2009年にポルシェの4ドアクーペ登場! その名は「Panamera」

2005.08.01 自動車ニュース

2009年にポルシェの4ドアクーペ登場! その名は「Panamera」

ポルシェAGは、2005年7月25日、ポルシェの4ドアクーペ「Panamera」を2009年にデビューさせることを明らかにした。

ポルシェが「4番目のモデルシリーズ」(ボクスターとケイマンは同じらしい)として公表したPanameraは、FRレイアウトを基本とする4ドアクーペ。名称は往年の耐久レース「カレラ・パンアメリカーナ」に由来する。設計は「カイエン」のように他社との共同開発ではなく、すべてがポルシェオリジナル。搭載されるエンジンは「様々」としか発表されていないが、「ポルシェのパフォーマンス、デザイン、そしてドライビングダイナミクスを反映」したクルマになるという。
生産は「カレラGT」や「カイエン」がつくられる、ライプツィヒの工場で行う。Panameraをつくるため工場を拡張するほか、雇用も拡大。ポルシェは「最低でも年間2万台を販売」できると予測する。

(webCGオオサワ)

ポルシェ:
http://www.porsche.co.jp/

 
2009年にポルシェの4ドアクーペ登場! その名は「Panamera」の画像

関連キーワード:
パナメーラポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT... 2017.11.24 試乗記
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)/パナメーラ4S(4WD/8... 2016.9.22 試乗記