ポルシェ、997型「カップカー」の受注開始

2005.08.25 自動車ニュース

ポルシェ、997型「カップカー」の受注開始

ポルシェジャパンは、2005年8月23日、ポルシェ911のワンメイクレース車両、通称“カップカー”「911GT3 Cup」の受注を9月1日から始めると発表した。価格は1774万5000円で、供給台数は18台。




ポルシェ911は様々なバリエーションがあるが、かつての「RS」、現在は「GT3」「GT2」など、スパルタンなロードゴーイングレースカーも存在する。「911GT3 Cup」は、公道を走ることを前提としない、完全なレース仕様。プライベーターにレースカーを供給する、いかにもポルシェらしいである。ちなみに、この18台のみが、ワンメイクレース「ポルシェ カレラカップ ジャパン」2006年シリーズに参戦でき、05年までに参加実績がある場合、ニューカップカーの優先予約権が与えられる。




最新の997型をベースにつくられた新型のエンジンは、最高出力400ps/7300rpm、最大トルク40.8kgm/6500rpm、最高許容エンジン回転数は8200rpmに達する、高回転型チューンの3.6リッター水平対向6気筒。ボア×ストロークが100×76.4mmであることから、996型「GT3」に搭載した「M96/79」型ベースとみられ、“普通の”911やボクスターが積むエンジンとは素性が違うユニットのようだ。トランスミッションは、ドッグタイプの6段シーケンシャル。

ロールケージや6点式シートベルト、センターロック式ホイールなど、なにもかもレース仕様。乾燥重量は1120kgしかない。
本格的なレースマシンを約1800万円で供給する、いかにもポルシェらしいモデル。デリバリーは、06年3月ごろが予定されている。

(webCGオオサワ)

ポルシェ ジャパン:
http://www.porsche.co.jp/

関連キーワード:
911ポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2016.1.22 試乗記 自然吸気の3.4リッターユニットを搭載する従来型の「ポルシェ911カレラ」に試乗。「ターボ」でも「GT3 RS」でもないごく普通のカレラの、しかもMT仕様を選ぶ意義とは? MT派の筆者はこの「素のカレラ」こそがベスト911と考えている。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • ポルシェ911カレラS(RR/7AT)【試乗記】 2016.4.6 試乗記 3.8リッター自然吸気から3リッターツインターボへとパワーユニットを変更した「911カレラS」に試乗。最新型はどんなクルマに仕上がったのか? さまざまなシチュエーションで感じたドライブフィールに加え、燃費性能についてもリポートする。
ホームへ戻る