデル「BMW M2コンペティション」の姿を写真で紹介する。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
ホームへ戻る