ルノーの7人乗りマルチパーパスビークル「グラン セニック」発売

2005.09.09 自動車ニュース

ルノーの7人乗りマルチパーパスビークル「グラン セニック」発売

ルノー・ジャポンは、3列シート7人乗りのマルチパーパスビークル「グラン セニック」を、2005年9月9日に発表。同月20日に発売する。




「グラン セニック」は、ハッチバック「メガーヌ」をベースにつくられた、3列7人乗りのマルチパーパスビークル。フランスには、ホイールベースがメガーヌツーリングワゴンと同じ2685mmの「セニック」もあるが、日本に導入されるのは、2735mmとさらに長い「グラン セニック」だ。




日本でのラインナップは2リッターモデルのみで、ラインナップは標準「2.0」とパノラミック電動ガラスサンルーフを備えた「2.0 グラスルーフ」の2種類。価格はそれぞれ279万8250円と309万150円だ。「VWゴルフトゥーラン」が、1.6リッターモデル「E」で271万円だから、“戦略的な価格設定”である。




グラン セニックは、休暇に1000km以上のドライブを楽しむ「フレンチ・スタイル・バケーション」に最適なクルマとして、欧州で人気だという。「明るく開放的」と謳われるインテリアに、3列7人乗りのシートレイアウトを採用。3列目は床下に収納可能、2列目はフォールディングに加え取り外しもでき、荷室容量は200リッターから、最大1920リッターまで拡大できる。シートレイアウトの豊富さや積載性に加え、2.0グラスルーフには16個、標準グレードで12個の収納スペースが備わるなど、使い勝手の高さもジマンだ。




パワートレインは、メガーヌなどが積む2リッター直4(133ps/5500rpm、19.5kgm/3750rpm)に4段ATの組み合わせ。装備品は、雨滴感知式オートワイパーやバックソナーほかを標準装備。ESPはもちろん、6エアバッグなど、安全装備も充実する。ユーロNCAP5つ★の衝突安全性を誇る。

(webCGオオサワ)

ルノー・ジャポン:
http://www.renault.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セニックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2016の会場から(その19) 2016.3.8 画像・写真 ルノーは第86回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2016年3月1日~3月13日)で、新型「セニック」や「メガーヌ エステートGT」を発表した。同社のブースの様子を画像で紹介する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • 地中海の色をイメージした「ルノー・カングー」発売 2017.2.23 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月23日、マルセイユから見渡す地中海の色をイメージしたボディーカラーをまとう、「カングー」の特別仕様車「クルール」を設定。同日、販売を開始した。
ホームへ戻る