第226回:惨敗!「マーチカップ」報告 でも、練習システムはスバらしい〜!

2005.08.29 エッセイ

第226回:惨敗!「マーチカップ」報告 でも、練習システムはスバらしい〜!

(写真=日産自動車)
第226回:惨敗!「マーチカップ」報告 でも、練習システムはスバらしい〜!

■全然ダメだ〜

実は先日、久々にレースに出ちゃいました。日産さんから直々に招かれた「マーチカップ」。定番コンパクトカーによる初心者向けワンメイクレースなんだけど、その結果は……。

いやー、参った。惨敗も惨敗。出走33台中、なんと予選26位で決勝27位。トップとのラップタイム差、実に5秒以上!! 全然ダメじゃーん〜。
正直、久々にゴルフやって200叩いたような気分です。って200叩いたことなんかないんですけど〜。

なんでかなぁ。もうちょっと速いと思ってたのになぁ。考えられる原因は数々あります。ラインは今ひとつ、ハッキリ正誤がわからなかったし、加速しててもどっかアンダー出してるような出してないような。要するに全体的によくわかってないんですね、状態が。ダメダメ男クンです。

豪華な顔ぶれの講師陣。
第226回:惨敗!「マーチカップ」報告 でも、練習システムはスバらしい〜!
マンツーマンでのレクチャーや、質問もできる。贅沢です。
第226回:惨敗!「マーチカップ」報告 でも、練習システムはスバらしい〜!

■練習システムがスバらしい

しかしマーチカップの擁護をするとシステムそのものは素晴らしかった。特に練習方法ね。
実はマーチカップはほぼ毎回、決勝日の2週間ぐらい前に、決勝と同じサーキットでレーシングスクールが開かれ、しかも約3万円で出られる。

そのメニューがまたすごい。田中哲也選手や柳田真孝選手など、日産ワークスのドライバーが講師に付く! 極めつけはなんと“全車データロガー”が付けられることだ。
コレが毎回のラップタイムはもちろん、区間タイムに前後左右G、アクセルやブレーキの踏み具合、車速にエンジン回転数まで測れちゃうというスグレモノ。そのうえ、マーチカップで一番速いドライバーのデータも参考に見せてくれるのだ!! スッ、スッバらし〜。
正直、マーチは遅くてちょっとやんなっちゃったけど、このシステムはスバラしすぎると思いましたね。

(写真=日産自動車)
第226回:惨敗!「マーチカップ」報告 でも、練習システムはスバらしい〜!
自分の走ったデータとにらめっこして、分析できる。すばらし〜!
(写真=日産自動車)
第226回:惨敗!「マーチカップ」報告 でも、練習システムはスバらしい〜!

■アマチュアレースの革命

俺も何回かレーシングカートやハコのレースにトライしたことはあるんだけど、一番困るのがラップタイムはもちろん、「自分のドライビングはどこが悪いか」がわかりにくいこと。モータースポーツは他のスポーツと違って、カンタンに他の選手と比べられないし、見てもらうこともできない。結果、ただ闇雲に走り込むだけにもなりかねないのだ。
野球の練習で言えば、ひたすらいつまでもうさぎ跳びしてるようなイメージっスかね。

その点、このデータロガーがあれば、悩みはほぼ解消。だってさ。ラップに区間タイプに各部Gにペダル開度がわかれば、違いは一目瞭然。もちろん、すぐにはうまくならないだろうけど、時間の問題。センセイもつくし。ハッキリ言って、“これはアマチュアレースの革命だ”と思いました。
まさにサッカーや野球の観戦に、VTRが導入されたのと同じぐらいの革命。マジ、カネとヒマさえあればマーチカップ、いっちょ極めてやっか! ぐらいの気持ちも湧きました。でもね。どっちもないのよ〜。おほほのほ〜。
ってなわけで、ホントいいっスよ。アマチュアレースにデーターロガー! それからマーチカップ!!

(文=小沢コージ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』