「アウディ A8」に3.2リッターV6搭載のエントリーモデル登場

2005.08.25 自動車ニュース

「アウディ A8」に3.2リッターV6搭載のエントリーモデル登場

アウディ・ジャパンは、アウディのフラッグシップモデルである「A8」にV型6気筒FSIエンジンを搭載した「A8 3.2 FSIクワトロ」を追加設定、2005年8月23日に発売した。

新たに搭載される3.2リッターV型6気筒FSIエンジンは、最高出力260ps(191kW)/6500rpm、最大トルク330Nm(33.6kgm)/3250rpmで、これに4WD「クワトロ」と6速ティプトロニックATが組み合わされる。

「A8」のエントリーモデルとなる「A8 3.2 FSIクワトロ」。上級グレードと比べ、ステアリング上でのパドルシフト機構が備わっていない、シートヒーターがオプション設定となるなど、細部において装備品の違いはあるものの、根幹となるところは上級グレードと同等。ステアリングホイールの動きに合わせてヘッドライトが左右に動く「アダプティブ・ヘッドライト」や「アダプティブ・エアサスペンション」などが装備される。

なお、シリーズの価格は以下の通り。

A8 3.2FSI quattro 849.0万円
A8 4.2 quattro 1045.0万円
A8L 4.2 quattro 1134.0万円
A8 6.0 quattro 1480.0万円
A8L 6.0 quattro 1660.0万円

(webCG 山下)

アウディ・ジャパン:
http://www.audi.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る