【スペック】全長×全幅×全高=4130×1735×1500mm/ホイールベース=2515mm/車重=1250kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4SOHC8バルブ(102ps/5600rpm、15.1kgm/3800rpm)/価格=229万9500円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ニュービートルEZ(4AT)【試乗記】

もうちょっと、お高くてもイイ 2005.09.09 試乗記 フォルクスワーゲン・ニュービートルEZ(4AT)……229万9500「VWニュービートル」でもっとも手の届きやすい1.6リッターモデル「EZ」。国産モデルと争える、手頃なおシャレグルマの、それ自体に不満はないが……。

30万円安いワケ

日本に入ってきてもう6年になるというのに、ニュービートルは相変わらず多くの人達から愛され続けている。もちろんそれには、ターボ、カブリオレと、どんどんバリエーションを増やし、常に新鮮な話題を提供してきたことが貢献しているのは間違いないところ。おかげで2005年上半期のセールスは輸入車の中で12位と、まだまだ新しいファンをどんどん増やしているのだ。

そんなニュービートルに、04年末に加わった一番新しい仲間。それがこの「EZ(イージィ)」である。その位置付けは、言わばラインナップの末弟。車両価格は229万9500円と、主力モデルである2リッターの「ニュービートル」より30万円近く安い設定だ。では、その価格はどのように実現されているのか。
まず一番大きいのは、エンジンが1.6リッターとされたことだ。これは最新の直噴「FSI」ユニットではなく、現在では「ゴルフワゴンE」に積まれる従来型。最高出力は102psで、4段ATとの組み合わせになる。一方、装備の面では、2リッターモデルとの比較ではアルミホイールがスチール+キャップになり、リモコンドアロック、パークディスタンスコントロール、フォグランプが省かれる程度。違いはたったそれだけなのである。

抜きたいヒトはどうぞ

ということで、気になるのは走りっぷりにどれほどの差があるのかということになるが、結論から言えばこのEZ、その点で物足りなさを感じる部分は、まーったく見当たらなかった。たしかに兄貴分と較べれば余裕は小さい。ニュービートルの2リッターユニットは、やはりFSIではない最高出力116psの、しかもSOHC2バルブなのだが、こちらも扱いやすさは抜群なのだ。けれど、EZの1.6リッターエンジンは吹け上がりの軽さでそれを十分補っている。むしろカラッと乾いた手応えは、クルマのキャラにぴったり合っているという気もしないではない。

だいいち、こういうクルマでは“速い遅い”は二の次でいい。抜きたいヒトはどうぞお先にいってもらい、自分なりに、クルマなりに心地よいペースで流す。ニュービートルは、それが仮にターボであっても、乗る人を自然とそんなユル〜い気分にさせてくれるクルマである。そう考えると、乗り手を無用に鼓舞することなく、逆にもどかしさも感じさせない1.6リッターエンジン、ますます不足など感じない。反応穏やかで乗り心地やさしいフットワークも、やはりそんな味わいを醸し出すのに一役買っていると言えるだろう。





一輪挿しはあるのに

導入初期のモデルでは時代遅れのカセット対応だったオーディオも、今ではちゃんとMP3対応のCD付きとなっている。しかもiPodなどを繋いで楽しめる外部入力端子まで備わった。とても広いとはいえないラゲッジにはネットが標準装備とされて、使い勝手も高まっている。コレ以上、一体何が要るっていうんだ?

いや、あるのだ、足りないものが。それは、あろうことか省かれてしまったリモコンドアロック。ニュービートルは、オシャレに小粋に乗りたいクルマである。それが今どき、キーを差し込んで「カシャッ」だなんて……いかがなもんだろうか。価格がたとえ5千円、1万円上がったとしても、これは絶対標準装備にするべきだ。じゃなければ、せめてオプションとしてでも用意してくれればいいのだが。
ちなみに例の一輪挿し。あれはEZでも標準装備なので、くれぐれもご心配なく。

(文=島下泰久/写真=峰昌宏/2005年9月)

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デューン(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.14 試乗記 500台の限定車として日本に導入された、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のクロスオーバーモデル「ザ・ビートル デューン」。試乗してみると、ユニークでファニーなルックスからは意外なほどのスポーティーさやまじめな作りが見えてきた。
  • 「ザ・ビートル」に100台限定の豪華仕様 2014.11.11 自動車ニュース 日本に導入されていない「ザ・ビートル」の上級グレードが、100台限定で上陸。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ(FF/6AT)【試乗記】 2013.12.8 試乗記 フォルクスワーゲンの「ザ・ビートル」に、先代「ゴルフGTI」の心臓部を積んだ「ザ・ビートル ターボ」が登場。動力性能は文句なし。天下のフォルクスワーゲンが本気で作ったファンカーに似合うオーナー像とは?
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • 「キャデラックATS」にシルバーの特別仕様車が登場 2017.5.18 自動車ニュース 「キャデラックATSセダン」に特別仕様車「シルバームーンライトエディション」が登場。専用ボディーカラーの「シルバームーンライトメタリック」が特徴で、電動スライディングルーフやブラッシュドアルミナムトリムなどが特別装備される。
ホームへ戻る