「キャデラック STS」装備に若干の変更

2005.08.25 自動車ニュース

「キャデラック STS」装備に若干の変更

ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンは、キャデラックのミドルクラスセダンである「STS 3.6」の装備内容を一部変更するとともに、価格を引き下げ。2005年9月3日に発売する。

「STS」のエントリーモデルとなる「STS 3.6」。今回の変更で、新たにフロントシートクーラーが標準装備に加わった。
また、17インチブライトフィニッシュアルミホイールや電動サンルーフ、リアシートヒーターのパッケージ装備に加え、標準のレザーシートよりもさらに上質というトスカーナ産の高級レザーを生地に使用した「STS 3.6 ラグジュアリー・パッケージ」が新たに設定された。
価格も改められ、「STS 3.6」は従来モデルより37.0万円安の658.0万円、「STS 3.6 ラグジュアリー・パッケージ」は701.0万円となった。

(webCG 山下)

「キャデラック STS」装備に若干の変更の画像

関連キーワード:
STSキャデラック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTS-Vセダン(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.3.3 試乗記 ライバルを凌駕(りょうが)する出来栄えに脱帽。過給機付き6.2リッターV8エンジンを搭載した「キャデラックCTS-V」にロサンゼルスで試乗。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmという怪力を誇る、高性能スポーツセダンの実力を試す。
  • 谷口信輝の新車試乗――キャデラック・エスカレード プラチナム(前編) 2017.10.19 mobileCG
  • 「A110」登場は年明け アルピーヌ・ジャポンが始動 2017.10.11 自動車ニュース