「メルセデスEクラス」に3リッターV6エンジン搭載の「E280」を追加設定

2005.08.23 自動車ニュース
 

「メルセデスEクラス」に3リッターV6エンジン搭載の「E280」を追加設定

ダイムラー・クライスラー日本は、アッパーミドルクラス「メルセデスベンツEクラス」に、新たに3リッターV6ユニットを搭載した「E280」と、ワゴンの「E280ステーションワゴン」を追加設定、2005年8月18日に発売した。

 

新しくメルセデス・ベンツの「Eクラス」に加わったのは、231ps、30.6kgmを発生する新開発3リッターV型6気筒DOHC4バルブエンジンを搭載する「E280」。このエンジンは、国土交通省による「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」認定を取得ずみという。また、「E280ステーションワゴン」は平成22年燃費基準+5%を達成しており、輸入車として初の「自動車グリーン税制による減税措置対象車」となった。

装備面では、Eクラスの全モデルに、「NECK PRO(ネックプロ)アクティブヘッドレスト」とよばれる追突事故時の乗員の頚椎への損傷を低減させる新機構や、ステアリングの操舵角に応じて車両の進行方向を照らし前方視認性を高める「アクティブライトシスム」を加えたバイキセノンヘッドライトを新たに採用した。

なお、この追加とともに、「E240」がラインナップからはずれ、「E280」がEクラスのエントリーモデルとなる。

メーカー希望小売価格(消費税込み)は以下の通り。

E280 682.5万円
E350 アバンギャルド 808.5万円
E350 4MATICアバンギャルド 850.5万円
E500 アバンギャルド 949.2万円
E55 AMG 1369.2万円
E280 ステーションワゴン 732.9万円
E350 ステーションワゴン アバンギャルド 846.3万円
E350 4MATICステーションワゴン アバンギャルド 888.3万円
E500 ステーションワゴン アバンギャルド 976.5万円
E55 AMGステーションワゴン 1411.2万円

(webCG 山下)

 

メルセデスベンツ「Eクラスセダン」:
http://www.mercedes-benz.co.jp/passenger/car_lineup/e-class/
同「Eクラスステーションワゴン」:
http://www.mercedes-benz.co.jp/passenger/car_lineup/e-class_wagon/

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
ホームへ戻る