ジャガー、「XK」シリーズ最後の限定モデルを発売

2005.08.25 自動車ニュース

ジャガー、「XK」シリーズ最後の限定モデルを発売

ジャガー&ランドローバージャパンは、スポーツモデルである「XK」の現行モデル最後の限定車として、「XKR 4.2-S」を設定、全国限定60台で2005年9月1日に発売する。

「XKR 4.2-S」は「XKR」をベースにしたモデルで、クーペとコンバーチブルが用意される。両モデルに共通に装備されるのは、特別設定のボディカラー4色や限定仕様のエルムウッドトリム、チェッカーフラッグをあしらったバッジやトレッドプレート、プレミアム サウンドシステムなど。

それに加えて、限定台数60台のうち50台が割り当てられる「XKR 4.2-S クーペ」には、レカロ製スポーツシートや20インチアロイホイールをはじめ、特別設定によるCATSダンピングコントロール、ハード仕様スプリング&アンチロールバー、高剛性ステアリングラックを組み合わせた「クーペ ハンドリング パック」が装着される。

わずか限定10台のみの販売となる「XKR 4.2-S コンバーチブル」は、上質な革素材を用いたソフトグレインレザーシート(コントラストステッチ入り)や19インチクロームアロイホイールなど、より豪華に仕立て上げられている。
価格は、それぞれベース車より130万円高の1390.0万円(クーペ)と1590.0万円(コンバーチブル)。

(webCG 山下)

ジャガージャパン:
http://www.jaguar.com/jp/ja/

ジャガー、「XK」シリーズ最後の限定モデルを発売の画像



ジャガー、「XK」シリーズ最後の限定モデルを発売の画像

関連キーワード:
XKクーペジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • ジャガーFタイプ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.4 試乗記 ジャガーひさびさの“ピュアスポーツカー”とうたわれる、2シーターモデル「Fタイプ クーペ」。実際の走りは、どれほどのものなのか? 最も廉価なベーシックグレードで試した。
  • アウディR8クーペ V10プラス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.12 試乗記 アウディスポーツのレーシングマインドを具現したスーパースポーツカー「R8」。いまや貴重ともいえる自然吸気のV10ユニットを搭載する4WDスポーツの実力を、あらためて富士スピードウェイで解き放った。
  • 「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmに 2017.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月6日、電気自動車の「リーフ」をフルモデルチェンジした。同年10月2日に発売する。2代目となる新型は、航続距離を大幅に伸ばすとともに、日産のインテリジェントドライビング技術によって、より楽しく快適な運転を実現したのが特徴である。
  • 第2回:飛ばせばいいってもんじゃない
    「ジャガーFタイプ」の街乗り性能を試す
    2017.2.23 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る ジャガーのピュアスポーツカー「Fタイプ」。その動力性能が最大限に発揮される舞台は、ワインディングロードであり、サーキットだろう。では、ごく普通の道でのふるまいはどうか? 普段使いにおける走りの印象を報告する。
ホームへ戻る