「日産・マーチ」、“SHIFT_ fashion”でマイナーチェンジ

2005.08.26 自動車ニュース

「日産・マーチ」、“SHIFT_ fashion”でマイナーチェンジ

日産自動車は2005年8月25日、コンパクトカー「マーチ」をマイナーチェンジして発売した。


ボディカラーにチャイナブルーなど、4つの新色を追加。写真のインテリアは、新しいアイスブルーアイスブルー。

“SHIFT_ fashion”をテーマにする今回のマイナーチェンジは、内外装の変更が主である。加えて、「ティーダ」などが積む1.5リッター+CVTを搭載した新グレード「15E」の追加もニュースだ。

エクステリアは、フロントグリルや前後バンパー、リヤコンビネーションランプなどのデザインを変更。よりエレガントでモダンにしたという。インテリアは、シート形状とシート表皮を一新。ドアトリムにクロスを採用するなど、質感を高めた。
ほかに、オーテックが架装するスポーティモデル「12SR」が、エンジンや足まわり、ボディ剛性アップなど、ポテンシャルアップを図ったことも新しい。

価格は、1.2リッター「12B」(FF/4AT)の108万4650円から。追加された1.5リッターモデルは、「15S」(FF/CVT)の129万6750円から「15RX」の144万9000円まで。オーテックが手がける「SR」は、1.2リッター「12SR」(FF/5MT)が176万4000円、1.5リッター「15SR-A」(FF/CVT)は165万9000円となる。

(webCGオオサワ)

日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る