スポーティ&プレミアムに大きくイメチェン、新型「ホンダ・シビック」、欧州で発表

2005.08.03 自動車ニュース

スポーティ&プレミアムに大きくイメチェン、新型「ホンダ・シビック」、欧州で発表

2005年8月1日、本田技研工業は欧州にて「シビック」をフルモデルチェンジし発表した。




今秋にも日本国内での発売が見込まれる新型「シビック」。これに先駆け、欧州で8代目のニューモデルが発表された。
世界のホンダ車のおよそ3分の1を占め、160のマーケットで販売されているというグローバルなコンパクトカーは、イメージを一新して登場。スポーティ、エモーショナル、そしてファン・トゥ・ドライブの方向に振った、Cセグメントのプレミアムセクターに向けたモデルとなった、とホンダは主張する。

ディメンションは全長×全幅×全高=4250×1760×1460mmで、ホイールベースは2635mm。従来型よりも幅広く、低く抑えられたフォルムが特徴的である。




インテリアデザインで目を引くのは、大きく2つのパートに別れたインストゥルメントパネル。「デュアルリンク」と呼ばれるコンセプトに基づくこのインパネは、上部に車速などの運転に関する重要情報を表示し、それ以外を下部に集約させたものという。
「フィット」などと同じように、燃料タンクが前席シートの下にあるホンダお得意のセンタータンクレイアウトが採用され、荷室容量もクラストップレベルと謳われる。




欧州でのエンジンラインナップは、1.4、1.8リッターのガソリンエンジンと2.2リッターディーゼル。トランスミッションは6段マニュアルに加え、ガソリンエンジンには6段セミオートマチックトランスミッションも用意される。

このうち、新開発の1.8リッターi-VTECエンジンは140psの最高出力と17.7kgmの最大トルクを発生。「2リッター並の力強さに、1.5リッター並の経済性」がセリングポイントだ。

なお、日本には1.8リッターi-VTECとハイブリッドエンジンを搭載する、4ドアセダンモデルが導入されると噂される。

(webCG 本諏訪)

本田技研工業:
http://www.honda.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • ホンダ・シビック【開発者インタビュー】 2017.6.2 試乗記 「シビック」が日本に帰ってくる。ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えた新型は、「タイプR」をフラッグシップとし「ハッチバック」にMT車を設定するなど、スポーティーさをウリにしている。“復活”に賭ける開発者たちの意気込みを聞いた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
ホームへ戻る