トヨタの商用車「プロボックス」「サクシード」一部改良

2005.08.02 自動車ニュース

トヨタの商用車「プロボックス」「サクシード」一部改良

トヨタ自動車は、商用バン「プロボックス」および姉妹車「サクシード」の一部を改良、特別仕様車とともに、2005年8月1日に発売した。

2002年7月デビューのコマーシャルビークル「プロボックス」「サクシード」。今回の改良では、対向車への眩惑を少なくするヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付き)を全車に採用。加えてバン(一部グレードを除く)と、乗用車仕様のワゴン全車にハイマウントストップランプなどを与えた。
機関は1.3、1.5リッターガソリンと1.4リッターディーゼルの計3種。価格は、106万5750円から176万9250円までとなる。

特別仕様車は、「プロボックスF“エクストラパッケージ・リミテッド”」と「サクシードTX“Gパッケージ・リミテッド”」、いずれも1.5リッターワゴンの2台。ボディをライトグリーンマイカメタリックで彩りながら、高光沢塗装のフロントグリル、専用シート表皮&ドアトリムなどでスペシャル感を出した。142万650円から。

なお、保冷バンなどメーカー完成特装車にも同様の改良が施された。

(webCG 有吉)


トヨタ自動車「プロボックス・ワゴン」:
http://toyota.jp/proboxwagon/
同「サクシード・ワゴン」:
http://toyota.jp/succeedwagon/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
ホームへ戻る