第225回:潜入8月31日!「レクサス目黒」考えてみればすでに“プランド”だった!

2005.08.19 エッセイ

第225回:潜入8月31日!「レクサス目黒」考えてみればすでに“プランド”だった!


第225回:潜入8月31日!「レクサス目黒」考えてみればすでに“プランド”だった!の画像

第225回:潜入8月31日!「レクサス目黒」考えてみればすでに“プランド”だった!の画像
受付のお姉さん。キャピキャピしてない美人ですごくよかった〜。けっこう、タイプです。
受付のお姉さん。キャピキャピしてない美人ですごくよかった〜。けっこう、タイプです。

■“ブランド津波”を垣間見る

朝が涼しくなり、夏の終わりの訪れと同時にいよいよやってまいりました。レクサス! 全国100店舗以上が2005年8月30日に同時に開店! ある意味、前代未聞の全国規模の“ブランド津波"であり、一体どうーなってますか〜ってな感じで、オープン2日目の8月31日、事務所近くの「レクサス目黒」にやってまいりました。

小耳にはさんだところでは結局、外車オーナーは一人も来なかったとか、大半はトヨタ車の買い換えユーザーだとか、ウワサはいろいろ。ま、とりあえずGO!

小沢:すいません。ハッキリ言って見に来ただけなんですけど……。
担当者:どうもありがとうございます。ぜんぜんかまいませんよ。
小沢:気合入ってますか?
担当者:はい(笑)。
小沢:ところで昨日の来場者は何人ほど?
担当者:200人ほどです。平日ではございましたが……。
小沢:200人! そりゃスゴイ。ところで今のところ成約は?
担当者:10名様はいらっしゃいます。
小沢:10名! まだ試乗もしてないのに!?
担当者:はい。ご試乗は今のところご予約を承ってこれからというところですので。

「GS430」
「GS430」
これが商談コーナー。別にVIPルームもある。
これが商談コーナー。別にVIPルームもある。
色見本。だいぶアート入ってます。
色見本。だいぶアート入ってます。

■ポルシェから、BMWから……

小沢:ところで売れたのは?
担当者:大半が「GS」ですが、「SC」も何台かございます。
小沢:GSは430と350どちらが多いですか。やっぱ最高グレードの430?
担当者:いえ、350です。350のほうがスポーティですし。
小沢:ふぅーん。3.5リッターV6のほうが新設計だし、結構、みんなわかってるんだ。ところで買い換えは国産車がメイン? トヨタ車とか……。
担当者:そうですね。でも、輸入車のお客様も半数ぐらいいらっしゃいますよ、メルセデス・ベンツとかBMWとか。
小沢:へぇ……。輸入車で一番多いのは?
担当者:BMWの5シリーズでしょうか。SCはポルシェの方もいらっしゃいます。
小沢:ポルシェ! 国産車の買い換えが多いって聞いていたんですけど。
担当者:元々国産車にお乗りで、次に輸入車に乗らていたお客様がいらっしゃいますね。やはり、輸入車は故障が多いとか、いろいろございますし。
小沢:そっか。国産車も輸入車も両方乗った人が選ぶ傾向が強いと。まさに理想的だ。
担当者:(微笑)

ショールームは白が基調。清楚に豪華って感じかな。クルマは「SC430」
ショールームは白が基調。清楚に豪華って感じかな。クルマは「SC430」

第225回:潜入8月31日!「レクサス目黒」考えてみればすでに“プランド”だった!の画像
最後にくれたキーホルダー。結構、金かかってます。
最後にくれたキーホルダー。結構、金かかってます。

■“さすが!”

小沢:ところでレクサスについて、お客さんはどのくらい理解してます?
担当者:意外だったのはGSが前はアリストだったとか、SCはソアラだとか、あまりご存知ないんですよね。漠然とトヨタが新しい高級車を出すんで、見に来たと。半数ぐらいはそのような感じで。
小沢:そっか! たしかに、それだけで期待はできますよね。でも、やっぱみんな専門誌読んでないんだ(ガックリ)……。まぁそっちの方がレクサス的にはイイですよね。いや、今日はありがとうございました。
担当者:またお立ち寄りください(笑)。

入る前から駐車場に人が立ち、うやうやしくお客を待ってるレクサス目黒。さすがに新高級ブランドということで、気合が伝わってくるが、果たしてどこまで続くことやら……。
しかし、驚いたのはすでに高級ブランドとして認知されている感があったことだ。だけど考えてみればそのはずで、「トヨタが出す新しい高級車」ってこと、それ自体にすでに“ブランド性”があるのだ。なんでもいいや、たとえば「中田英寿が出す新しいファッションブランド」ってことだけで、期待させる何かがあるじゃない。ホントはそんなのないけど。それと同じで、「世界有数の1兆円利益メーカーが、今までにないブランドを作る」……そのこと自体にバリューがあり、ブランドとして成立している。うがった見方をすれば、とりあえずはそのイメージを裏切らないだけでもいい。来てみてそのパワーにつくづく納得いたしました。

あと妙なアンケート取られなかったのもよかったよね。わりと好印象。

(文と写真=小沢コージ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』