「VW ニュービートル」シリーズのデザインを初めて変更

2005.09.12 自動車ニュース

「VW ニュービートル」シリーズのデザインを初めて変更

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、「ニュービートル」と「ニュービートルカブリオレ」のデザインを変更し、2005年10月1日から発売する。




もちろん、ビートルらしいカタチはそのまま。一方、ホイールアーチやバンパーにエッジをきかせ、シャープでダイナミックな要素を与えたという。ヘッドライトは大型の楕円形、リアは丸形赤ランプの内部に白い丸形ランプを組み合わせた。ボディカラーも豊富になり、クーペは1色増えた10色、カブリオレは6色から7色になった。
インテリアは、エアコン送風口、メータークラスターなどにクロームメッキを採用。クーペのリアシートが、分割可倒式になったことも新しい。

グレードに、レザーシートなどを備えるトップグレード「LZ」が設定され、クーペが3種類、カブリオレは2種類のラインナップ。価格は、クーペが1.6リッターモデル「EZ」の229万9500円から、2リッター「LZ」の289万8000円まで。カブリオレは、標準車が313万9500円、カブリオレLZは349万6500円。

(webCGオオサワ)

フォルクスワーゲン グループ ジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

関連キーワード:
ビートルフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」の発表会場から 2016.9.21 画像・写真 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年9月21日、デザインや安全装備、インフォテインメントシステムをリファインした「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」を発売した。全8色のザ・ビートルが並んだ発表会の様子を、写真とともにリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」にツートンカラーの限定車 2017.11.28 自動車ニュース フォルクスワーゲンから「ザ・ビートル」の特別仕様車「ブラックスタイル」が登場。ホイールやドアミラーなど、各所がブラックでコーディネートされたエクステリアを特徴とする、300台の限定モデルである。ボディーカラーは赤/黒と白/黒の2種類が用意される。
ホームへ戻る