【スペック】SC430:全長×全幅×全高=4535×1825×1355mm/ホイールベース=2620mm/車重=1730kg/駆動方式=FR/4.3リッターV8DOHC32バルブ(280ps/5600rpm、43.8kgm/3400rpm)/価格=680万円(テスト車=同じ)

レクサスSC430(FR/6AT)/GS350(FR/6AT)/GS430(FR/6AT)【試乗速報(前編)】

日本プレミアムの華と誇り(前編) 2005.09.03 試乗記 レクサスSC430(FR/6AT)/GS350(FR/6AT)/GS430(FR/6AT)ついに日本に上陸した「レクサス」は、まず「GS」と「SC」の2車種のラインナップから出発する。「レクサスカレッジ」で行われた試乗会から、2回にわたって速報する。

 

 

意外な人気

富士スピードウェイの中に設けられた「レクサスカレッジ」で行われた試乗会で、朝一番に乗ったのは「SC430」である。2005年8月30日に「レクサス」が開業し、ブランニューカーとして注目を集めているのは「GS」なのだが、「トヨタ・ソアラ」のマイナーチェンジ版であるSCを敢えて選んだのには理由がある。新たに設定された「プレミアムイエローグリーン」という外装色が気になっていて、どうしてもその色のSCに乗りたかったのだ。

ソアラは1981年に初代がデビューした「高級パーソナルカー」だが、メタルトップを備えたオープンカーとして2001年に登場した4代目は、それまでとはまったくイメージを異にしていた。それどころかトヨタのほかのどのクルマとも共通性のないデザインで、実用性などいっさい顧慮しない潔さに拍手を送ったものである。華やかさということでは、トヨタの歴史の中で特筆されるべきモデルだったのだ。

日本でのレクサス開業にあたり、「アリスト」後継たるGSと「アルテッツァ」を継ぐ「IS」に加えSCが用意されたわけだが、細部をリデザインしたとはいえ、ソアラと変わらない姿をしたモデルでは「正直キビシいかな」と心配していた。しかし、開業当日に年内分を売り切ってしまうディーラーが続出するという人気ぶりなのである(月販目標は合計100台なので、1ディーラーあたりの割り当ては月1〜2台ではあるが)。


 
コスモシルバーをまとうSC430。「8コート塗装」とはその名の通り、ボディカラーやコーティングなどの行程を8回行う、手の込んだ塗装方法だ。オプションで15万7500円なり。
 

うれしい色がいっぱい

それもわかるのだ。デビューから4年を経ても、存在感は色あせていない。「走り」にフォーカスしたGS、ISに対し、SCは「レクサスの華」と位置づけられているのもむべなるかな、である。こういうどこか浮世離れしたクルマは、思い切りスカして乗らなくちゃいけない。無難な色とか流行色なんて選ばずに、ちょっと気恥ずかしくなるぐらいの派手なカラーをまとうのがいい。プレミアムイエローグリーンのほかにも、ライトブルーメタリックとかブラキッシュレッドマイカとかのとんがった色がそろっていて、うれしくなる。贅沢な「8コート塗装」のコスモシルバーにド派手な赤の内装を組み合わせるのもいい。

内装といえば、シートに使われる「セミアニリンレザー」が素晴らしい。しっとりとした風合いで柔らかく身体を包み込まれるのは、この上ない快感だ。「厳選した皮革を丁寧になめした」というだけあって繊細な感触だが、いかにも耐久性は低そうだ。しかも、試乗車に設定されていた「エクリュ」が汚れに弱いのは明白だから、神経を使うことになるだろうと心配になる。もちろん、泥のついた服で乗るようなクルマではないのだから、大きなお世話なのである。


 

 

足まわりより、大切なことがある

ソアラの弱点は、なんといっても貧弱な足まわりだった。ブレーキングでは大きくダイブし、コーナーでは本当にクリアしていけるのか確信を持てない。シャシーの剛性は決して低いとは感じないが、どうもボディの上下が別々に動くように思えた。SCでは新たに高性能なダンパーを採用し、「フラットな乗り心地」「高い路面追従性」を実現したという。大きな期待を胸に、試乗を開始した……が、基本構造を変えずに劇的に性能が向上するなんて甘いことを考えてはいけないのだった。特に、GSのピシッとした走りっぷりを試してしまうと、どうにも古さは否めない。

イヂワルを言って申し訳ない。そんなことはSCの価値を下げたりはしない。遠くから姿を眺めて、美しさにうっとりする。シートに収まって、プレミアムな空間に包まれていることに陶酔する。トップを開け放って、自分がクルマと一体となって都市の風景となっていることを自覚する。あとは風を感じながら、ゆったりとドライブを楽しめばいい。

だから、日本のレクサス開業にあたってSCがラインナップされたことは寿ぐべきことなのだ。高性能は確かに喜ばしいが、それだけではあまりに寂しい。「華」とともに新たなブランドが誕生したことは、これからのレクサスにとって小さくない意味があると思う。(後編につづく)

(文=NAVI鈴木真人/写真=峰昌宏/2005年9月)

・レクサスSC430(FR/6AT)/GS350(FR/6AT)/GS430(FR/6AT)(後編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017118.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • レクサスIS250C“バージョンL”(FR/6AT)【ブリーフテスト】 2009.7.28 試乗記 ……589万2850円
    総合評価……★★★

    もっとも新しい“オープン・レクサス”「IS250C」。リトラクタブルハードトップを得た走りは、どのようなものなのか? 初夏の箱根でテストした。
  • レクサスIS250C“バージョンL”(FR/6AT)【試乗記】 2009.6.1 試乗記 レクサスIS250C“バージョンL”(FR/6AT)
    ……582万6700円

    “インテリジェントスポーツ”たる「レクサスIS」が、開閉可能なメタルトップを獲得。オープンバージョンとなった新型の乗り味を、ワインディングロードで試した。
  • レクサスIS350C(FR/6AT)【試乗記】 2010.12.19 試乗記 レクサスIS350C(FR/6AT)
    ……669万3500円

    レクサスISのオープンモデルに追加された3.5リッターモデル「IS350C」。パワーアップしたことで走りや乗り心地はさらに快適に……と思った筆者だったが。
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス ステーションワゴン」発表会の会場から 2016.11.29 画像・写真 メルセデス・ベンツ日本は新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表した。また、クリスマスイベントとして「Mercedes-Benz Connection NEXTDOOR Star Garden」をオープンする。発表会の様子を画像で紹介する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る