スポーティ&プレミアムに大きくイメチェン、新型「ホンダ・シビック」、欧州で発表

2005.08.03 自動車ニュース

スポーティ&プレミアムに大きくイメチェン、新型「ホンダ・シビック」、欧州で発表

2005年8月1日、本田技研工業は欧州にて「シビック」をフルモデルチェンジし発表した。




今秋にも日本国内での発売が見込まれる新型「シビック」。これに先駆け、欧州で8代目のニューモデルが発表された。
世界のホンダ車のおよそ3分の1を占め、160のマーケットで販売されているというグローバルなコンパクトカーは、イメージを一新して登場。スポーティ、エモーショナル、そしてファン・トゥ・ドライブの方向に振った、Cセグメントのプレミアムセクターに向けたモデルとなった、とホンダは主張する。

ディメンションは全長×全幅×全高=4250×1760×1460mmで、ホイールベースは2635mm。従来型よりも幅広く、低く抑えられたフォルムが特徴的である。




インテリアデザインで目を引くのは、大きく2つのパートに別れたインストゥルメントパネル。「デュアルリンク」と呼ばれるコンセプトに基づくこのインパネは、上部に車速などの運転に関する重要情報を表示し、それ以外を下部に集約させたものという。
「フィット」などと同じように、燃料タンクが前席シートの下にあるホンダお得意のセンタータンクレイアウトが採用され、荷室容量もクラストップレベルと謳われる。




欧州でのエンジンラインナップは、1.4、1.8リッターのガソリンエンジンと2.2リッターディーゼル。トランスミッションは6段マニュアルに加え、ガソリンエンジンには6段セミオートマチックトランスミッションも用意される。

このうち、新開発の1.8リッターi-VTECエンジンは140psの最高出力と17.7kgmの最大トルクを発生。「2リッター並の力強さに、1.5リッター並の経済性」がセリングポイントだ。

なお、日本には1.8リッターi-VTECとハイブリッドエンジンを搭載する、4ドアセダンモデルが導入されると噂される。

(webCG 本諏訪)

本田技研工業:
http://www.honda.co.jp/

関連キーワード:
シビックホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「ヴェゼル」の情報を先行公開 2018.1.25 自動車ニュース 本田技研工業は2018年1月25日、同年2月中旬にマイナーモデルチェンジを予定しているコンパクトSUV「ヴェゼル」に関する情報を、ホームページで先行公開した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
ホームへ戻る