フォルクスワーゲンのクーペカブリオ「EOS」【フランクフルトショー05】

2005.09.14 自動車ニュース
【フランクフルトショー2005】フォルクスワーゲンのクーペカブリオ「EOS」

【フランクフルトショー05】フォルクスワーゲンのクーペカブリオ「EOS」

2005年9月12日のプレスデイから開幕した「第61回フランクフルトモーターショー」(一般開催日9月15〜25日)。地元のフォルクスワーゲンは、目玉モデルの「EOS」や「ゴルフR32」などを出展した。




【フランクフルトショー2005】フォルクスワーゲンのクーペカブリオ「EOS」

■クーペカブリオ「EOS」

VWの目玉は「EOS」だ。新型パサートのプラットフォームに5分割式のハードトップボディを与えたVW初のクーペカブリオである。2台並んだEOSのまわりはジャーナリストでいっぱい。12日のプレスコンファレンスには1000人以上の観衆が集まったとか。

最近、この手のクーペカブリオレは珍しくないが、EOSの場合、ハードトップを操作することで、クーペ、フルオープンを楽しめるほか、スライディングルーフのようにルーフの一部だけを開けることも可能だ。クローズからオープンへの変身は約25秒。

デザインは、VW内で急激に増殖している「ワッペングリル」を備えたフロントマスクが特徴。一方、ダッシュボードのデザインは専用となるが、パサートというよりゴルフに似た形状である。

VWブースではEOSの他に、ゴルフR32やゴルフGT、フェイスリフトしたニュービートルなどが見どころだ。

(文と写真=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
ホームへ戻る