ルノー、新型「クリオRS 2.0」を公開【フランクフルトショー05】

2005.08.12 自動車ニュース
 
【フランクフルトショー2005】ルノー、新型「クリオRS 2.0」を公開

【フランクフルトショー05】ルノー、新型「クリオRS 2.0」を公開

2005年8月9日、ルノーは6月16日に発表した第3世代となるコンパクトハッチ「クリオ」(日本名ルーテシア)のスポーティバージョン「ルノースポール(RS)2.0」のコンセプトを公開した。



 
【フランクフルトショー2005】ルノー、新型「クリオRS 2.0」を公開

現行「ルーテシアRS 2.0」の後継にあたるニューモデルが公開された。写真はコンセプトモデルで、量産モデルの販売は2006年が予定されている。
フロントビューはノーマルとそれほど変わらないものの、F1から得たエアロダイナミクスを反映してフロントスポイラーを拡大したほか、前フェンダー後部にエアベントを採用。リアはディフューザーが装着された。



 
【フランクフルトショー2005】ルノー、新型「クリオRS 2.0」を公開

タイヤは215/40 R18と大径、フロントに330mm、リア280mmのベンチレーテッドディスクを備えたブレンボ製ブレーキを奢るなど、足まわりを強化。エンジンは2リッター直4DOHC 16バルブ(スペックは不明)、トランスミッションは6段MTが組み合わされる。

現行ルーテシアRS 2.0、もしくは「メガーヌRS」と同様、インテリアはレザーを使用、シートはバケットタイプを採用するなどして、スポーティ&ゴージャスに仕立てられる。

(webCGオオサワ)

ルノー・ジャポン:
http://www.renault.jp/

関連キーワード:
ルーテシアR.S.ルノーフランクフルトモーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • 新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」が日本上陸 2017.9.6 自動車ニュース FCAジャパンは2017年9月6日、高性能スポーツサルーン「アルファ・ロメオ・ジュリア」を発表した。同年10月14日に、全4モデルのラインナップで販売を開始する。価格は446万円から1132万円まで。
  • ルノーの新型SUV「カジャー」、限定車が先行上陸 2017.8.31 自動車ニュース 「カジャーBose」は、2018年初頭に国内本導入が予定されている「カジャー」の先行発売モデルである。名前の通りBOSEサウンドシステムを特別装備するほか、専用デザインのシートとパノラミックルーフも与えられる。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る