【F1 2005】第14戦トルコGP、ライコネン独走で2連勝、宿敵アロンソは2位

2005.08.22 自動車ニュース

【F1 2005】第14戦トルコGP、ライコネン独走で2連勝、宿敵アロンソは2位

F1世界選手権第14戦トルコGP決勝が、2005年8月21日、新設されたイスタンブール・パーク・サーキット(5.34km)を58周して行われた。
初開催の同GPを制したのは、キミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)。ポールポジションからのスタート直後にトップを奪われたがすぐに逆転、その後は独走劇を披露し、前戦ハンガリーGPに続く勝利、今年5勝目を手に入れた。

5年ぶりのマクラーレン1-2フィニッシュが間近に迫ったレース後半、2位ファン・パブロ・モントーヤ(マクラーレン・メルセデス)がコースをはみ出し、そのポジションをライコネンの宿敵、ポイントリーダーのフェルナンド・アロンソ(ルノー)に明け渡してしまった。

モントーヤは3位でゴールしたが、アロンソとライコネンとのポイント差は、4点縮まるところが2点どまりに終わった。

以下、スタート後に一瞬トップに立ったジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)が4位、13番グリッドから5戦連続ポイント獲得に成功したジェンソン・バトン(BARホンダ)が5位、2戦連続で得点できたヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)6位、そしてデイヴィッド・クルタード7位、クリスチャン・クリエン8位とレッドブル・レーシングがダブルで入賞した。

佐藤琢磨(BARホンダ)は、予選でのペナルティを受け最後尾グリッドから出走、スタート直後に給油し1ストップ作戦で挽回を狙ったが、9位完走で惜しくもポイントを逃した。

■真に強いのは……

今年唯一の新しいサーキットによる新しいGP、トルコ。売れっ子ヘルマン・ティルケが手がけたイスタンブール・パークは、高低差を活かしたチャレンジングな反時計回りコースで、高速左コーナー(8コーナー)やバックストレート後のタイトターン(12コーナー)など見所も多い。

データ不足の新しいトラックでも、マクラーレンのアドバンテージは大きかった。
予選ではライコネン1位、モントーヤ4位。レースでも、序盤こそ首位ライコネンと2位アロンソが1秒強差で周回を重ねたのだが、ルノーは燃料少なめの軽いマシンを用意したまでで、アロンソは13周目に早々とピットへ駆け込まなければならなかった。

中盤にはマクラーレン1-2フォーメーションが完成し、チーム5年ぶりの1-2“フィニッシュ”が待たれた。ドライバーズ、コンストラクターズ両チャンピオンシップを争うルノーとの得点差を縮める絶好のチャンスだったが、チームを助けなければならないモントーヤがミスをおかした。

残り3周、これまで全戦完走しているルーキー、ティアゴ・モンテイロ(ジョーダン)を周回遅れにした直後にターンが迫った。進入前、モンテイロの黄色いマシンはモントーヤのリアに鼻先をタッチ、両車はコースを外れたが、幸いすぐに復帰できた。
ディフューザーを痛めタイヤにフラットスポットをつくったモントーヤは、アロンソを真後ろに従え辛くも2位を守っていたのだが、翌周、たまらずコースをはみ出し、1-2フィニッシュは幻に、ポイントは2点分損をした。

戦闘力+信頼性ある「マクラーレンMP4/20」をもって独走したライコネン。だがしかし真に強さを発揮したのは、ライバルより劣るマシンでも2位でゴールし痛手を最小限に抑えることができたアロンソ/ルノーなのかもしれない。

残りは5戦。アロンソは95点、追うライコネンは24点後方の71点。ライコネンにとっては引き続き厳しい状況であり、一方のアロンソにとっては最年少ワールドチャンピオンが徐々に近づきつつある。
コンストラクターズランキングでは、1位ルノー(130点)対2位マクラーレン(121点)と、こちらは最終戦までもつれても不思議ではない。

次戦はイタリアGP。決勝レースは9月4日だ。

(webCG 有吉)


スタートシーン。予選2位のジャンカルロ・フィジケラ(写真先頭右)に、ポールシッターのライコネン(その左)が抜かれるも、ライコネンはコース後半ですぐにトップを奪還した。(写真=フェラーリ)


「ファン・パブロは2位なんでしょう?」、ゴール後ライコネン(写真)は無線でピットの首脳陣にたずねる。アロンソとのポイント差をどうにかして縮めたいライコネンにとって、チームメイトの“援護”は必要不可欠たったのだが……。(写真=メルセデスベンツ)


マシンが速くないなら真後ろでゴールすればいい。アロンソの作戦はマクラーレンの後ろから離れないこと。そしてこれはモントーヤのコースアウトで理想的なかたちとなった。(写真=ルノー)


ここのところマシントラブルに足を引っ張られていたトヨタのヤルノ・トゥルーリは、問題なしで6位完走、ポイント3点を手に入れた。一方チームメイトのラルフ・シューマッハーは不運につきまとわれた。9番グリッドからスタートの混乱に巻き込まれ順位を大幅にダウン、12位完走がやっとだった。(写真=トヨタ自動車)


好調な出だしを見せたBARホンダ勢。しかし佐藤琢磨にとってはアンラッキーな週末となった。予選では難しい8コーナーでコースオフし大幅なタイムロス。ピットに戻る周回中、無線の調子が思わしくなく、次のアタッカー(マーク・ウェバー)の進路を邪魔してしまった。これがペナルティの対象となり最後尾スタートが決定。レースでは1ストップ作戦で何とか挽回を図ったが、9位でフィニッシュ、得点には至らなかった。(写真=本田技研工業)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。