「スズキ・ワゴンR」の“顔”を変更

2005.09.05 自動車ニュース
 

「スズキ・ワゴンR」の“顔”を変更

スズキは、軽乗用車「ワゴンR」をマイナーチェンジ。外観に一部変更を施すとともに、環境性能を高め、2005年9月2日に発売した。



 

スズキの大黒柱、セミトールワゴンの先駆けたる「ワゴンR」がマイナーチェンジを受けた。今回の変更で、「リミテッド」シリーズや直噴ターボを積む「RR-DI」のフロントグリルや前後バンパーを一新。インテリアは、全車明るいグレー(RR-DIは濃いガンメタリック)を採用するなどした。
環境性能は、「FT」「FT-Sリミテッド」の4WD仕様をのぞく全車が、グリーン税制の対象車となった。

(webCGオオサワ)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る