「マツダ・ロードスター」がフルモデルチェンジ!第三世代へ

2005.08.25 自動車ニュース

「マツダ・ロードスター」がフルモデルチェンジ!第三世代へ

マツダは、2シーターのライトウェイトスポーツ「ロードスター」を7年ぶりにフルモデルチェンジし、2005年8月25日に発売した。月間販売目標は360台。同時に全世界で3500台、日本では500台限定の「3rd Generation Limited」もリリースを開始した。


【写真上】チーフエンジニア貴島孝雄さんと、マツダの井巻久一社長。
【写真下】写真は、世界限定3500台の「3rd Generation Limited」

■「人馬一体」に磨きをかけて

1989年にデビューし、世界中にオープン2シーターのライトウェイトスポーツカー・ブームを巻き起こした「ロードスター」が、満を持して3代目に生まれ変わり登場した。

新型は、クルマとドライバーが心を通い合わせて走る「人馬一体」コンセプトを継承し開発。徹底した軽量化や前後重量配分の最適化を行い、ロードスターらしい感性に訴える楽しさを追求したという。

ラインナップは、エントリーグレード「ロードスター」(5MTと6AT)、ビルシュタインダンパーやLSDを備えるスポーティな「ロードスターRS」(6MTのみ)と、レザーシート仕様の豪華な「ロードスターVS」(6MTと6AT)。価格は220.0万円からとなる。


VSグレードのサドルタン内装。

「RX-8」のプラットフォームをベースとしたというボディは、全長×全幅×全高=3995×1720×1245mm、ホイールベース=2330mmと先代よりひとまわり拡大。一方、人馬一体を目標として、各部をできるかぎり軽量化する「グラム作戦」により、車重は10kgプラスの1090kg(6ATは1100kg)に抑えた。
フェンダーが大きく張り出してはいるが、ボディフォルムはロードスターの「シンプル」「フレンドリー」「ファン」を継承しつつ、現代的に洗練させたという。




インテリアもシンプルに、かつ質感を向上。「ロードスター」と「RS」グレードは、ブラック基調のファブリックシート、「VS」はオレンジがかった茶色「サドルタンレザーシート」が標準装備される。
快適装備も充実し、エントリーグレードを除き、オーディオやフルオートエアコンが標準で備わる。
軽量化しつつ、衝突安全性やエアバッグ、ABS、ISO-FIXチャイルドシートアンカーや、エンジンイモビライザーなど、安全&セキュリティ装備も付与。アンチスピンデバイス「DSC」は、RSとVSにオプション設定された。




エンジンは、2リッター直4 DOHC 16バルブのみ。最大トルクは19.3kgm/5000rpm、最高出力は、MTが170ps/6700rpm、ATは166ps/6700rpmを発生する。

5MTは内部構造と3速ギアを強化し、1、2速にトリプルコーンシンクロなどを採用。RS、VSが搭載する6MTは、1〜4速にトリプルコーンシンクロなどを与え、滑らかで確実なシフトフィールを実現したと謳われる。
一方従来の4ATから大幅にグレードアップした6ATは、ギアが増えたことで31%加速寄りセッティングとし、発進加速を向上。一方、6速は21%高速側にふられ、燃費向上を図った。マニュアルモード「アクティブマチック」を搭載し、VSにはステアリングホイール上のスイッチでシフトできるシフトスイッチが備わる。


マツダの井巻久一社長。世界でもっとも愛された2シーターオープンを「マツダの誇りに思う。ロードスターはZoom-Zoomという、マツダのDNAを代表するクルマ」と語る。

価格の詳細は、以下の通り。

ロードスター(5MT):220.0万円
ロードスター(6AT):230.0万円
RS(6MT):250.0万円
VS(6MT):250.0万円
VS(6AT):260.0万円
3rd Generation Limited(6MT):275.0万円

(webCGオオサワ)

マツダ「ロードスター」:
http://www.roadster.mazda.co.jp/




関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 第412回:歴史を作った高級セダン
    初代「スカイライン」の素顔に迫る
    2017.5.13 エディターから一言 今年誕生60周年を迎えた「日産スカイライン」。誕生月である4月には記念イベントも開催された。では、その原点となる初代スカイラインは、どんなクルマだったのだろうか? 歴史を作った名車の実像について、詳しくリポートする。
ホームへ戻る