ジャガー、「XK」シリーズ最後の限定モデルを発売

2005.08.25 自動車ニュース

ジャガー、「XK」シリーズ最後の限定モデルを発売

ジャガー&ランドローバージャパンは、スポーツモデルである「XK」の現行モデル最後の限定車として、「XKR 4.2-S」を設定、全国限定60台で2005年9月1日に発売する。

「XKR 4.2-S」は「XKR」をベースにしたモデルで、クーペとコンバーチブルが用意される。両モデルに共通に装備されるのは、特別設定のボディカラー4色や限定仕様のエルムウッドトリム、チェッカーフラッグをあしらったバッジやトレッドプレート、プレミアム サウンドシステムなど。

それに加えて、限定台数60台のうち50台が割り当てられる「XKR 4.2-S クーペ」には、レカロ製スポーツシートや20インチアロイホイールをはじめ、特別設定によるCATSダンピングコントロール、ハード仕様スプリング&アンチロールバー、高剛性ステアリングラックを組み合わせた「クーペ ハンドリング パック」が装着される。

わずか限定10台のみの販売となる「XKR 4.2-S コンバーチブル」は、上質な革素材を用いたソフトグレインレザーシート(コントラストステッチ入り)や19インチクロームアロイホイールなど、より豪華に仕立て上げられている。
価格は、それぞれベース車より130万円高の1390.0万円(クーペ)と1590.0万円(コンバーチブル)。

(webCG 山下)

ジャガージャパン:
http://www.jaguar.com/jp/ja/

ジャガー、「XK」シリーズ最後の限定モデルを発売の画像



ジャガー、「XK」シリーズ最後の限定モデルを発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XKクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ジャガーFタイプ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.4 試乗記 ジャガーひさびさの“ピュアスポーツカー”とうたわれる、2シーターモデル「Fタイプ クーペ」。実際の走りは、どれほどのものなのか? 最も廉価なベーシックグレードで試した。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る