【スペック】全長×全幅×全高=3800×1695×1520mm/ホイールベース=2460mm/車重=1050kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.4kgm/4400rpm)/159万6000円(テスト車=184万9050円)

トヨタ・ヴィッツRS (5MT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ヴィッツRS (5MT) 2005.08.30 試乗記 ……184万9050円総合評価……★★★6年ぶりにフルモデルチェンジを受けた「トヨタ・ヴィッツ」。唯一マニュアルトランスミッションが設定される、1.5リッターのスポーティグレード「RS」に乗った。


何かがたりない

「RS」というグレード名や、スポーツ指向のドライバーが好みそうな数々の専用装備、そして、シリーズ中、唯一マニュアルギアボックスが用意されるということもあって、期待を膨らませて臨んだヴィッツRSの試乗。しかし、実際に乗ってみると、多少肩透かしの感がある。
たしかにスポーティなグレードとしての演出はなされているが、エンジンはノーマルだし、とくに軽量化が図られているわけでもない。スポーティな装備はうれしいが、走って楽しいかというと、そうでもない。多少不便でも、快適性が犠牲になっても、ドライバーに訴えてくる何かがあればいい、という硬派な人には物足りないかもしれない。余裕をもってスポーティな気分を楽しみたい人にはいい選択だろう。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1999年1月に誕生したトヨタの世界戦略コンパクトカー。国内市場では「カローラ」に次ぐ量販モデルであり、ヨーロッパでも「ヤリス」の名で広く浸透してきた。2005年2月にフルモデルチェンジされ、5ドアのみとなった。プラットフォームは新開発。広い室内と走行性能の向上を実現するため、ホイールベースとトレッドを拡大し、先代比で幅は35mm広く、ほぼ5ナンバー枠いっぱい。全長は110mm、ホイールベースは90mm長い。
エンジンは1リッター、従来からのキャリーオーバーとなる1.3リッターと、1.5リッターの3種類で、トランスミッションは、FFがCVT、4WDは4段ATが基本。スポーティグレード「RS」には、5段MTが設定される。
(グレード概要)
グレードは、新開発の1リッターモデル「B」から、中核「F」、豪華装備の「U」、そして「RS」が従来と同じ。新たに、パワーに余裕を持たせた1.5リッターモデル「X」が加わり、全5グレード。
テスト車の「RS」は、スポーティモデルとして専用エンブレム、専用エアロパーツ、オプティトロンメーター、本革巻きステアリングホイール、スポーツシートなどが装着される。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
ダークグレーのダッシュボードに、専用の“漆黒調”センタークラスターを配したRSのインテリアはとても精悍な雰囲気だ。
文字盤がオレンジ色に光る“オプティトロンメーター”も専用のデザイン。他のグレード同様、メータークラスターはダッシュボード中央にあり、しかもレヴカウンターは左側にあるため、エンジン回転数をチェックするには見にくいし、どうしても視線を逸らさねばならないのが辛い。
(前席)……★★★
専用のスポーツシートを備えるRSのコクピット。シートはクッション、シートバックともファブリック生地の張りが適度で硬すぎず、また、サイドサポートも窮屈な印象はない。
一方、ドライビングポジションがいまひとつ決まらないのは不満な点。シートを低い位置にしてスライドを合わせるとステアリングが遠く、それを解消するにはシートを上げてやる必要があるが、そうするとペダルを踏み降ろす感じで、しっくりしないのだ。一部グレードに用意されるステアリングのテレスコピック調整機構がほしい。
スポーツモデルらしく、ステアリングホイールは本革巻き。シフトレバーも本革巻きだが、シフトそのものはストロークが長く、カチっという感触がないのも残念だ。
(後席)……★★★
グレードによっては、スライド機構も備わるヴィッツのリアシートだが、このRSはリクライニングのみで、しかも、バックレストは一体型だ。
バックレストに浅いくぼみがあるおかげで、見た目よりも落ち着いた姿勢がとれるのは意外な点。乗員のためのスペースも十分確保されていて、足元や頭上の広さに不満はない。
(荷室)……★★★
ラゲッジルームは、ボディサイズのわりにうまく幅を稼ぎ出しているが、奥行きはサイズ相応というところ。もちろんリアシートを畳んで、荷室を拡大することはできるが、シートバックが一体式なのと、シートクッションを跳ね上げることもできないので、使い勝手はいまひとつ。せめてダブルフォールディング機能だけでも付けてほしかった。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
スタートボタンで目覚める1.5リッターエンジンは、アイドリングこそ静かだが、走り出せばそのサウンドがエンジンの存在を声高に主張する。
最高出力110ps、最大トルク14.4kgmのスペックを持つ1.5リッターエンジンは、街中や高速道路を乗るには余裕の性能だが、ワインディングロードの登りで物足りなさを覚えるのも事実だ。回せば4000rpmから6000rpmあたりの高回転で盛り上がりを見せるが、回して気持ちのいいタイプではないし、エンジン音も大きめなので、高回転を保ち続けようという気にはならなかった。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
コンパクトカーらしからぬ重厚な乗り心地はこのヴィッツの美点。195/50R16サイズのタイヤは路面の荒れを伝え、目地段差を越えたときなどもそれなりにショックを透過するが、それでも十分許容できる。高速を100km/hで巡航する限りはフラット感も合格レベルだが、路面によってはフロントを軸にリアが上下する動きが気になった。
ワインディングロードでは、高速コーナーで安定した挙動を示す一方、比較的タイトなコーナーでは意識的に向きを変えてやる必要がある。電動パワーステアリングの感触が自然なのはうれしい点だ。

(写真=高橋信宏)

【テストデータ】

報告者:生方聡
テスト日:2005年8月17日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2005年型
テスト車の走行距離:7679km
タイヤ:(前)195/50R16 94V(後)同じ(レグノBR33)
オプション装備:ヘリカルLSD(3万1500円)/スマートエントリー&スタートシステム+電気式バックドアオープナー+盗難防止システム(4万950円)/SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ+アシストグリップ一体型コートフック(6万3000円)/ワイドマルチAVステーションII(10万2900円)/ETC車載器(1万4700円)
形態:ロードインプレッション
走行形態:市街地(1):高速道路(6):山岳路(3)
テスト距離:255.3km
使用燃料:19.3リッター
参考燃費:13.2km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る