スポーティ&プレミアムに大きくイメチェン、新型「ホンダ・シビック」、欧州で発表

2005.08.03 自動車ニュース

スポーティ&プレミアムに大きくイメチェン、新型「ホンダ・シビック」、欧州で発表

2005年8月1日、本田技研工業は欧州にて「シビック」をフルモデルチェンジし発表した。




今秋にも日本国内での発売が見込まれる新型「シビック」。これに先駆け、欧州で8代目のニューモデルが発表された。
世界のホンダ車のおよそ3分の1を占め、160のマーケットで販売されているというグローバルなコンパクトカーは、イメージを一新して登場。スポーティ、エモーショナル、そしてファン・トゥ・ドライブの方向に振った、Cセグメントのプレミアムセクターに向けたモデルとなった、とホンダは主張する。

ディメンションは全長×全幅×全高=4250×1760×1460mmで、ホイールベースは2635mm。従来型よりも幅広く、低く抑えられたフォルムが特徴的である。




インテリアデザインで目を引くのは、大きく2つのパートに別れたインストゥルメントパネル。「デュアルリンク」と呼ばれるコンセプトに基づくこのインパネは、上部に車速などの運転に関する重要情報を表示し、それ以外を下部に集約させたものという。
「フィット」などと同じように、燃料タンクが前席シートの下にあるホンダお得意のセンタータンクレイアウトが採用され、荷室容量もクラストップレベルと謳われる。




欧州でのエンジンラインナップは、1.4、1.8リッターのガソリンエンジンと2.2リッターディーゼル。トランスミッションは6段マニュアルに加え、ガソリンエンジンには6段セミオートマチックトランスミッションも用意される。

このうち、新開発の1.8リッターi-VTECエンジンは140psの最高出力と17.7kgmの最大トルクを発生。「2リッター並の力強さに、1.5リッター並の経済性」がセリングポイントだ。

なお、日本には1.8リッターi-VTECとハイブリッドエンジンを搭載する、4ドアセダンモデルが導入されると噂される。

(webCG 本諏訪)

本田技研工業:
http://www.honda.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 【東京オートサロン2017】ホンダ、オートサロンで新型「シビック」を公開 2017.1.15 自動車ニュース 本田技研工業は2017年1月13日、東京オートサロン2017で、2017年夏に日本での発売を予定している新型「シビック」シリーズの3モデルのプロトタイプモデルを日本で初めて公開した。
  • ホンダ・シビック ハッチバック 2016.9.29 画像・写真 本田技研工業はパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で、「ホンダ・シビック ハッチバック」(欧州仕様)を公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ホンダ・シビック Siプロトタイプ 2016.11.24 画像・写真 本田技研工業はロサンゼルスショー2016(開催期間:2016年11月14日~27日)で、北米向け新型「ホンダ・シビック」シリーズのスポーティーモデル「シビック Siプロトタイプ」を展示している。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
ホームへ戻る