【スペック】MG ZT:全長×全幅×全高=4760×1780×1420mm/ホイールベース=2750mm/車重=1530kg/駆動方式=FF/2.5リッターV6DOHC24バルブ(177ps/6500rpm、24.5kgm/4000rpm)/車両本体価格=425.0万円自動車ジャーナリストの笹目二朗氏

MG ZT(5AT)【ブリーフテスト】

MG ZT(5AT) 2003.12.03 試乗記 ……425.0万円総合評価……★★★★再び日本市場にやってきた、純英国自動車メーカーのローバー&MG。ローバー「75」と基本は同じながら、スポーティな味付けが施されたMGのサルーン「ZT」に、自動車ジャーナリストの笹目二朗が乗った。


正当派“英国スポーツセダン”

MG/ローバーは経営難などから紆余曲折があった後、現在は、英国フェニックス投資の傘下にある。数すくない純英国メーカーのプライドを保ち、英国車らしいクルマづくりを続けている。
「MG-ZT」は、1998年に発表されたローバー「75」と、基幹部分を共用する。つまり、メカ的には新しくない。だからこのクルマには、ビジュアルから入るのが正統だろう。
ベースは75ながら、独自のフェイスが与えられた。遠く離れたところから「MG-ZT」であることを主張するのに、このくらいの迫力は必然だ。近寄って見るとフードの隙間が気になるが、離れて見た時には黒い縁取りとなり、MGのグリル枠を引き立たせる。225/45ZR18インチのミシュラン「Pilot Sport」は、低められた車体を強調して見せる。独立したランプの目元など、ワルそうでなくコワそうに見せるのがこの手の紳士的(?)スポーツセダン流だ。
内装はややゴテゴテした印象もあるが、木目パネルを排除した革装には立体的な造形が似合う。すくなくとも、平均的な日本車では絶対得られない種類だろう。いうなれば、一目でガイシャ、知る人には英国車とわかる、ユニークな造形である。
乗り心地などに関して、多少のヤセ我慢は必要とはいえ、涼しい顔で転がすのが、英車乗りの矜持だろう。シートそのもののホールド性は悪くないし、エンジンの咆哮やキビキビしたハンドリングを好む人ならば、このクルマのよさを理解できるハズだ。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2001年にデビューした「MG ZT」は、ローバー「75」にスポーティな味付けを施した4ドアサルーン。クルマの基幹はローバー「75」と共用する。日本に輸入されるのは、180ps版(カタログ数値は177ps)2.5リッターV6モデルとなる。ワゴン版「MT ZT-T」も、同時に導入された。
(グレード概要)
日本に入るMG ZTは、「2.5リッターV6+5段AT」の組み合わせのみ。ステアリングホイールの位置は右。インテリアは、標準がアルカンタラとレザーのコンビネーションシート。オプションで、カラーバリエーションが豊富なファブリック&レザーのコンビシートが選べる。スポーティサルーンらしく、「225/45ZR18」とスポーティなサイズのタイヤ。ミシュラン「Pilot Sport」を履く。



MG ZT(5AT)【ブリーフテスト】の画像


MG ZT(5AT)【ブリーフテスト】の画像
開口部約72cmだが、ホイールハウス間は100cm、最大136cmの幅がある。奥行きは110cm、高さ50cm。

開口部約72cmだが、ホイールハウス間は100cm、最大136cmの幅がある。奥行きは110cm、高さ50cm。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
凸凹した立体的な造形が独特の雰囲気を醸し、ありふれたクルマたちとは違う。いわゆるデザイン学校的な発想ではなく、職人仕事の個性が感じられる。速度計や回転計は楕円形ゆえ、目盛りの間隔を変えてある。しかし盤面を駆ける針の角度的な動きは普通だ。筆者は一瞬戸惑ったものの、それもまた話題を提供する一因となろう。木目パネルを排除した英国車というのもなかなか味があり、スポーツムードを盛り上げる。
(前席)……★★★★
表皮中央部のスウェード調処理は、滑りにくく肌触り良好。左右端の盛り上がりは横方向の支えに効果的だ。すっぽりと着込む感覚のシートながら、ドアやピラー辺りの空間は余裕があり、腕や肩の動きをスポイルする様子はない。イギリス人もイタリア人に負けず、ストレートアームを好む人が多いせいかもしれない。低めにセットされたポジションも、スポーツセダンらしくヤル気を起こさせる。
(後席)……★★★★
デザイン的には4座のスポーツセダンであり、後席中央はやや冷遇される。そのぶん、左右席は独立した窪みがあってたっぷりと座れるし、横方向のホールドもなかなかいい。座面は比較的高く座る設定で、膝は浮かせずに足先をフロントシート下に入れれば、自然な座り方ができる。見た目より快適なのは、背面の角度が寝過ぎていないから。ヘッドレストに頭をあずけてもクリアランスは不足しない。
(荷室)……★★★
後端を絞り込み、空力改善を感じさせる風雅な処理は、英国車の伝統でもある。そのため、トランクの絶対的な寸法は制限されるが、浅いわりには奥行きはあるし、リアシートバック中央が倒れるのでイザとなれば長いものも積める。バンパー高から開き、荷室床面が低いことも使いやすい。左右にガスストラットダンパーが備わり、開閉時の操作力が軽いこと、ヒンジが外にあるので荷物と干渉しないのは美点だ。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
メカは同じだが、ラクシャリーに振ったローバー「75」より、やや野太い排気音がする。メカニカルな音は少々猥雑な感じだが、高回転へまわすに従いバラつきが揃ってくるあたり、スポーティだ。静粛でおとなしいだけの高級セダンと違い、はっきりスポーツセダンとわかる意思表示がなされているユニットだといえる。本音をいうと、MTで乗りたいところではある。ジャトコ製5段ATは、一直線タイプのシフトパターン。ティプトロを代表とするシーケンシャルとは、また違ったマニュアル感覚がある。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
一般的な基準でいえば、乗り心地は★2つというところだ。端的にいって、硬いのである。せめて、もうすこしダンピングを強化し、広い速度域でフラットライドを確保して欲しいところだ。
しかし、スポーツセダンに特化したモデルゆえ、かえってこの方が「らしくてイイ」という評価もあるだろう。ハンドリングもスポーティな演出が施される。サスペンションを硬めれば、タイヤのグリップに頼ることになり、滑り出しは早くなるのが道理。結果的に限界値を低めてはいるが、キビキビした動きを求める人には好まれる設定だ。その見地に立てば、4つ★を付けてもいい。

(写真=峰昌宏)



【テストデータ】

報告者:笹目二朗
テスト日:2003年10月7日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:4375km
タイヤ:(前)225/45ZR18/(後)同じ(いずれもミシュラン Pilot Sport)
オプション装備:--
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(5):高速道路(1):山岳路(4)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MG ZTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MG ZT(5AT)【ブリーフテスト】 2003.12.3 試乗記 ……425.0万円
    総合評価……★★★★

    再び日本市場にやってきた、純英国自動車メーカーのローバー&MG。ローバー「75」と基本は同じながら、スポーティな味付けが施されたMGのサルーン「ZT」に、自動車ジャーナリストの笹目二朗が乗った。


  • MG ZT-T(5AT)【ブリーフテスト】 2004.3.26 試乗記 ……443.0万円
    総合評価……★★★

    「アルファイーター」「BMWのライバル」となるべく登場した「MG ZT」。そのワゴン版に、webCGコンテンツエディターのアオキが乗った。新生MGのオーナー像とは?


  • ローバー75サルーン(5AT)【試乗記】 2003.11.22 試乗記 ローバー75サルーン(5AT)
    ……398.0万円

    ラインナップを増やして、日本への再上陸を果たしたローバー&MG。『Car Graphic』誌の長期リポート車として、2年をともにした『webCG』エグゼクティブディレクター大川 悠が、久々にステアリングホイールを握って……。


  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る