【スペック】全長×全幅×全高=4350×1840×1485mm/ホイールベース=2640mm/車重=1330kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC 16バルブ(145ps/6000rpm、18.9kgm/4500rpm)/価格=270万円(テスト車=同じ)

フォード・フォーカス 2.0(4AT)【試乗速報】

痛し痒し 2005.09.08 試乗記 フォード・フォーカス 2.0(4AT)……270万円欧州でベストセラー、世界で75以上の賞を受け、6年で約400万台を販売した、Cセグメントハッチ「フォード・フォーカス」の2代目に乗った。

ベストセラーの2代目

フォード・フォーカスは、欧州ではゴルフ並みにメジャーなコンパクトハッチのひとつ。1998年に初代がデビューして以来、6年で約400万台を売った、フォードいわく「ベストカー」で、99年には欧州カー・オブ・ザ・イヤー、00年には北米でも同賞を受けた。日本では“ゴルフ並み”にピンとくるほどではなく、際だつ華やかさもないけれど、先代は特に、足腰のしっかり感に瞠目するようなクルマである。自動車メーカーが新車開発にあたり、「フォーカスをベンチマークに」したという話を、しばしば聞いた。足腰がイイ、つまり、ボディやらサスペンションなどが「ちゃんとつくられたクルマ」ということだ。

ベストセラーの後継は、「新しいベンチマーク」「すべてにおいて、ひとクラス上の価値を与えた」という。開発コンセプトは「DCD-Q」。「Dependable(信頼できる)」「Contemporary(現代的な)」「Driving−Quality(ドライビング・クオリティ)」である。

「短い時間で、クルマのすべてを説明するのは困難ですから……」と前置きして、プロジェクト・マネージャーのイアン・ティグマン氏が熱心に解説したのは、足まわりだった。ボディとサスペンションの剛性アップ、「フォーカスRS」用に開発されたブッシュを奢るなどして、「安定した信頼のおける足腰と、快適な乗り心地を追求した」と語る。フロントが50mm、リアは55mm拡大されたトレッドや、それを受けて1840mmと幅広になったボディサイズも、そのため。ちなみに、ユーロNCAPで5★の安全性もジマンだ。

大盛り作戦か?

広く大きく頑丈にする、「“大盛り作戦”ですか……」なんて思いつつ、駐車場に並んだ試乗車に乗り込もうとしたら、隣のフォーカスとのクリアランスが狭く、ドアを開けるのに気を遣う。幅については、“てんこ盛り”に近いかもしれない。見切りは悪くなく、走らせるのにことさら緊張するワケでもないが、たとえば、レーンの真ん中にクルマを走らせ、左側のドアミラーを見ると、道路きわの近さにちょっと驚く。

ただ、ワインディングロードに入ると、安心きわまりない足腰の持ち主であることに感心した。ステアリングホイールを切ったぶんだけ曲がり、しかも全然コワくない。2リッター+4ATだけに、動力性能に目立つトコロはないけれど、下り坂はかなり速い! 調子に乗って「……あ、アンダー(ステア)でちゃったかも」と冷や汗かいても、アクセルオフで曲がり、4チャンネルESPが介入するのは本当にアブないときだけ。ドライバーの“いたずら心”も満足させてくれる。電子油圧式パワーステアリングは適度に軽く、フィールも上々。しっかり感がある一方、先代よりしなやかで、乗り心地は格があがった。

でも、大盛りである。乗ってみれば、車幅についてそれほど気にならなかったし、室内が左右に広くなったのも歓迎。とはいえ「気になるヒトも、多かろう」というのが、正直な感想だった。「乗るとイイんだけどなぁ」とも思いながら。
そういえば、装備品もかなり奢られた。2リッターは、運転席6ウェイパワーシートや6連奏CDチェンジャー+8スピーカー、オートランプ&ワイパーなど、快適装備に事欠くことはない。リアハッチゲートに電子スイッチが装着され、インパネのスイッチをいちいち押さずとも、荷室にアクセスできるようになったのも気が利いている。けど、「価格が270万円かぁ」と考えると、また、“大盛り”がアタマをよぎる。
痛し痒しとは、こういうことを言うんでしょうか……。

(文=webCGオオサワ/写真=荒川正幸、高橋信宏(T)/2005年9月)

(T)

(T)
全長×全幅×全高=4350(+180)×1840(+130)×1485(+5)mm、ホイールベース=2640(+25)mmに拡大。室内はもちろん、荷室は385リッターに拡大された。
ルーフからテールエンドへのラインが、ちょっと「エスコート」を彷彿とさせる。リアのスポイラーはダウンフォースを生み、高速での安定性に寄与するという。

全長×全幅×全高=4350(+180)×1840(+130)×1485(+5)mm、ホイールベース=2640(+25)mmに拡大。室内はもちろん、荷室は385リッターに拡大された。
    ルーフからテールエンドへのラインが、ちょっと「エスコート」を彷彿とさせる。リアのスポイラーはダウンフォースを生み、高速での安定性に寄与するという。


フォード・フォーカス 2.0(4AT)【試乗速報】の画像
(T)

(T)


フォード・フォーカス 2.0(4AT)【試乗速報】の画像
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る