最高出力294psの高回転ユニット搭載! 「日産フェアレディZ」マイナーチェンジ

2005.09.09 自動車ニュース

最高出力294psの高回転ユニット搭載! 「日産フェアレディZ」マイナーチェンジ

日産自動車は「フェアレディZ」をマイナーチェンジ。6MTモデルの最高出力を従来の280psから294psに引き上げたほか、足まわりを強化するなどパフォーマンスを向上。2005年9月8日に発売した。




今回のマイナーチェンジで、エンジンのパワーをアップ。05年2月末まで期間限定で発売された「フェアレディZ 35th Anniversary」の高回転チューンユニットをベースに、吸気効率の向上やバルブタイミング機構のチューンなどにより、最高出力を294ps/6400rpmに高めた。最大トルクは35.7kgm/4800rpmと、1.3kgmのマイナス。レブリミットは7000rpmまで余裕があり、エンジンを回して楽しめる仕様である。エンジンが変更されたのは6MTのみで、5AT仕様のアウトプットは280ps、37.0kgmと変わらない。
加えて、ショックアブソーバーの変更や、車速感応式パワーステアリングを採用し、クルマ全体のパフォーマンスを高めたと謳われる。




外観は、フロントバンパーやヘッドランプなどを変更。インテリアは、アルミパーツを拡大採用したほか、手が触れる部分をソフトにするなど、日産が標榜する“感じる質感”「パーシブドクオリティ」を向上したという。

価格は、クーペが332万8500円から395万8500円まで。ロードスターは385万3500円から448万3500円まで。これまでより、約10万円お高い。

(webCGオオサワ)

日産・フェアレディZ:
http://www2.nissan.co.jp/Z/

関連キーワード:
フェアレディZ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記