【スペック】12E:全長×全幅×全高=3725×1660×1525mm/ホイールベース=2430mm/車両重量=950kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4DOHC16バルブ(90ps/5600rpm、12.3kgm/4000rpm)/価格=122万3250円(テスト車=149万1000円)

日産マーチ12E(FF/4AT)/12SR(FF/5MT)【試乗記】

昔ながらの「運転する楽しみ」 2005.09.06 試乗記 日産マーチ12E(FF/4AT)/12SR(FF/5MT)……価格=149万1000円/208万4250円「ファッションをシフトする」と題して、コンパクトカー「マーチ」のマイナーチェンジが行われた。欧州でも大人気のこのクルマ、主力の1.2リッターグレード2台を試乗した。
マイナーチェンジにより、シート形状があらためられ、シートクロスと同素材のドアトリムも与えられた。写真は「MARCH」のロゴをモチーフにした柄が配された「シグネチャーパッケージ」装着車。

マイナーチェンジにより、シート形状があらためられ、シートクロスと同素材のドアトリムも与えられた。写真は「MARCH」のロゴをモチーフにした柄が配された「シグネチャーパッケージ」装着車。
写真は「12E」の1.2リッターエンジン(90ps、12.3kgm)。追加された1.5リッターは109ps、15.1kgmというスペック。

写真は「12E」の1.2リッターエンジン(90ps、12.3kgm)。追加された1.5リッターは109ps、15.1kgmというスペック。

イメージを崩さない変更

マーチが小変更を受けた。といっても外観上の変化は小範囲で、フロントグリル、前後バンパー、リアコンビランプの手直し程度。
内装はシート形状の改良やクロスの一新など実質面の高級化、またボディカラーにチャイナブルーなどの新色も加わった。機構面ではティーダやノートでもお馴染みの、HR15DE型1.5リッターエンジンが追加され、1.2と1.5にあわせて4WD仕様専用の1.4と、ラインナップの充実が図られた。なお、3ドアはラインナップから姿を消している。

マーチは丸っこく可愛らしい外観をはじめ、欧州製小型車に匹敵するほどの存在感がある。登場初期には電動パワーステアリングの操舵感や固い乗り心地など、やや洗練度に欠ける仕上がり具合であったが、販売が軌道に乗ってくるにしたがい順次微修正され、今回はそれより少し大がかりながら、基本的なイメージを崩さない範囲で変更がおこなわれた。



日産マーチ12E(FF/4AT)/12SR(FF/5MT)【試乗記】の画像
【12E オプション内容】
インテリジェントキー+カラードドアハンドル=31500円/シンプルナビゲーションシステム(DVD方式)=12万6000円/キセノンヘッドランプ(オートレベライザー付き)=6万3000円/15インチアルミロードホイール&175/60R15 81Hタイヤ=7万3500円/シグネチャーシート+リア可倒式シート+助手席シートアンダートレイ+シートバックポケット=3万6750円

【12E オプション内容】インテリジェントキー+カラードドアハンドル=31500円/シンプルナビゲーションシステム(DVD方式)=12万6000円/キセノンヘッドランプ(オートレベライザー付き)=6万3000円/15インチアルミロードホイール&175/60R15 81Hタイヤ=7万3500円/シグネチャーシート+リア可倒式シート+助手席シートアンダートレイ+シートバックポケット=3万6750円

気持ちのいい操舵感

まずこのクルマは、日常性能が一番気掛かりな点であるからそこからチェックしていこう。
乗り心地はフンワリしたソフト感こそないものの、ゴツゴツとした安手の硬さはなくなり、しっかり路面からの入力を収め、姿勢をフラットに保とうとする。つまり常識的ながら不満のない、良好な乗り心地のレベルに達している。

パワーステアリングの感触はより自然になり、これまでのように路面の凹凸を拾いチョロチョロ乱れる癖はなくなり、軽く保舵したままで直っすぐ走る。ラックのフリクションも低減され復元性は良好、曲がり切ってから手を離すとスルスルと素直に直進に戻る。電動モーター部分の慣性はまだ少し感じられ、ゴローンとした一種の重さはあるものの、総じて軽めの操舵力と遅れの少ない復元性により、気持ちのいい操舵感を実現している。

新しいデザインのシートは座り心地もよく、ノーマル状態では座面の後傾角もまずまず。ハイトを上げると後部が上がる機構上、平らな腰掛け的になるから長時間は不利ながら、明るいアイスブルーの色調は夏でも涼しげに過ごせそう。

【スペック】
12SR:全長×全幅×全高=3735×1670×1505mm/ホイールベース=2430mm/車両重量=960kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6900rpm、13.7kgm/3600rpm)/価格=176万4000円(テスト車=208万4250円/キセノンヘッドランプ(オートレベライザー付き)+オートライトシステム+大容量グローブボックス=7万3500円/プライバシーガラス=3万1500円/プラズマクラスターイオンフルオートエアコン=4万7250円/シンプルナビゲーションシステム(DVD方式)=14万7000円/SR専用ストラットタワーバー=2万1000円)

12SRはチューンドサスペンションやボディ補強などが特別に施されたスポーティグレード。今回のマイナーチェンジで、1.5リッター+CVTの「15SR-A」グレードも追加された。

シニアの好き者にも

MT車が少なくなっている今、「12SR」は限られたパワーを引き出して運転する楽しみを満たしてくれる数少ないクルマだ。ただし欲をいえば、ギア比が昔の「日産サニーVR」などのように、クロースレシオとなっているのが好ましいが、まあ現代のユーザーにはクラッチがついているだけで恩の字かもしれない。絶対的なパワーは排気量なりに限られるものの、気持ちよく上まで回してシフトしていく楽しみはあるわけだから。

サスペンションも硬すぎずほどほどの節度をもった接地性のいいもので、重量1トンを切るクルマ特有の身軽で軽快な動きが味わえる。185/55R15という太いタイヤを履いてはいるが、ボディもサスペンションも剛性的に許容している。

このクルマは若者だけでなくシニアの好き者にも、昔ながらの楽しみを思い出させてくれる。

(文=笹目二朗/写真=荒川正幸/2005年9月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
ホームへ戻る