アウディの主力「A4」シリーズの装備を充実

2005.09.02 自動車ニュース

アウディの主力「A4」シリーズの装備を充実

アウディジャパンは、アウディの主力「A4」と、スポーティ版「S4」シリーズの標準装備を充実させ、2005年9月1日に発売した。

目玉は、2リッターモデル「A4 2.0」(セダン/アバント)に、電動シート&ランバーサポートやオンボードコンピューターなどがセットになった14万円のオプション装備「プラスパッケージ」を標準化しつつ、車両価格を据え置きにしたこと。ほかにも、直噴ターボを搭載する「TFSIクワトロ」は、電動シート&ランバーサポート、7アームアルミホイールという、29万円相当のオプションを標準で備え、価格を3万円アップするなどした。
S4シリーズは、アダプティブヘッドライトを標準装備とし、価格を4万円引き上げた。

A4は、アウディジャパン全体の販売のうち、約50%を占める重要モデル。「BMW 3シリーズ」や、近々日本に導入されるであろう新型「フォルクスワーゲン・パサート」など、A4のセグメントは競争が激化しつつあり、今回の装備充実によってA4シリーズの商品力を高めることが狙いだという。

(webCGオオサワ)

アウディジャパン:
http://www.audi.co.jp/

 
アウディの主力「A4」シリーズの装備を充実の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
ホームへ戻る