ポルシェ、997型「カップカー」の受注開始

2005.08.25 自動車ニュース

ポルシェ、997型「カップカー」の受注開始

ポルシェジャパンは、2005年8月23日、ポルシェ911のワンメイクレース車両、通称“カップカー”「911GT3 Cup」の受注を9月1日から始めると発表した。価格は1774万5000円で、供給台数は18台。




ポルシェ911は様々なバリエーションがあるが、かつての「RS」、現在は「GT3」「GT2」など、スパルタンなロードゴーイングレースカーも存在する。「911GT3 Cup」は、公道を走ることを前提としない、完全なレース仕様。プライベーターにレースカーを供給する、いかにもポルシェらしいである。ちなみに、この18台のみが、ワンメイクレース「ポルシェ カレラカップ ジャパン」2006年シリーズに参戦でき、05年までに参加実績がある場合、ニューカップカーの優先予約権が与えられる。




最新の997型をベースにつくられた新型のエンジンは、最高出力400ps/7300rpm、最大トルク40.8kgm/6500rpm、最高許容エンジン回転数は8200rpmに達する、高回転型チューンの3.6リッター水平対向6気筒。ボア×ストロークが100×76.4mmであることから、996型「GT3」に搭載した「M96/79」型ベースとみられ、“普通の”911やボクスターが積むエンジンとは素性が違うユニットのようだ。トランスミッションは、ドッグタイプの6段シーケンシャル。

ロールケージや6点式シートベルト、センターロック式ホイールなど、なにもかもレース仕様。乾燥重量は1120kgしかない。
本格的なレースマシンを約1800万円で供給する、いかにもポルシェらしいモデル。デリバリーは、06年3月ごろが予定されている。

(webCGオオサワ)

ポルシェ ジャパン:
http://www.porsche.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】NEW 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚き値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る