最高出力294psの高回転ユニット搭載! 「日産フェアレディZ」マイナーチェンジ

2005.09.09 自動車ニュース

最高出力294psの高回転ユニット搭載! 「日産フェアレディZ」マイナーチェンジ

日産自動車は「フェアレディZ」をマイナーチェンジ。6MTモデルの最高出力を従来の280psから294psに引き上げたほか、足まわりを強化するなどパフォーマンスを向上。2005年9月8日に発売した。




今回のマイナーチェンジで、エンジンのパワーをアップ。05年2月末まで期間限定で発売された「フェアレディZ 35th Anniversary」の高回転チューンユニットをベースに、吸気効率の向上やバルブタイミング機構のチューンなどにより、最高出力を294ps/6400rpmに高めた。最大トルクは35.7kgm/4800rpmと、1.3kgmのマイナス。レブリミットは7000rpmまで余裕があり、エンジンを回して楽しめる仕様である。エンジンが変更されたのは6MTのみで、5AT仕様のアウトプットは280ps、37.0kgmと変わらない。
加えて、ショックアブソーバーの変更や、車速感応式パワーステアリングを採用し、クルマ全体のパフォーマンスを高めたと謳われる。




外観は、フロントバンパーやヘッドランプなどを変更。インテリアは、アルミパーツを拡大採用したほか、手が触れる部分をソフトにするなど、日産が標榜する“感じる質感”「パーシブドクオリティ」を向上したという。

価格は、クーペが332万8500円から395万8500円まで。ロードスターは385万3500円から448万3500円まで。これまでより、約10万円お高い。

(webCGオオサワ)

日産・フェアレディZ:
http://www2.nissan.co.jp/Z/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る