日産「ノート」や「マイクラC+C」などを出展【フランクフルトショー05】

2005.08.19 自動車ニュース
【フランクフルトショー2005】日産「ノート」や「マイクラC+C」などを出展

【フランクフルトショー05】日産「ノート」や「マイクラC+C」などを出展

日産自動車は、2005年9月13日から開催予定のフランクフルトモーターショーに、欧州で新発売となるコンパクトカー「ノート」や、「マーチ」のオープンクーペ「マイクラC+C」などを出展する。




【フランクフルトショー2005】日産「ノート」や「マイクラC+C」などを出展

欧州仕様のノートは、1.4、1.6リッターのガソリンエンジンに加え、1.5リッターディーゼル(高出力仕様と標準仕様)の4種類のエンジンを設定。写真のとおり、左ハンドルのマニュアル仕様だ。発売は06年の春が予定されている。




【フランクフルトショー2005】日産「ノート」や「マイクラC+C」などを出展

「マイクラC+C」は、マイクラ(欧州名)のコンバーチブル。ハッチバックより全長は90mm長く、全高は110mm低い。注目の“屋根”は電動グラスルーフで、開閉時間は22秒。ルーフを閉めた状態では457リッター、ルーフをトランクに収納しても、225リッターの容量を誇るという。

ほかに、マイクラに1.6リッター直4(110ps、15.6kgm)を搭載したスポーティバージョン「マイクラ160SR」などを出展する。

(webCGオオサワ)

日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 「日産ノート」にハイブリッド車の「e-POWER」が登場 2016.11.2 自動車ニュース 日産がコンパクトカー「ノート」をマイナーチェンジ。新たにハイブリッド車の「e-POWER」を設定した。e-POWERはエンジンが発電した電気によってモーターを駆動する、シリーズハイブリッドシステムであり、最高で37.2km/リッターの燃費を実現している。
  • 「日産ノート」に上質な内外装のカスタマイズモデル「モード・プレミア」登場 2016.11.2 自動車ニュース オーテックジャパンが、日産のコンパクトカー「ノート」の新しいカスタマイズモデル「モード・プレミア」を12月に発売すると発表。高級感を重視した特別な内外装が特徴で、オプションで運動性能を高める「ツーリングパッケージ」も用意されている。
  • 日産ノート MEDALIST(FF/CVT)【試乗記】 2012.11.27 試乗記 日産ノート MEDALIST(FF/CVT)
    ……184万2750円

    燃費性能と使い勝手のよさをウリとする新型「日産ノート」。実際の燃費は? 走りや乗り心地は? 上級グレード「MEDALIST(メダリスト)」で試した。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
ホームへ戻る