アウディの主力「A4」シリーズの装備を充実

2005.09.02 自動車ニュース

アウディの主力「A4」シリーズの装備を充実

アウディジャパンは、アウディの主力「A4」と、スポーティ版「S4」シリーズの標準装備を充実させ、2005年9月1日に発売した。

目玉は、2リッターモデル「A4 2.0」(セダン/アバント)に、電動シート&ランバーサポートやオンボードコンピューターなどがセットになった14万円のオプション装備「プラスパッケージ」を標準化しつつ、車両価格を据え置きにしたこと。ほかにも、直噴ターボを搭載する「TFSIクワトロ」は、電動シート&ランバーサポート、7アームアルミホイールという、29万円相当のオプションを標準で備え、価格を3万円アップするなどした。
S4シリーズは、アダプティブヘッドライトを標準装備とし、価格を4万円引き上げた。

A4は、アウディジャパン全体の販売のうち、約50%を占める重要モデル。「BMW 3シリーズ」や、近々日本に導入されるであろう新型「フォルクスワーゲン・パサート」など、A4のセグメントは競争が激化しつつあり、今回の装備充実によってA4シリーズの商品力を高めることが狙いだという。

(webCGオオサワ)

アウディジャパン:
http://www.audi.co.jp/

 
アウディの主力「A4」シリーズの装備を充実の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • 「アウディTT」にスポーティーさを強調した限定車登場 2017.7.11 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年7月11日、コンパクトスポーツカー「TTクーペ」に特別仕様車「lighting style edition(ライティングスタイルエディション)」を設定し、110台の台数限定で発売した。価格は529万円。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る