「VW ニュービートル」シリーズのデザインを初めて変更

2005.09.12 自動車ニュース

「VW ニュービートル」シリーズのデザインを初めて変更

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、「ニュービートル」と「ニュービートルカブリオレ」のデザインを変更し、2005年10月1日から発売する。




もちろん、ビートルらしいカタチはそのまま。一方、ホイールアーチやバンパーにエッジをきかせ、シャープでダイナミックな要素を与えたという。ヘッドライトは大型の楕円形、リアは丸形赤ランプの内部に白い丸形ランプを組み合わせた。ボディカラーも豊富になり、クーペは1色増えた10色、カブリオレは6色から7色になった。
インテリアは、エアコン送風口、メータークラスターなどにクロームメッキを採用。クーペのリアシートが、分割可倒式になったことも新しい。

グレードに、レザーシートなどを備えるトップグレード「LZ」が設定され、クーペが3種類、カブリオレは2種類のラインナップ。価格は、クーペが1.6リッターモデル「EZ」の229万9500円から、2リッター「LZ」の289万8000円まで。カブリオレは、標準車が313万9500円、カブリオレLZは349万6500円。

(webCGオオサワ)

フォルクスワーゲン グループ ジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

関連キーワード:
ビートルフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デューン(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.14 試乗記 500台の限定車として日本に導入された、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のクロスオーバーモデル「ザ・ビートル デューン」。試乗してみると、ユニークでファニーなルックスからは意外なほどのスポーティーさやまじめな作りが見えてきた。
  • いよいよ登場! 新型「日産リーフ」
    買いたい人にプロが一言アドバイス
    2017.9.8 デイリーコラム 日産のEV「リーフ」の新型が、2017年9月6日にデビューしました。国内の販売がスタートするのは、10月2日。この2代目の購入を考えている人は、どんなことを意識したらよいのでしょうか? 3人のモータージャーナリストに聞きました。
ホームへ戻る