【カーナビ&オーディオ】携帯電話でカーナビができるauの「EZ助手席ナビ」

2005.09.02 自動車ニュース

【カーナビ&オーディオ】携帯電話でカーナビができるauの「EZ助手席ナビ」

KDDIは、au携帯電話の新サービスとして「EZ助手席ナビ」を発表、2005年9月8日より提供開始する。助手席ナビとはどういうものか「カーナビ&オーディオの達人」編集長オザワがご報告する。

■たまにしか利用しない人にもオススメ

auといえば、GPSを携帯電話に初めて搭載したキャリアー。国内いや世界初のGPS携帯の投入というだけでなく、GPSと地図を連動させたサービスをいくつも実用化して「GPS携帯のau」の名を確立している。最近では歩行者用ナビとして「EZナビウォーク」がポピュラーなツールとなっていることはご存知だろう。今回発表された「EZ助手席ナビ」は一言でいえば、歩行者用のEZナビウォークに対して、クルマ用のナビゲーションを携帯で実現した、というものである。しかも、両者は連携することが可能で、目的地に近い駐車場にクルマを置いたらそのあとは「EZナビウォーク」に切り換え、最後の地点まで案内することもできる、まさにドア・トゥ・ドアのナビゲーションが誕生したわけである。

クルマ用のナビなら誰でもカーナビが思い浮かぶが、カーナビは安くなったといっても絶対的にはまだ高い。カーナビはほしいけれど手が出ない、あるいはたまにしか利用しないという人には「EZ助手席ナビ」はうってつけだ。
「EZナビウォーク」の利用料金は月額315円(税込み)だが、1日157円という格安設定もある。これは1日24時間しか使えないが、たまにしか使わないという人でも気軽に使えるのがいい。ただし、利用できるのはその名のとおり、助手席に座ってくれる人がいる場合に限られる、らしい。

■GPS内蔵携帯であればすぐ使える

携帯を使ってカーナビするというのは、「EZ助手席ナビ」が初めてではない。じつはすでにオートバックスとボーダフォンとのジョイントで「ドライブステーション」という商品が発売されている。これはまさに携帯をカーナビ代わりに使うというものだが、やはり携帯の画面はドライバーが見るには小さすぎるし、いろいろ専用器具を買わなければならないという煩わしさがあり、ブレークするには至っていない。
「EZ助手席ナビ」がこれと根本的に違うのは、ドライバー用ではなく、あくまで助手席の人が見るためのものと割り切っているところにある。また、通常のアプリ・サービスと同様に、GPS内蔵携帯であれば利用料金だけですぐにサービスが受けられる簡便性もEZ助手席ナビならでは。

発表会のあとにお台場周辺で試乗体験をした。まずナビゲーションの設定項目を見て驚いた。なかなか本格的なのである。たとえば検索は「名称」や「住所」「電話番号」や「カテゴリー選択」などから目的地が選べ、案内ルートも「一般・有料道優先」「距離優先」といったように、細かく設定でき、まるで高性能カーナビ並み。もちろん音声案内もしてくれる。表示も、地図上にルートを引く案内のほかに「ターンバイ表示」といって進む方向の矢印だけを大映しにするモードもある。小さな画面の携帯でもこれなら一目でわかりやすい。

■体験を終えて興味はつのる

これら検索やルート探索はauのセンターで行うのだが、このセンターではVICSによる渋滞情報も全国レベルで持っている。つまり「EZ助手席ナビ」で引くルートは、この渋滞情報を加味した渋滞回避ルートなのだ。これはカーナビでも一部の通信型でしかできていない最先端のものである。

動きは思っていた以上にスムーズで、たまに道路から外れることもあったが、この日は車両の後席で携帯を持ってのことだから無理もない。なぜなら頭上には屋根があり、それがGPS電波を遮るからなのだが、そんな状態でもなんとか受信できてしまうところはカーナビ以上かも。通常の使用ではもっといい状態で受信できるだろう。

ひとつ疑問。「助手席ナビ」なのだから、筆者のように助手席に座る人がいない場合はどうすればいいのだろう? たしかに、ドライバーが小さな画面を凝視するのは危険である。だが、この日の体験を終えて興味はつのる一方。どこかの携帯電話メーカーさん、折り畳み式、あるいはロールアップ式の大型モニター付き携帯を作ってくれませんか?

(文&写真=尾沢英彦)

【カーナビ&オーディオ】携帯電話でカーナビができるauの「EZ助手席ナビ」の画像



【カーナビ&オーディオ】携帯電話でカーナビができるauの「EZ助手席ナビ」の画像



【カーナビ&オーディオ】携帯電話でカーナビができるauの「EZ助手席ナビ」の画像

案内地点が近づくと、残りの距離に応じて背景の色が変わる。

案内地点が近づくと、残りの距離に応じて背景の色が変わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。