【スペック】全長×全幅×全高=4830×1855×1375mm/ホイールベース=2780mm/車重=1590kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブ(258ps/6600rpm、30.6kgm/2500-4000rpm)/価格=852万円(テスト車=902万5500円/電動ガラス・サンルーフ=18万円/アクティブ・クルーズ・コントロール=25万2000万/メタリック・ペイント=7万3500円 )

BMW630i(6AT)【試乗記】

二人だけの時間を作るクルマ 2005.08.05 試乗記 BMW630i(6AT)……902万5500円BMWの高級4座クーペ「6シリーズ」のエントリーモデルとなる、3リッター直6の「630i」に試乗。4.5リッターモデルとの違いとは……。

6シリーズのエントリーモデル

「メルセデス・ベンツCLS」が売れているという。2005年2月4日に日本でリリースされ、わずか5か月でおよそ2400台を販売したそうだ。「ちょいモテオヤジ」の心を射止めたのか??

一方、どういう人が買うのかがイマイチ見えてこないのが、14年ぶりに復活したBMWのスタイリッシュクーペ「6シリーズ」。クリス・バングルが手がけた、アクの強い顔つきが特徴だ。
CLSより国内デビューは早く、4.5リッターの「645Ci」と同カブリオレがラインナップされ、2004年11月にエントリーグレードとなる3リッターが追加された。今回のテスト車は、それ。
630iのエンジンは「BMWといえば……」に続く、直列6気筒エンジン。「シルキー」と形容されるこのBMWの直6は、新型3シリーズのトップグレード「330i」に搭載されるものと基本的に同じ。ダブルVANOSことバリアブルカムシャフトコントロール、バルブトロニックなど、お得意の技術に加えて、3レベルレゾナンスインダクションインテークマニフォールドと呼ばれる可変吸気システムの採用により、低回転でのトルク増強を実現したという。

アクセルレスポンスや、ATのシフトプログラム、電動パワステのアシストが変化する、DDC(ドライビングダイナミックコントロール)も標準装備。645Ciとの違いは、アクティブシャシーコントロールのダイナミックドライブがオプションであるところと、タイヤサイズ。あとは若干の快適装備が省かれるにとどまる。

ジェントルなエンジン

クロスとレザーのコンビネーションとなるシートに腰を下ろすと、シンプルなインパネが目に入る。昨今のBMWは、iドライブの採用と相まって、ボタン類も少なくアッサリとしたインパネになっている。そのせいもあり、パネル類の面積が広くなるわけで、もし6シリーズの購入をお考えなら、素材の選定は慎重にすべきだろう。言わずもがな、ですが。試乗車は、赤内装に木目パネルがミスマッチに感じた。BMWはスポーティなカラーリングを選ぶ方がフィットするのではないだろうか。

645Ciと大きく違う印象を受けたのはエンジン音。645CiのV8エンジンはかなりワイルドなサウンドを響かせる。同一のエンジンを搭載するカブリオレはより顕著だった。対して630iはジェントルなノートを奏でる。音だけを聞くと、645Ciよりも上級に感じるかもしれない。
排気量の小ささが不満になることはなかった。2500回転から最大トルクを発生するというエンジンはトルキーで扱いやすく、きめ細かい変速をする6段ATもドライバビリティに大いに貢献している。低速ではクイックになるアクティブステアリングも好印象。市街地をスムーズに走り抜けることができた。

ニュー6シリーズの図体を考えると、1590kgというボディの軽さも特筆に値する。日本車でいえば、「ホンダ・アコードワゴン」あたりと同じレベルである。マグネシウム合金やアルミニウム合金を使い、エンジンを軽量化した効果が出ている。もちろんエンジンだけの重量差ではないが、車重は645Ciと比べ150kgも軽い。630iのウェイトは、実は同エンジンを搭載する「330i」とは40kgしか違わないのだ。コーナリング時には、このボディの軽さゆえに慣性マスが小さくなり、ロール量が少なくなる。ダイナミックドライブ非装着のため、スタビライザーが電子制御されないが、コーナリング時の安定感は高い。もちろんBMWの流儀である硬いダンパーセッティングに由来するところも大きいのだが。



BMW630i(6AT)【短評】


BMW630i(6AT)【短評】
(M)

BMW630i(6AT)【短評】

使いやすいクルーズコントロール

高速道路での走行では、クルーズコントロールを多用した。10km/h刻みで設定できるそれは、ざっくりとして使いやすい。設定速度はスピードメーター外周にマーキングされる。またオプションとなるアクティブクルーズコントロールは、前車との距離を自動で維持することもできる。車間は4段階に調整可能。こちらもメーター内にわかりやすく表示される。
クルージングスピードになるとアクティブステアリングは重さを増し、タイヤの切れ角も小さくなる。直進安定性は高い。ランフラットタイヤがもたらす路面の凹凸からの突き上げは、話題にされるほどするどいものではなく、むしろ乗り心地は良好。巡航時には車内へ侵入する騒音は少なく、標準の8スピーカーから流れるBGMにうっとりしながら、ロングツーリングが楽しめる。

6シリーズのエントリーグレードとして設定されたモデルだが、単に廉価版にあらず。性格の違いがハッキリしていた。音質や走行性能でグレードを分けるとすれば、「645Ciがスポーティ、630iがエレガント」といえよう。

ちょっとターゲットが見えた。
家族持ちの「ちょいモテオヤジ」は4ドアという逃げ道があるCLSを選び、「子供がいないアツアツ夫婦」には6シリーズがいいんじゃないだろうか。
結婚したって、恋人同士の時と同じ二人だけの時間が作れそう。そんな二人はお金も余ってそうだし。

(文=webCG本諏訪裕幸/写真=荒川正幸、峰昌宏(M)/2005年8月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

6シリーズ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る