三菱、新型SUV「アウトランダー」などの新エンジンを発表

2005.08.05 自動車ニュース

三菱、新型SUV「アウトランダー」などの新エンジンを発表

三菱自動車は、2005年度に国内でリリースを予定する2車種、SUV「アウトランダー」と軽「i(アイ)」に搭載するエンジンを、2005年8月4日に発表した。

どちらも、アルミシリンダーブロックを用いた新型「MIVEC」(Mitsubishi Innovative Valve Timing Electronic Control)ユニット。高性能、低燃費、軽量コンパクト、低コストを目指したもので、2004年にダイムラー・クライスラーと共同開発した「4A9型」(「コルト」「コルトプラス」に採用)と共通のコンセプトに基づいてつくられたという。

今秋デビュー予定の「アウトランダー」に搭載されるのは2.4リッター直4(170ps、23.0kgm)。現行型エンジン比で5%出力を向上させる一方で、低燃費・低排出ガスを実現させたもので、アウトランダーは「平成17年排出ガス規制75%低減レベル」「平成22年度燃費基準+5%」をクリアする見込みという。

軽自動車「i」には、64psを発生する0.66リッター3気筒ターボチャージャー付きユニットを与える。こちらも全域低燃費、低排出ガスが謳われており、現行型ターボエンジンに対し燃費(10・15モード)を15%向上させるつもり、という。
同車は、このエンジンを45度傾斜させてミドシップするというユニークなレイアウトを採用。2006年初頭に発売を予定する。

(webCG 有吉)

三菱、新型SUV「アウトランダー」などの新エンジンを発表の画像

こちらは「i」用の0.66リッター直3ターボ

こちらは「i」用の0.66リッター直3ターボ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アウトランダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • 三菱自動車、「アウトランダーPHEV」を一部改良 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に一部改良を実施し、販売を開始した。併せて新たな最上級グレードとなる「Sエディション」を追加設定し、同日販売を開始した。
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
ホームへ戻る