【スペック】全長×全幅×全高=4755×1845×1690mm/ホイールベース=2715mm/車重=1970kg/駆動方式=4WD/3.3リッターV6DOHC24バルブ(211ps/5600rpm、29.4kgm/4400rpm)、フロント交流モーター(167ps/4500rpm、34.0kgm/0〜1500rpm)、リア交流モーター(68ps/461〜5120rpm、13.3kgm/0〜610rpm)/価格=441万円(テスト車=480万600円/SRSサイド&カーテンシールドエアバッグ(6万3000円)/G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付きEMV+音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター(32万7600円)

トヨタ・ハリアーハイブリッド“Lパッケージ”(CVT)【試乗記】

クールなSUVの象徴へ 2005.08.18 試乗記 トヨタ・ハリアーハイブリッド“Lパッケージ”(CVT)……480万600円SUV特集最後の一台は、先進的な心臓を抱えた「ハリアーハイブリッド」。走行性能、動力性能においても差別化される、このクルマのイメージは、いかに。

北米で火をつけた

改めて言うまでもなく、昨今のSUVブームに火をつけ、そして今も牽引しているのは、プレミアムブランドの輸入SUVの一群だ。そもそもこれらは北米市場をターゲットに開発されたもので、いずれも日本と同じように、滅多に使われることのないオフロード性能よりも、オンロード性能に重点がおかれているのが特徴である。
その北米におけるオンロードSUVブームの発端となったのは「トヨタ・ハリアー」、つまりは「レクサスRX」だったといわれている。そのヒットが開かれた市場の存在を認知させて、北米ではレクサスとライバル関係にある多くのブランドを呼び込んだというわけだ。

そのレクサスRX、あるいは間もなく後を追った「BMW X5」や「メルセデス・ベンツMクラス」を追撃するには、そのオンロード性能の向上こそが一番の手段とばかりに、このセグメントはいずれのモデルもひたすらにパワーを上げ、足を固めてタイヤを太くしてというのを繰り返して今の姿へと至っている。けれども、そうなった今のSUVが、火がつきはじめた頃のようにクールな存在感を保っているかといえば、どうも怪しい。ストレートにいってしまえば、重くてデカいクルマをガソリンを垂れ流してドーンと加速させている姿は、あんまり賢そうには見えないなというムードが漂い始めているという感があるのは否めない。

そんなわけで現に北米市場では、石油市場の高騰という要因もあって、その勢いは鈍り始めているという。しかし、そんな中でほぼ唯一、羨望の眼差しを向けられているといっていいのがRX400h、すなわち日本におけるハリアーハイブリッドだ。

ハイブリッドだけの魅力

クルマの特徴については様々なところで触れられているのでここでは繰り返さないが、要するにパワーとエコを高い次元で両立させているところが、従来のオンロード派カットビ系SUVとの決定的な違いということになる。しかしハリアーハイブリッドには、単に速くて燃費が良いというだけではない独自の魅力が備わっている。それは、まさにトヨタのハイブリッドシステムでなければ実現できない個性的な走行フィーリングだ。

まずはその加速感。絶対的な加速力も凄まじいが、それより圧巻なのは、そこに一切の途切れも無いことだ。ハリアーハイブリッドの「THS-II(トヨタハイブリッドシステムII)」は、CVTを介した272psのエンジンパワーに加え、モーターからはどんな回転数からでも動力が伝達されることで、シームレスな加速を実現する。つまり下から上まで、ずーっと背中をシートバックに押し付けるGがかかり続けるのだ。しかも瞬間的なレスポンスも、電動モーターの効果でトルクの立ち上がりが驚異的に鋭いのである。

前後輪に電動モーターを配した「E-Four」と呼ばれる4WDシステムを活用した、車両姿勢制御システムのVDIMは、ドライバーの操作から挙動変化を先読みして、常に車両を滑らかに安定方向へと導く。ドンッと大きなトルクを発生したと思ったら、ESPがお仕置きのように介入してアクセルを絞り、走りの歓びを削ぐなんてことは、ハリアーハイブリッドではほぼ皆無といっていい。





“エコノミー”だけでなく“エコロジー”

そもそもハリアーにハイブリッドシステムが搭載されたのは、もちろんハイブリッドの普及によって、クルマによる環境破壊を少しでも小さくという、崇高な思いも小さくはないのだろう。ただ少なくともそれと同程度には、モアパワーを叫ぶライバル達との差別化による、ブランド性向上という狙いもあるはずだ。
それは結果的に間違いなく環境負荷を小さくし、また単に速い遅いという軸には留まらない、独自の走りの味わいをも獲得することになった。そして、それらすべてが相まって、ハリアーハイブリッドはとてもクリーンで聡明そうという、いってみればSUVらしからぬ好ましいイメージを振りまく存在となったのだ。

石油価格の高騰は当然対岸の火事などではなく、ここ日本でもガソリン価格の上昇という現象を引き起こしている。“エコノミー”だけでなく“エコロジー”への一般の関心が、これまで以上に高まっているのも事実だ。リアゲートに輝く「HYBRID SYNERGY DRIVE」のバッヂは、今後ますますクールなSUVの象徴として羨望を集めるに違いない。

(文=島下泰久/写真=郡大二郎/2005年8月)

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る