「スズキ・ソリオ」をマイナーチェンジ

2005.08.19 自動車ニュース

「スズキ・ソリオ」をマイナーチェンジ

スズキは、小型車「ソリオ」を一部変更。排ガスのクリーン化や価格を引き下げるなどして、2005年8月17日に発売した。

今回の変更で排ガスがよりクリーンになり、FF車は4つ星を達成。平成22年度燃費基準を達成したこととあわせて、グリーン税制に適合した。
外観は、「1.3 E」「1.3 WELL」グレードのフロントグリルなどを変更。インテリアは、1DINサイズのCDステレオや、カードケースとアクセサリーソケットを備えるなど、使い勝手を高めた。
価格は、「1.3 E」(FF/4AT)の99万9600円から、「1.3 SリミテッドII」(4WD/4AT)の143万5350円まで。1.3 Eと1.3 WELLは、約4万円お安くなっている。

(webCGオオサワ)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

「スズキ・ソリオ」をマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スズキ・ソリオ(後編) 2015.8.26 画像・写真 注目は燃費や予防安全装備だけにあらず。新型「スズキ・ソリオ」は、コンパクトハイトワゴンの本領である使い勝手も改善している。「バンディット ハイブリッドMV」を題材に、内外装のディテールや、収納スペース、快適装備などを写真で紹介する。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドMV(FF/CVT)【試乗記】 2015.11.29 試乗記 5ナンバーサイズのコンパクトカーと軽自動車の間という、絶妙なボディーサイズが特徴の「スズキ・ソリオ」。人気の軽ハイトワゴン&軽トールワゴンではなく、あえてこのサイズのコンパクトワゴンを選ぶ意義とは? 競合車にはないソリオならではの魅力を探る。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッド:合理的で美しい 2015.11.5 自動車ニュース 第44回東京モーターショーにおいて、スズキブースの片隅に展示された青いコンパクトワゴン。一見するとただの「ソリオ バンディット」なのだが、実はこれ、スズキが独自に開発中のハイブリッドカーなのだ。いかにも“スズキらしい”その機構の特徴を解説する。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
ホームへ戻る