「キャデラック STS」装備に若干の変更

2005.08.25 自動車ニュース

「キャデラック STS」装備に若干の変更

ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンは、キャデラックのミドルクラスセダンである「STS 3.6」の装備内容を一部変更するとともに、価格を引き下げ。2005年9月3日に発売する。

「STS」のエントリーモデルとなる「STS 3.6」。今回の変更で、新たにフロントシートクーラーが標準装備に加わった。
また、17インチブライトフィニッシュアルミホイールや電動サンルーフ、リアシートヒーターのパッケージ装備に加え、標準のレザーシートよりもさらに上質というトスカーナ産の高級レザーを生地に使用した「STS 3.6 ラグジュアリー・パッケージ」が新たに設定された。
価格も改められ、「STS 3.6」は従来モデルより37.0万円安の658.0万円、「STS 3.6 ラグジュアリー・パッケージ」は701.0万円となった。

(webCG 山下)

「キャデラック STS」装備に若干の変更の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

STSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る