「メルセデスEクラス」に3リッターV6エンジン搭載の「E280」を追加設定

2005.08.23 自動車ニュース
 

「メルセデスEクラス」に3リッターV6エンジン搭載の「E280」を追加設定

ダイムラー・クライスラー日本は、アッパーミドルクラス「メルセデスベンツEクラス」に、新たに3リッターV6ユニットを搭載した「E280」と、ワゴンの「E280ステーションワゴン」を追加設定、2005年8月18日に発売した。

 

新しくメルセデス・ベンツの「Eクラス」に加わったのは、231ps、30.6kgmを発生する新開発3リッターV型6気筒DOHC4バルブエンジンを搭載する「E280」。このエンジンは、国土交通省による「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」認定を取得ずみという。また、「E280ステーションワゴン」は平成22年燃費基準+5%を達成しており、輸入車として初の「自動車グリーン税制による減税措置対象車」となった。

装備面では、Eクラスの全モデルに、「NECK PRO(ネックプロ)アクティブヘッドレスト」とよばれる追突事故時の乗員の頚椎への損傷を低減させる新機構や、ステアリングの操舵角に応じて車両の進行方向を照らし前方視認性を高める「アクティブライトシスム」を加えたバイキセノンヘッドライトを新たに採用した。

なお、この追加とともに、「E240」がラインナップからはずれ、「E280」がEクラスのエントリーモデルとなる。

メーカー希望小売価格(消費税込み)は以下の通り。

E280 682.5万円
E350 アバンギャルド 808.5万円
E350 4MATICアバンギャルド 850.5万円
E500 アバンギャルド 949.2万円
E55 AMG 1369.2万円
E280 ステーションワゴン 732.9万円
E350 ステーションワゴン アバンギャルド 846.3万円
E350 4MATICステーションワゴン アバンギャルド 888.3万円
E500 ステーションワゴン アバンギャルド 976.5万円
E55 AMGステーションワゴン 1411.2万円

(webCG 山下)

 

メルセデスベンツ「Eクラスセダン」:
http://www.mercedes-benz.co.jp/passenger/car_lineup/e-class/
同「Eクラスステーションワゴン」:
http://www.mercedes-benz.co.jp/passenger/car_lineup/e-class_wagon/

関連キーワード:
Eクラス セダンEクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE350eアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.12.1 試乗記 「メルセデス・ベンツEクラス」のバリエーションがまたひとつ広がった。Eクラス初となるプラグインハイブリッド車「E350eアバンギャルド スポーツ」のパワーユニットは2リッター直4ターボ+モーター。その走りはいかなるものなのか。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記 最高出力600psオーバーのターボエンジンを搭載する「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。メルセデスが送り出してきたミッドサイズセダンの中で最速とされる、高性能モデルの走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
ホームへ戻る