BMW3シリーズ3リッターモデル【試乗記】

BMW3リッターモデル「ちょい乗り」試乗報告 2000.08.10 試乗記 BMWジャパンは、上陸間近いメルセデスのニューCクラス迎撃と、日本導入初期に傷ついた現行3シリーズの「スポーティ」イメージ回復のために、8月26日から、新開発3リッター「M54型」ストレート6(231ps/5900rpm、30.6kgm/3500rpm)搭載モデルの販売を開始する。8月9日、山梨県は八ヶ岳で、プレス向け試乗会が行われた。

 

あらまほしきビーエム330iセダン(5AT)……535.0万円

ズロンと、38psと5kgm出力を増した6気筒は目をさます。数字は、従来の2.8リッターユニットと新型3リッターとを比較して。
3000rpmまでで最大トルクの90%を発生するというニューエンジンは、フラットな出力特性を活かして常用回転数を低く抑え、結果として燃費が良くなることを狙った。また、触媒の改良と設置位置をエンジンに近づけることで、日欧米の排ガス規制に適合し……、 といったことはもちろん大切ですが、運転してうれしかったのは、スロットルレスポンスが格段に良くなったこと。以前乗った320iの、「黄金の孫の手をもちながら、カユイところにまるで手が届かない」痛痒感がなくなった。
かつての6シリーズに匹敵するまでに拡大した゛スモール″シックス。野太く回る。「エンジンのBMW」が帰ってきた。


 

失われたイメージを求めて330iセダン M-sport(5MT)……555.0万円

左ハンドルのマニュアル車に乗る、核心的ビーエムファンへの贈り物。318iの、薄まったスポーティ色ゆえ芳しくなかった市場の反応を反省し(純正オールシーズンタイヤも評判を落としたと思います)3リッターのMTモデルは、一転、「スポーツサスペンション」「スポーツシート」「レザースポーツステアリングホイール」とスポーツづくし。前後左右の空力パーツと、17インチに履かせたフロント=225/45、リア=245/40の薄く太い前後異サイズのタイヤで足もとをキメる。
中低回転域重視型エンジンの、6000rpmとすこし寂しいレブリミットに、回転計の針は「アッ」という間に達する。ファイナルが日本向けに低められているため、1速で60km/h、2速で90km/hと速度は伸びないが、その分、加速は痛快。左ハンドルのみのため、イザというとき、反対車線を見づらいのが欠点か。


 

古い革ブクロZ3クーペ3.0i(5AT)……499.9万円

2.8リッターモデルより9.9万円高のZ3クーペ3.0iは、キドニーグリルの縦バーやテイルゲイトのハンドルがクロームになって、ちょっぴり派手に。メカニズム面では、ATが5段化され、ステップトロニックを搭載、シフターを左のゲイトに入れることで、シーケンシャルにギアを変えることが可能になった。
エクサイティングな外観にすばらしいエンジンを与えれば……、と当然の期待を胸にステアリングホイールを握ったものの、Z3、なんかニブイんだな。エンジン音はこもるし、鼻先は重いし、バネ下はバタつくし……。
先々代のシャシーにデッカいエンジンを与え、破綻させないために足まわりを硬める。いびつなのは、カッコだけじゃない。注ぐワインは、新しいんだけどね。


 

クーペなカブリオーレ330Ciカブリオーレ(5AT)……640.0万円

「旧3シリーズクーペに匹敵するねじれ剛性とまげ剛性を確保」というプレス資料を読みながら、「ま、そういうクルマじゃないから」と醒めた気持ちで山道に行って、オドロイタ! 空に向かって開け放たれたボディは、ミシリともいわず、しかしタイヤは鳴らし、次々とコーナーをこなしていく。 車検証によると、前後軸重量は、820:860kg。屋根切りによる前後重量バランスの崩れは、最低減に抑えられた。セダン比160kg増しの車重ゆえ、強化されたスプリングを使いながらもロールは深いけれど、よくチェックされた好ましいもの。落ち着いた挙動を見せる。
ガラス製リアウィンドウを備え、3層式になったソフトトップは、文字通りワンタッチで開閉可能。所要時間約25秒。硬軟ともに、ヤルときゃヤります。

(web CG アオキ/写真=高橋信宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
ホームへ戻る