【スペック】全長×全幅×全高=4840×1805×1935mm/ホイールベース=2900mm/車重=1790kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(159ps/5600rpm、22.4kgm/4000rpm)/価格=291万9000円(テスト車=357万8400円 )

トヨタ・アルファードAX「Lエディション」8人乗り(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・アルファードAX「Lエディション」8人乗り(4AT) 2005.08.03 試乗記 ……357万8400円 総合評価……★★★「アルファード」シリーズがマイナーチェンジを受け、内外装に小変更が施された。4気筒2.4リッターエンジンを搭載するモデルのスポーティなグレードに試乗した。

もっともっと、「おもてなし」を

セダンなどの乗用車に乗っていてミニバンに乗り換えた直後は、多少なりともナーバスになる。車体は大きいし重心も高いという思いがあるので、どうしても運転に気を遣ってしまうのだ。特に「アルファード」のような大型ミニバンに乗ると、路地ではすり抜けに苦労し、コーナーではオーバースピードにならないように慎重にアプローチする。

しかし、少し慣れてくると、これらの心配がまったく杞憂であったことに気づくのだ。高いアイポイントから見切りのいい前方視界が確保され、ギリギリの幅でもストレスなく通り抜けることができる。また、山道でのコーナリングでもさほどロールを感じることなく、不安感を抱かずにクリアしていく。

3リッターV6モデルにも乗ったのだが、やはり力強さとスムーズさでは少々ヒケを取る部分がある。それだけV6モデルの出来がよかったわけで、この2.4リッター4気筒でもさして不満があるということではない。料金所ダッシュや追い越しのときに、無粋なエンジン音の侵入が煩わしい程度である。軽快感という面では、むしろこちらのほうが分があるだろう。ただし、乗車定員の8人フル乗車したときには違う感想を持つかもしれない。

ただ、マイナーチェンジしたとはいえ、昨今のミニバンの進化を考えると、今となっては時代遅れなところもある。内装の質感は現在の基準からすると見劣りするし、収納やシートアレンジなどのユーティリティも物足りない。「フラッグシップ・ミニバン」だけに、なんでも詰め込まなくてはならないことはわかるが、目を引くわかりやすい特徴が欲しいように思う。安い買い物ではないだけに、もっと「おもてなし」されている感覚を持ちたいのだ。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2002年にデビューしたトヨタの7/8人乗りのミニバンが「アルファード」。プラットフォームやパワートレインは多くを「エスティマ」と共用するが、広い室内に「もてなし感」をプラスして「最上級ミニバン」に仕立てている。「アルファードG」はトヨペット店、「アルファードV」はネッツ店で販売される
エンジンは3リッターV6と2.4リッター直4の2種があり、それぞれにFFと4WDのモデルがある。セカンドシートのタイプにより、7人乗りと8人乗りに分かれる。
2005年4月にマイナーチェンジし、フロントグリル、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプなどに変更を施した。
(グレード概要)
2.4AXの8人乗りは、セカンドシートが6:4分割式で、回転対面シート仕様となる。内装色はアイボリー。「Lエディション」には、アルミホイールやクリアランスソナーなどが標準で用意される。


【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
オプティトロンメーターの視認性はすこぶる良好で、スイッチ類の配置はトヨタ流の使い勝手のよいもの。しばらくトヨタ車に乗っていると、この楽で安心感のある環境に慣れきってしまうので困る。ダッシュボードやステアリングホイールの質感は、もう少しうまく演出する方法がありそうだ。収納スペースは十分ではあるが、この広さならもっと簡便に使える場所を増やすこともできるはずだ。
(前席)……★★★
Aピラーのいい位置にグリップがあって、ステップを利用しての乗り降りは容易だ。古風な柄のファブリックシートは厚みがあり、アームレストを出せば立派な応接室感覚である。とはいえ、アイボリー内装のセンターパネルの明るい茶色はちょっと目立ち過ぎの感もあって落ち着かない。また、カップホルダーは作りが華奢で、うっかり壊してしまいそう。広いウィンドスクリーンがもたらす開放感は、高いアイポイントとあいまって気分がいい。
(2列目シート)……★★★★
前後のスライド量が豊富で、3列目に乗員がいない場合はシートを目一杯後ろに持っていけば、広大な空間が出現する。また、6:4分割式のシートがそれぞれ回転し、3列目と対座させることもできる。この場合も間には十分なスペースが確保され、足がぶつかる心配もなく、ババ抜きぐらいは余裕でできそうだ。電車の対座シートに比べれば、圧倒的に快適である。9型ワイドディスプレイをオプションで選べば、間違いなくこのクルマの特等席となるのが2列目だ。
(3列目シート)……★★★
荷物を大量に積むのでない限り、3列目にも十分な足元スペースが確保されている。頭上に余裕があるので、閉塞感を感じることはほとんどない。エアコンの吹き出し口からは勢いよく冷気が流れていて、前席と同様な快適さが保たれている。乗り心地も2列目と比べて大きく劣るところはない。ただ、これは2列目にも言えることだが、3人が並んで乗車するのはつらそうだ。
(荷室)……★★★
3列目を最後部まで下げると、荷室にはほんの小さなものしか載らなくなる。広大なスペースを存分に利用できるのは、3列目シートを横に跳ね上げた場合だ。ちょっとしたキャンプに行く時などには有用なモードだろう。ただ、シートを上げ下げするのにはこつを飲み込まなくてはいけないし、力も必要だ。最近の傾向からすると、ワンタッチでこなせるような機構が欲しくなってくる。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
3リッターモデルの余裕からすれば、さすがに山道の登りや高速道路での加速で力不足を感じることがある。ファミリーで乗る状況ではむしろ急な加減速は好まれないだろうから、実用的には問題のないレベルだ。ワインディングロードでも、セレクトレバーを使ってシフトを行えば、さほどもどかしい思いはせずに済む。ただ、3リッターモデルに採用された5段ATがあれば、と感じる場面も幾度か経験した。もちろん、シフトの躾け自体は優秀で、嫌なショックを感じることはない。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
3リッターモデルに比べると、乗り心地は少々落ち着きのないもの。とはいえ、2列目3列目でも不快な思いをするわけではない。ドライバーが後席のことを考えてジェントルな運転をすれば、乗員は快適な旅を満喫できる。不安を感じさせるようなロールも抑えられているので、その気になればこの巨体からは想像できないペースでもコーナーをクリアしていける。

(写真=清水健太)

【テストデータ】

報告者:鈴木真人(NAVI編集委員)
テスト日:2005年7月14日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2005年型
テスト車の走行距離:2483km
タイヤ:(前)185/60R15 84H(後)同じ
オプション装備:デュアルパワースライドドア+スマートドアロックシステム(8万9250円)/SRSサイドエアバッグ&カーテンシールドエアバッグ(7万3500円)/HDDナビゲーションシステム=39万2700円/G-BOOK ALPHA専用DCM(6万3000円)/ETCユニット(4万950円)
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(5):山岳路(3)
テスト距離:338.0km
使用燃料:43.66リッター
参考燃費:7.7km/リッター




トヨタ・アルファードAX「Lエディション」8人乗り(4AT)【ブリーフテスト】の画像


トヨタ・アルファードAX「Lエディション」8人乗り(4AT)【ブリーフテスト】の画像


トヨタ・アルファードAX「Lエディション」8人乗り(4AT)【ブリーフテスト】の画像


トヨタ・アルファードAX「Lエディション」8人乗り(4AT)【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。


トヨタ・アルファードAX「Lエディション」8人乗り(4AT)【ブリーフテスト】の画像


トヨタ・アルファードAX「Lエディション」8人乗り(4AT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルファードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • トヨタ・アルファードSR“Cパッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.27 試乗記 好調なセールスが伝えられる、トヨタのミニバン「アルファード」。人気の秘密はどこにあるのか? ハイブリッドの上級モデルに試乗して、そのポイントを探った。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る