第65回:花粉症はナゼ発症するのか〜答えは日光に〜(その2)(矢貫隆)

2005.08.30 エッセイ

第65回:花粉症はナゼ発症するのか〜答えは日光に〜(その2)(矢貫隆)

日光・東照宮の門を前にズラリと並ぶ杉。建設当時、500年ほど前に静岡県から運んで植林した木々は、いまや立派な巨木となりそそり立っている。
日光・東照宮の門を前にズラリと並ぶ杉。建設当時、500年ほど前に静岡県から運んで植林した木々は、いまや立派な巨木となりそそり立っている。
第65回:花粉症はナゼ発症するのか〜答えは日光に〜(その2)(矢貫隆)の画像

■スギ花粉症の増加原因

時期はずれの話題だが、実は僕はスギ花粉症持ちである。10年近く前の春のある日、何の前触れもなく花粉症の症状がでたのが始まりだった。

「いきなり花粉症の話なんて始めて、どうしたんですか?」
実はな、A君。僕は日光にくると花粉症を思いだしてしまうんだ。
「何故!?」

スギ花粉症が日本で最初に報告されたのが日光市でのことだったからだよ。
「最初と言えば、紀元前2300年頃に栄えたバビロニアの文字に花粉症に関する記述があると聞いたことがありますが……」

物知りだな。古代ローマの時代にも花粉症はあったというから、要するに花粉症というアレルギー疾患は、もっぱら牧畜で枯れ草を扱う国では遥か昔から存在していたと言っていい。

日本で最初の花粉症の報告例は、東京でたった一例だけれどブタクサ花粉症が1961年にあった。そして、社会問題にまでなっているスギ花粉症は、それから2年後の63年、日光市で二十数例が報告されたのが最初だった。つい最近の話なのである。

「東照宮の周辺には、東照宮建設の時代、500年ほど前に静岡県から運んで植林した杉が巨木化して立ち並んでいます。だから昔からスギ花粉症のメッカだったわけですね」
人の話をちゃんと聞けよ。スギ花粉症の発見は63年で、昔の話ではない。東照宮の廊下は、春ともなればスギ花粉で黄色くなるというし、この地方の子どもたちは、戦前、スギの雄花を使った杉鉄砲で遊んだともいう。
だけれども、それでも63年までスギ花粉症は発見されていなかった。

にもかかわらず、63年以降、スギ花粉症を含む花粉症の罹患者数は年を追うごとに増えている。
日光地区(日光市および今市市)の1183人を対象として74年に実施された問診調査によれば、スギ花粉アレルギーと判断されたのは45人(3.8%)だったが、77年には5.8%に、81年には9.4%に、86年の1862人を対象とした調査では304人(16.3%)まで増えていた。

こうした傾向は東京でも同様に見られた。都の衛生局が98年にだした『花粉症対策総合報告書』は次のように書いている。
「東京都のスギ花粉症の有病率は過去10年の間に約2倍に増加し、現在およそ5人に1人がスギ花粉症患者であると推定された」

「『木の話』(※)に書いてあったとおり、戦後の拡大造林政策と、その後の林業政策の失敗で人工林は荒れ放題ですからねぇ。飛散するスギ花粉の絶対量が増えている」

確かにそれがスギ花粉症の増加原因のひとつになっている。でも、それが原因のすべてじゃない。(つづく)

(文=矢貫隆/2005年8月)

※「クルマで登山」第40回から47回にわたり取り上げた。「webCG Members」(http://www.webcg.net/WEBCG/members_top/)の「webCGアーカイブ」に収録(要ユーザーID&パスワード、登録無料!)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、 多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。 自動車専門誌「NAVI」(二玄社)に「交通事件シリーズ」(終了)、 同「CAR GRAPHIC」(二玄社)に「自動車の罪」「ノンフィクションファイル」などを手がける。 「自殺-生き残りの証言」(文春文庫)、「通信簿はオール1」(洋泉社)など、著書多数。