「日産ラフェスタ」に、お馴染み「ハイウェイスター」登場

2005.08.29 自動車ニュース

「日産ラフェスタ」に、お馴染み「ハイウェイスター」登場

日産自動車は、2リッターのコンパクトミニバン「ラフェスタ」に、スポーティな外観の「ハイウェイスター」を追加。2005年8月25日に発売した。価格はFFが212万1000円から、4WDは236万2500円。




「エルグランド」などでお馴染みの「ハイウェイスター」が、「ラフェスタ」に追加された。
エクステリアは、専用エアロパーツや16インチアルミホイールなどを採用、インテリアは専用のブラックシート、ホワイトメーターなどを装着して、スポーティに仕立てた。
加えて、前後サスペンションを専用チューニング。リアサスペンションにはリップルコントロールショックアブソーバーを採用し、操縦安定性と乗り心地を向上したという。

(webCGオオサワ)

日産・ラフェスタ:
http://www2.nissan.co.jp/LAFESTA/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)【試乗記】 2011.7.13 試乗記 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)
    ……243万750円

    「マツダ・プレマシー」の兄弟車として生まれ変わった、日産のミニバン「ラフェスタ ハイウェイスター」。クルマとしての実力は、どれほどのものなのか?
  • 日産、「ラフェスタ ハイウェイスター」FF車の装備を充実 2016.7.5 自動車ニュース 日産自動車が「ラフェスタ ハイウェイスター」の装備を強化。電動スライドドアとスライドドアイージークロージャーを全車標準装備とした。グレードによってはインテリジェントキーやキセノンヘッドランプも標準となる。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
  • スズキ・イグニス(後編) 2016.1.21 画像・写真 スズキから全長3.7mのコンパクトなクロスオーバー車「イグニス」登場。デイリーユースでの使い勝手のよさや、マイルドハイブリッドシステムの採用による高い燃費性能、そしてクロスオーバー車ならではの走破性能を併せ持つニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
ホームへ戻る