【スペック】全長×全幅×全高=4060×1740×1280mm/ホイールベース=2445mm/車重=1340kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブ(231ps/5900rpm、30.6kgm/3500rpm)/車両本体価格=502.0万円(テスト車=529.0万円)

BMW Z3ロードスター3.0i(5AT)【ブリーフテスト】

BMW Z3ロードスター3.0i(5AT) 2000.09.27 試乗記 ……529.0万円総合評価……★★★

ステロイドの功罪

BMWのオープンスポーツカー、Z3ロードスターの最上級モデル。これまでの2.8リッターから3リッターへと排気量アップしたエンジンを積むだけに、動力性能は第一級。まるでアメリカンV8のような排気音は興醒めだが、とにかくカッ飛ばしたいドライバーには歓迎されること請け合い。
ただし、全長4mのコンパクトサイズのオープンカーに、果たして3リッターものエンジンが本当に必要かは疑問が残る。少なくとも日本では力をもてあまし気味。ステロイド過多? やはりこれはアメリカ市場を向いたモデルといえそう。
Z3ロードスター本来の性格を考えると2リッターモデルで充分である。
恰好のライバルはアウディTTロードスター。こちらは500.0万円だから、価格的にもいい勝負。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
先々代3シリーズ(E30)のシャシーをもとにつくられる2座オープン。1995年10月に、1.8、1.9リッター直4を搭載してデビュー。翌年、2.8リッター直6、97年のジュネーブショーでは、3.2リッターを積むMロードスターが登場した。ほかに、2、2.5リッターなどエンジンは豊富。2000年に、2.8リッターが3リッターに拡大された。
(グレード概要)
Z3ロードスター3.0iは、新開発「M54型」ストレート6搭載。マニュマチックたる「ステップトロニック」付き5段ATが組み合わされる。電動ホロ、ヒートシーター、レザーシート、そしてウッドトリムなど、豪華な装備を誇るトップ・オブ・Z3ロードスター。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
黙って座れば、そこにはBMWならではの世界が広がる。ただ、スポーツカーなのにサルーン系と同じようなデザイン/レイアウトなのは残念。外観同様にもっと個性的なら嬉しいが、そのあたりが最近のBMWの限界か。メーターナセル内のクロームリングは好き嫌いが分かれそう。スイッチ類の配列はごく自然.。操作感、操作性いずれもよい。電動ソフトトップ用スイッチの位置がやや遠いのは難点。もっともこれは慣れの問題?
(前席)……★★★★
適度なタイト感が好ましく、スポーツカーらしいドライビングポジションも○。ウェストラインが低いので、肘をのせるのも可能。近頃のクルマのなかでは珍しい存在。いただけないのはシート。表皮の模様がスポーティでないのと、けっこう滑りやすくホールド性があまりよくない。これなら革ではなくファブリック地がいい。半手動、半電動のソフトトップの開閉は楽。
(荷室)……★★
オープン2シータースポーツとしては、まずまずの容量だが、浅い。現行のマツダ・ロードスターのほうが使い勝手はよい。ただし、困るほどではない。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
充分なトルクとパワーを誇るストレート6は魅力的。不用意にスロットルを開ければ、のけぞるほどの加速を味わえる。5ATとのマッチングもよく、低速域からよく粘り、扱いやすい。排気音はまるでアメリカン・ミニバンのよう。「ボウボウ」常にうるさいのが泣き所。この音だけをとると、ちょっと「おバカな」クルマといった印象。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
硬めのセッティングのサスペンションだが、不快な突き上げは感じず、適度にピシっと締まっている乗り心地には満足できる。安っぽくないのが、さすがにBMW。ステアリングはそれほどスローじゃないが、中立付近ではやや大雑把。それだけに高速道路では神経質にならずにすむ。足まわりよりエンジンパワーが勝っているクルマで、ワインディングロードを飛ばすことより、高速クルーズのほうが得意。見かけはスポーツカーだが、中身はGTの色合いが強い。

(写真=小河原 認)

【テストデータ】

報告者: CG編集局長 阪 和明
テスト日: 2000年9月13日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:2428km
タイヤ:(前)225/45ZR17/(後)245/40ZR17(いずれもDunlop SP Sport 3030E)
オプション装備:エクステンドレザー・パッケージ(20.0万円)/メタリックペイント(7.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4):高速道路(6)
走行距離:239.3km
使用燃料:25.1リッター
参考燃費:9.5km/リッター



BMW Z3ロードスター3.0i(5AT)【ブリーフテスト】の画像


BMW Z3ロードスター3.0i(5AT)【ブリーフテスト】の画像


BMW Z3ロードスター3.0i(5AT)【ブリーフテスト】の画像


BMW Z3ロードスター3.0i(5AT)【ブリーフテスト】の画像


BMW Z3ロードスター3.0i(5AT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • BMW 435i カブリオレ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.3.26 試乗記 「3シリーズ カブリオレ」の後を継ぐ、BMWのオープンモデル「4シリーズ カブリオレ」に試乗。7年ぶりのデビューとなる最新型の実力や、いかに?
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
ホームへ戻る