最高出力294psの高回転ユニット搭載! 「日産フェアレディZ」マイナーチェンジ

2005.09.09 自動車ニュース

最高出力294psの高回転ユニット搭載! 「日産フェアレディZ」マイナーチェンジ

日産自動車は「フェアレディZ」をマイナーチェンジ。6MTモデルの最高出力を従来の280psから294psに引き上げたほか、足まわりを強化するなどパフォーマンスを向上。2005年9月8日に発売した。




今回のマイナーチェンジで、エンジンのパワーをアップ。05年2月末まで期間限定で発売された「フェアレディZ 35th Anniversary」の高回転チューンユニットをベースに、吸気効率の向上やバルブタイミング機構のチューンなどにより、最高出力を294ps/6400rpmに高めた。最大トルクは35.7kgm/4800rpmと、1.3kgmのマイナス。レブリミットは7000rpmまで余裕があり、エンジンを回して楽しめる仕様である。エンジンが変更されたのは6MTのみで、5AT仕様のアウトプットは280ps、37.0kgmと変わらない。
加えて、ショックアブソーバーの変更や、車速感応式パワーステアリングを採用し、クルマ全体のパフォーマンスを高めたと謳われる。




外観は、フロントバンパーやヘッドランプなどを変更。インテリアは、アルミパーツを拡大採用したほか、手が触れる部分をソフトにするなど、日産が標榜する“感じる質感”「パーシブドクオリティ」を向上したという。

価格は、クーペが332万8500円から395万8500円まで。ロードスターは385万3500円から448万3500円まで。これまでより、約10万円お高い。

(webCGオオサワ)

日産・フェアレディZ:
http://www2.nissan.co.jp/Z/

関連キーワード:
フェアレディZ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
  • 新型「GTR」、最高出力は450psでキマリ!? 2007.3.16 自動車ニュース 2007年4月のニューヨークショーで、スカイライン「G37スポーツクーペ」がデビュー。そこから見えてくる新型「GTR」の姿とは? アメリカからのリポート。
  • 日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2009.8.20 試乗記 日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)
    ……527万8350円

    新型「フェアレディZ」に、ド派手なエアロで武装したスペシャルバージョンが登場。日産のモータースポーツ部門「NISMO」の名を冠するニューモデルの走りや、いかに?
  • マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」を一部改良 2018.6.7 自動車ニュース マツダは2018年6月7日、「ロードスター」および「ロードスターRF」を一部改良するとともに、ロードスターに特別仕様車「キャラメルトップ」を設定し、同年7月26日に発売すると発表した。
ホームへ戻る